2018年11月 3日 (土)

『犯罪乱歩幻想』

犯罪乱歩幻想
三津田信三著 KADOKAWA2018/09刊 お薦め度:★★★★★

“退屈病”に冒された青年が、引っ越し先の部屋で感じた異変の数々。
──「屋根裏の同居者」
ある日突然届いたのは、猟奇を楽しむ、特別な倶楽部の招待状だった。
──「赤過ぎる部屋」
G坂に住むミステリ作家志望の“私”は、ある殺人現場に遭遇し……。
──「G坂の殺人事件」
精神分析研究所を訪ねた男が語った、夢遊病をめぐる学生時代の体験。
──「夢遊病者の手」
今は亡き祖父が、倒れる前に覗き込んだ鏡台。その中に見たものとは?
──「魔鏡と旅する男」
(WEBより転載)

乱歩の名短編を題材にしたミステリ5編が楽しめ、さらに
リング』と円谷プロの特撮へのトリビュート短編2編を収録。

同時期に出た刀城言耶シリーズ『碆霊の如き祀るもの』の長編より
こっちのほうが小粒でピリリと辛く楽しめました。
5編とも犯人が誰かというより、世界観がグラリとくる感覚が
「乱歩幻想」とタイトルされるだけあって、幻想的です。
「二度読み必至」と帯にあるのもダテではありません。

1027

************

新しくOPENした「ららぽーと名古屋アクルス」に行ってきました。
10時過ぎに電車で着いてみると、平日なのに結構なお客さんの入り。
店を覗きながら10時40分くらいに食堂街に行くと、開店前に
すでに行列がそこかしこに出来始めていました。

目星をつけていた「ロンフーダイニング」の列に並びました。
ここは麻婆豆腐と炒飯の専門店です。
麻婆と炒飯とスープのセットを注文。
麻婆豆腐は石焼になっていて、熱々で辛い!辛さ4段階のうち2段階
でしたが、結構舌先がしびれる感じ。でもうまい!
私は麻婆好きで、中華屋で昼飯というときはたいてい麻婆飯です。
ただその辺の中華屋のは「丸美屋の麻婆豆腐の素」とたいして
変わらないので、がっかりさせられます。ここのは専門店だけあって
本格の味。ミステリも麻婆も本格じゃないとね。
炒飯もチーズの入った変り種を食べましたが、うまかったです。

さて蔦屋書店も別館で入っているのですが、2F建てで本を中心に
カフェや雑貨、洋服、子供服、アウトドア用品店、眼鏡店などが
取り囲んでいる感じです。なるほどねって感じです(笑)。

その後、道を挟んで目の前にある「メガドンキ」に行きました。
メガドンキは総合スーパー(GMS)のユニーを改装して作った
ドンキホーテの業態です。店の一部がドンキふう、なのかと
思いきや、もう全体がドンキのイメージで、POPや陳列、
価格表記などで、随分変わるものなんですね。
なかなか楽しいお店でした。

2018年10月27日 (土)

『叙述トリック短編集』で読者に挑戦!

叙述トリック短編集
似鳥 鶏著 講談社2018/09刊 お薦め度:★★★★☆

全編叙述トリックだと最初から宣言している珍しい短編集。
普通、叙述トリックは文章そのものにカラクリがあって、
読んでいる間ずっと騙されていたということに、最後に気づく
というしかけのミステリ。
「なんだ、この人物は女かと思ったら実はオネエでしかも
アメリカ人で、さらに身長が2mもあって、死んだと思ったら
生きていて、双子の姉がいて、しかも記憶喪失だったのか!
全然気づかなかったよ!」となるのが、叙述ミステリ。
なので、文面に騙されまいと読者が構えると、見破られるかも
しれないため、通常伏せるところを、アカラサマにしたのが本作。

軽い感じのユーモア・ミステリなので、楽しく読めると思います。
1008


*********

ところで例の雑誌に投稿し続けて早や10ヶ月。
今回掲載していただいたのが、まさかの叙述トリックを使用
しております。日本一短い叙述トリック(笑)。
読み始めと読み終わりで、世界観が変わる驚異のトリック!
(そこまで言う)

でも投稿を続けていると、どんどんネタがなくなってきますね。
高橋源一郎氏曰く「もう何も書くことなんて無いのがプロの作家。
それでも締め切りまでには原稿ができている」
のだそうで、私もその境地に至るまでハガキ職人として
(WEB投稿だけど)精進したいと思います。

2018年10月 4日 (木)

『響~小説家になる方法~』

響~小説家になる方法~
柳本光晴著 小学館コミックス お薦め度:★★★★★

鮎喰響(あくいひびき)と幼馴染(なのか?)の麟太郎は
新・高校1年生として、ある進学校に入学してくる。
クラスメートとも話さず、本ばかり読んでいる響は
部活として文芸部を選ぶが、文芸部は不良の2年生の
溜り場となっていた。響は不良たちを追い出してしまい、
デコボコのメンバーで文芸部がスタートするが・・・。

一方、低迷する文芸誌「木蓮」の編集部には、
新人賞の応募作として、響の手書き原稿が届いていた。
しかしデータ入稿ではないし、そもそも連絡先も書いていない。
それでもこの作品を大傑作と感じた女性編集者・花井は
なんとかこれを応募作にして、文芸界に新風を巻き起こそうと
画策するのだが・・・。

まだ1巻を読んだだけですが、なかなか面白い!
これまでマンガ家を主人公にしたものや、出版業界を舞台にした
マンガはありましたが、これは小説家(のタマゴ)が主人公。
そういうのは、奮闘記になりそうですが、最初から天才扱い。
ただ性格が純粋過ぎてか、常軌を逸しているので、いわゆる
キャラ立ちがしています。
1巻の段階ですが、画が少々こなれてない感じがします。
背景と人物のサイズ感が違和感あったりします。
そんな難点を差っ引いても面白いので、続けて読もう!
1003


映画が上映中ですが、これは未見。
欅坂46平手友梨奈が主演です。おじさんにとっては誰やねん
という感じで「不動のセンター」だそうですが、人気なのは
本人の人とナリが受けてるのかな?

欅坂46の歌、というか秋元康の歌詞は何だか青春の反抗ソング
みたいで、どうもおじさんには違和感があって気持ちが悪い・・・
一人で歌うとか、バンドのボーカルが歌うのならいいのですが
女の子のグループが揃いの衣装でダンスしながら声を合わせて、
というのがどうも歌詞の世界観としっくりこないからかなあ。
1度もちゃんと聴いたことないので文句を言う筋合いではないけど。

「欅坂46 歌詞が」とグーグルに打ち込んだら
「歌詞がいい」というのが候補にあがりました。
そうなのか・・・歌詞が嫌いって出るかと思った・・・。
すみません、世間からずれて私だけ嫌いとか言っていて、
もはや私はサイレント・マイノリティーでした(なんちて)。

2018年10月 2日 (火)

『プーと大人になった僕』

「100エーカーの森」でくまのプーさんやティガーなどの
ぬいぐるみと遊んで暮らしたクリストファー・ロビン。
寄宿舎つきの進学校に入るため、森に別れを告げた彼は
やがて大人になって、森のことを忘れて行く。
結婚し一女をもうけ、さらに徴兵されて戦争にも行く・・・。

そして現在の彼はある企業の「旅行鞄部門」のマネジャーになり
上層部からは20%のコストカット(人員含む)を要求されている。
仕事人間の彼は、妻や子を愛しながらもつい放置してしまい
コストカット策に頭を悩ませている。
そこに現れたのが、プーさんだった・・・。

ところで皆さん、プーさんは「生きているぬいぐるみ」だと
ご存知でしたでしょうか?
私は黄色いクマだと思ってました。
ジャングル大帝が白いライオンなら、プーさんは蜂蜜食べ過ぎて
黄色くなったクマ・・・。でも違いました。
プーさん以下、ティガーもぬいぐるみ。
クリストファー・ロビンのおままごとか妄想かで生み出された
動くぬいぐるみだったのです。

それはともかく、本作は子供はもとより、仕事は残業三昧、
たまに仕事が早く片付くと飲んで遅くなり、子供の教育は奥さんに
任せっきりというような、ごく平均的な世の夫どもには
耳の痛い、または共感できる内容になっています。

ただストーリーとしては想像の範囲内で、そんなダメ夫が
純真なプーさんとの再会で、家族との絆を取り戻す、という
そんな話ですが、大人もちょっと泣けます。
私は、蜂蜜の瓶がテーブルの上を汚し、床に落ちて割れる
というメタファー的なシーンで泣いてしまいました・・・。

監督/マーク・フォースター 主演/ユアン・マクレガー
お薦め度:★★★★★

******

さて土曜~日曜は台風が日本を襲って大変だったのですが、
台風の話題と並行したのが名古屋市港区の「ららぽーと」の
オープンでした。
名古屋初のららぽーとのグルメなどを紹介する番組も土曜に多く
放映されてましたが、負けじと常滑市にあるイオンやセントレア
(中部国際空港)もお笑い芸人を多数呼んでイベントを企画。
こちらもTV中継が入って盛り上げようと芸人さんたちが
頑張っていました。
名古屋市南部と知多半島で客の取り合いが起きた訳です。
そんな折に台風の襲来で、開店景気も文字通り吹き飛び
イベントどころではなくなってしまったようです。
経済効果が期待されただけに、どっちに行く気もなかった私も
何だか気の毒というか、残念な気分でした。

2018年9月23日 (日)

『アウトプット大全』

アウトプット大全
樺沢紫苑著 2018/08サンクチュアリ出版刊 お薦め度:★★★★☆

インプットよりアウトプットを重視せよ、という本。
3冊ただ読むより、1冊読んで1冊のアウトプットをするほうが
内容が記憶に定着し、身になりますよ、というようなことが
80項目にわたって書かれています。
内容は総花的なので、ふーんと読み飛ばすページが多いですが
そうだよねえ、そうしよう、と思う部分もあり。
ふせんをつけたのは

・朝イチでTODOリストを作る。これは成功のイメージトレーニングになる
・1冊のノートに何でも書いて、気づきをTODOリストにする
・朝のメールチェックは5分以内に。返信などは午後にまとめてやる
・暗記と問題集は3:7。問題を解いたほうが記憶に定着する
・やる気なくても、まず始めると「作業興奮」によりやる気が起こる
・30点の完成品を作って修正に時間を使って100点を目指す

この本の感想もまあ、そのアウトプットなわけで。

著者のブログを見ると、もっさりしたおじさんで、名前の
紫苑って感じにはほど遠いけど、ペンネームなのか本名なのか。
どの記事にもたいてい自撮りを載せていて、
おじさんの顔写真は見たくね~と思って、記事は読まず(笑)。

**********

昨日は「串カツ田中」に昼間から行きました。
東京には普通にあるんでしょうけど、有名チェーンなので
一度行ってみたかったんです。
名古屋駅周辺に3店舗あって、うち1店舗のちょっと駅から離れた店が
土日は昼間からやっているのでした。
店に向かいながら「結構歩くなあ。満席だったらどうしよう」
と思って、焦って入店したらお客ゼロでした(笑)。

ビールはプレモルなのに安いし、注ぎ方も及第点。
串カツはもちろん美味しくて、秘伝のソースはサラサラであっさり。
生キャベツはおかわり自由(突き出し料でペイ)。
安くて美味しいはウソではなかったですね。流行るのが分かります。
今ここにないのは、串カツ屋特有のワイワイ感です(笑)。
貸切状態で美味しくいただきました。

2018年8月29日 (水)

『カメラを止めるな』超面白ムービー

話題の映画『カメラを止めるな』を観てきました。
廃墟の中。斧を持って身構える女の子に迫る、ゾンビに
なってしまった元カレ・・・。しかし無情にも監督のカット!
若手女優の表面的な演技に、激しい監督のダメ出し。
イヤな空気の流れるゾンビ映画の撮影現場。
しかし、その廃墟には何やら「出る」という都市伝説が。
そして「本物」に拘る狂気の監督が解き放ったゾンビが
俳優や撮影クルーに襲い掛かる!・・・みたいな。

ゾンビ映画に乱入した本物ゾンビ、という話です。
しかしカットなしで続く映像はアラが目立ち、ヘタクソな自主映画の
ようで、これがあの話題作なの?
しかしこの映画の面白さは後半からで、ぜひ本編をご覧下さい。
評判のよさは「本物」です!
無名な役者さんばかりですが、みんないい演技と、いい味してます。

******

この夏、じんましんが多発しています(私に)。
じんましん、生まれて初めて出ました。

Stay on the scene!(get on up)
Like a じんましーん!(ジェームス・ブラウンね)

しかも発生が朝イチです。
目を覚まして、居間に行くとなにやら右腕に赤いブツブツが。
やがて左手にも。ふとももにも・・・。
1時間半から2時間で消えます。その間、ちょっと痒い。

医者がやってる9時頃にはもう引いているので、医者に行っても
「今は無いんですけど、じんましん出るんすよ」
「あ、じゃあクスリ出しときます」で終わってしまいます。
クスリを朝夕飲むと、出ないのですが、クスリが切れると
朝イチの行事のようにブツブツと現れます。
この夏の暑さが原因か?エアコンかけたまま寝るのが原因?
ストレスでしょうか。

ネットで検索しても、じんましんのメカニズムは分かっていても
原因というのは殆ど特定できないそうです。
だから医者もクスリを出しておしまいにします。
ストレスが原因という説が多いですが、それもざっくりした話です。
朝イチで出るのは、出社拒否症でしょうか。
とりあえず新陳代謝がおかしくなる、この猛暑が終わってほしいっす。

2018年8月27日 (月)

『星空の16進数』

星空の16進数
逸木 裕著 KADOKAWA2018/06刊 お薦め度:★★★★★

ウェブデザイナーとして働く17歳の藍葉は、
”混沌とした色彩の壁”の前に立つ夢をよく見る。
それは当時6歳だった自分が誘拐されたときに見た記憶。
あの色彩の壁は、いったい何だったのだろうか。
ある日、届け物を依頼されたという私立探偵・みどりが現れ、
「以前は、大変なご迷惑をおかけしました」というメッセージと
100万円を渡される。かつての誘拐事件しか心当たりのない藍葉は、
みどりに誘拐事件の犯人・朱里の捜索を依頼する。
当時、誘拐事件はわずか2時間で解決されていた。
藍葉の思い詰めた様子と自身の好奇心からみどりは
朱里を捜し始めるが・・・(WEBより抜粋)

少女は夜を綴らない』が面白かったので、今回はこちら。
これもなかなか面白かったです。
「16進数」とは、PCで彩色するときに使う色番号のこと
(著者の本業はWEBエンジニア)。黒だと#000000とか。
この主人公は、色を番号で憶えていて色というものに、
強いこだわりとセンスを持っているんですね。

物語は少女・藍葉のパートと、探偵・みどりのパートが交互に
描かれます。藍葉も独特の感性を持っていますが、この探偵も
なかなかなものです。育児休業をしていた彼女は、
藍葉の依頼で手弁当で捜査にあたりますが、こののめり込み方が
尋常ではなく、物語の面白さをより深くしています。
0827

*******

今年の夏は異常な暑さと大雨で、狂ったような夏でしたね。
私の住む場所は、起伏が少ないせいか雨になっても、そこまで
豪雨にはならなかったので幸いですが。
災害募金を振込で1万円しましたが、連日被災地の映像が流れるので
さらに2万円追加しました。募金も集まればそこそこあるのでしょうが
まあ焼け石に水、否、大水に焼け石というべきでしょうか。
日本は天災が多いなあ。
東海大地震はいつ起こるのか心配しつつ、その備えはしてないけど。
賃貸アパートでなるべく「軽い暮らし」をしようと思うくらいです。

2018年7月 7日 (土)

『真実の檻』

真実の檻
下村敦史著 角川文庫2018/05刊 お薦め度:★★★★★

母の遺品整理の最中に、父親が実の父ではないと知って
しまった大学生の洋平。育ての父が「調べるな」という警告を
聞かず、実の父を調べてしまった洋平は、父が殺人犯であり
死刑囚として収監されていることを知る。
自分がもし殺人犯の息子と世間に知れてしまったら・・・。
彼は父が冤罪であると信じ、冤罪の記事を書いている記者の
涼子にコンタクトをとり、事件を調べ始めるが・・・。

最近、よく読んでいる下村敦史作品。表紙カバーが法廷の絵
ですが、法廷モノではありません。
冤罪を調べる学生の主人公が記者や弁護士と出会い、
痴漢の冤罪事件や、砒素による無差別殺人など、疑惑の事件に
関わっていくごとに、司法の抱える闇について知っていく、
という構成になっています。
そしていよいよ、父の事件に迫っていくのですが、果たして
本当に父が犯人なのか、実は冤罪で真犯人がいるのか・・・
というところがクライマックスですね。
面白かったです。

私が買った文庫本の帯のバージョンは、あれはいかんですね。
完全なネタバレです。そのネタバレ・コピーの下に
「解説・小橋めぐみ」とあって、まるで小橋めぐみさんが
ネタバレコメントをしているかのようになってていけませんな。
(解説ではネタバレ的なことは一切書かれていません)。
著者Twitterを読むと、注目されるために「攻めた帯」だそうですが
本の面白さには影響が少ないとはいえ、ちょっとねえ。
その後、本屋で見かけたら帯が差し変わっていました。

小橋めぐみさんは、読書家女優として知られていますが
YOUTUBEで「本のめぐみ」という番組をされています。
選書がちょっと硬いのですが(さすが青山ブックセンター
選書の硬さにまさるとも劣らない、ぎこちない司会がたまりません。
まあ、何より目がおっきくてキレイな人だなあ。
女優さんとしてもっとブレイクして欲しいですね。
0707

2018年6月24日 (日)

『出会い系サイトで70人と実際に会って~』

出会い系サイトで70人と実際に会って
その人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

花田菜々子著 河出書房新社2018/04刊 お勧め度:★★★★★

ヴィレッジ・ヴァンガードの元店長の著作。
ヴィレヴァンに憧れ入社したものの、その後のチェーン拡大で
本の扱いも減り、雑貨も尖ったものから売れ筋のキャラもの重視で
仕事が苦痛になっていく。夫とも別居してしまう。
そんな中知ったのが出会い系サイト。そこで会った人に、その人の
個性にあった本を薦める「武者修行」を始めるのだった・・・。
062470


ここで言う出会い系サイトは、ナンパ目的の人も明らかに
いるのですが、単純に会って30分間話をするというのを媒介する
のが本来目的のサイトだそうです。
とは言え、出会い系は出会い系なので、最初の二人はソレ目的で
ことあらばソッチ方向に行こうという感じでした。

その後70人もの人(女性も含む)に会っていくわけですが
単に怖いもの見たさでチャレンジする企画本とはちょっと違います。
今の仕事に不満があり、転職を考えつつもどうすればいいか
自分で自分が分からないとか、壊れてしまった夫婦関係、と言った
不安の中で、何かきっかけのようなものをつかもうとして、
いろんな人と出会い、その人を知り、本を薦めるという
著者の言う「武者修行」であるところに面白さがあります。
と言って、内省的な暗い文章ではなく、むしろちょっと笑える
くらいのテイストで、面白く読めます。
ここ最近読んだ本のなかでは最も印象に残った1冊でした。
お勧めです。

2018年6月20日 (水)

『万引き家族』

映画『万引き家族

カンヌを獲って大注目の映画、観てきました。
平日に観たせいか、高齢者(私もか?)が多かったです。
しかし、私はカンヌだから、話題だからというので観に行く
その辺のミーハーや俄かファンと一緒にしないで戴きたい!
是枝監督作品はデビュー作『幻の光』から劇場で観てるのだ!
江角マキコが女優デビューした作品なので観に行ったということは
ここでは伏せておきたい。当時どえらい綺麗な人だと思ったけど、
なんかあんな感じで引退しちゃって。まあいいけど。

ということで『万引き家族』ですが、私が今更言うのもアレですが
よかったです。
ちょっと一歩引いた感じというか、あえて直で見せない演出が
いいですね。たとえば小さい女の子が親から虐待されていて、
万引き家族が勝手に自分たちの家に連れて帰っちゃうのですが
虐待された傷跡を見て家族が騒ぐシーンでも、普通なら
痛々しい傷跡を画で見せる(お涙を頂戴する)ところですが
セリフで済ませてしまうとか。そういうウエットな内容を
乾いた目線で描いている印象です。

物書きというかイラストレーターだったリリー・フランキーさんが
日本を代表する役者さんになってしまいましたね。
なんか喋り方が田中邦衛さんに似てきたような・・・。
リリーさんがお風呂でお湯をかぶっているシーンで、結構長い時間
お尻が見えていました。カンヌで世界中の人に裸のお尻を見られて
いる気分ってどうなのでしょうか。
安藤サクラさんもヌードのシーンがありましたが、私はリリーさんの
お尻のほうが気になりました。私がインタビュアーならそこを
ぜひ聞いてみたい。
安藤サクラさんの泣きの演技がすばらしく、さっそく映画館を出た後
妻にマネして見せたところウケていました。

«『生還者』下村ミステリーはハズレなし

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今年の注目ミステリ(2017/11~)

  • 三津田信三: 犯罪乱歩幻想 (★★★★★)
  • 逸木裕: 星空の16進数 (★★★★★)
  • 下村敦史: 黙過 (★★★★★)
  • 道尾秀介: スケルトンキー (★★★★★)
  • 宇佐美まこと: 熟れた月 (★★★★★)
  • 下村敦史: サハラの薔薇 (★★★★★)
  • 若竹七海: 錆びた滑車 (★★★★)
  • 三津田信三: 碆霊の如き祀るもの (★★★★)
  • 似鳥 鶏: 叙述トリック短編集 (★★★★)
  • 原りょう: それまでの明日 (★★★★)
  • 北里紗月: 清らかな、世界の果てで (★★★★)
  • 塩田武士: 歪んだ波紋 (★★★★)
  • 有栖川有栖: インド倶楽部の謎 (★★★★)
  • 倉知淳: 皇帝と拳銃と (★★★★)
  • 飴村行: 粘膜探偵 (★★★)

今年の注目ミステリ海外編(2017/11~)

  • そしてミランダを殺す (★★★★★)
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ