2019年10月16日 (水)

罪と祈り

罪と祈り
貫井徳郎著 実業之日本社2019/09刊 お薦め度:★★★★★

元警察官の辰司が、隅田川で死んだ。
当初は事故と思われたが、側頭部に殴られた痕がみつかった。
真面目で正義感溢れる辰司が、なぜ殺されたのか?
息子の亮輔と幼馴染みで刑事の賢剛は、死の謎を追い、
賢剛の父・智士の自殺とのつながりを疑うが……。
隅田川で死んだふたり。
そして、時代を揺るがした未解決誘拐事件の真相とは?
辰司と智士、亮輔と賢剛、ふたりの男たちの「絆」と
「葛藤」を描く、儚くも哀しい、衝撃の長編ミステリー。
(WEBより転載)

現代の息子達のパートと、地上げが横行するバブル期の
父親たちのパートがあります。
自殺で父親を失った息子Aは刑事として、幼馴染の息子Bの
父(警官)の死の謎を追います。
息子Bもまたなぜまじめな警官の父が殺されたのか
その謎を追います。
その調査の間に、過去パートで父親たちが、何をしていたのか
何に怒り、苦しみ、その一人は自殺することになったのかが
少しずつ明かされていきます。
過去の謎が分かっていくにつれ、読者は現在の状況
(一人は自殺、一人は殺されている)を知っているだけに
父親達の行動にやきもきします。
同時に、どんどん真相に迫っていく現代パートの若者達にも
やきもき。Wやきもきです。

そんなわけで、犯人探しやトリックあばきのミステリではなく
人間ドラマ中心の内容になっていますので、トリックどうこうが
苦手な方にも楽しめる(やきもきできる)作品です。
1016

*********

台風、地震など、近年大きな災害が起きるサイクルが短くなって
きたように感じます。地球温暖化のせいでしょうか。
私の現在住む地方は、平地で山も少なく、台風が来ても
大きな被害が出ることは比較的少ないので、
災害はTVのニュースの中のことです。
そのたびに小額ですが募金をしたりして気を紛らわせますが、
家を流された、水が無くて手も洗えない、農作物が全滅した、
というインタビューを見ながら、清潔な場所でご飯が食べられる
幸運に感謝しないとな、と思います。

2019年10月 1日 (火)

見えない目撃者 緻密な脚本に手に汗!

いや~、上がりましたね消費税。アゲアゲです。
当ブログも本日より2%増しでお送りします(笑)。


映画『見えない目撃者

警察学校出たてで、まさに警官になろうという直前、
交通事故を起こし、同乗していた弟を目の前で亡くしたうえ
自身も失明してしまったなつめ(吉岡里帆)。
弟の死を受け入れられないまま3年が経ち、盲導犬と
盲人用のアプリの助けを借りながら、母親と暮らしていた。

そんな中、自動車とスケボーの高校生との接触事故に遭遇する。
車内に少女が閉じ込められていることを察知しつつも
目が見えないゆえ、どうすることもできない。
誘拐事件として警察へ届けるが、対応した刑事2名
田口トモロヲ大倉孝二)は、事件性に半信半疑だ。
やむなく自ら捜査をはじめたなつめは、接触事故の被害者
春馬(高杉真宙)とともに、真相に迫っていくが・・・。


海外作品のリメイクだそうですが、非常に面白い映画でした。
特筆すべきは脚本の緻密さですね。無駄もスキもない、
骨まで食べられるサスペンスのお手本のような出来です。

たとえばオープニングで警察学校時代の里帆ちゃんが
訓練しているシーン、卒業生代表で挨拶しているシーンで
里帆ちゃんが警官となったらいかに優秀なのかを
わずかなシーンで伝えています。

ある人物のセリフが次の人物の行動につながったり、
事件解決の糸口になったり、そこのテンポも非常にいいです。
間延びしない展開は、ご都合主義や偶然にたよりがちですが
そういうアラもなく、スピーディに事件の核心に迫っていきます。
途中、おしっこに席を立つ暇も与えません(笑)。

ということで、おすすめ映画ですがR15指定です。
エロはないですが、グロ描写はあります。そこがクリアできる方は
映画館へGO!です。

監督:森淳一 脚本:藤井清美
お薦め度:★★★★★

******

増税前に本の買いだめするぜ!と思いましたが、結局駆け込みで
買ったのは2冊だけでした。

あと、うちは最近調子が悪かった炊飯器を買いました(笑)。
冷蔵庫も電子レンジもTVも買い換えるかって話もあったのですが
案外、大きな買い物、できないもんですね。

2019年9月24日 (火)

『いつかの岸辺に跳ねていく』

いつかの岸辺に跳ねていく
加納朋子著 幻冬舎2019/06刊 お薦め度:★★★★★

幼馴染の護と徹子。
学生時代から不器用で奇行の目立つ徹子を護は見守ってきた。
これといって大きな事件も起きない日常のエピソードの積み重ね。
しかし徹子にはある秘密があったのでした・・・。
後半に続く。

前半は護サイド、後半は徹子サイド。
がらりと変わるイメージで綴られる物語に引き込まれます。
特に後半。
タイトルは2人が岸辺で石で「水切り」をする場面から来ています。
ええ話やなあ~。涙腺ゆるめの方は、要ハンカチです。
0819

*****

魚の目ができやすいです。
いつも安物の靴、しかもちょっとぶか目の靴を履いているせいか
魚の目がちょいちょいできます。
そのたびにスピール膏とかのお世話になっていたのですが
今回のヤツはなかなかしつこくて、治りません。
痛いです。仕事で歩き回るたびに痛みは増してくるし、
痛いところをかばって、余計に変な歩き方になってしまい
通常より疲労度が120%増しです。

靴をクッションのいいPUMAのやつに替えました。
さらに医者に行きました。なんでも液体窒素を使った治療法と
レーザーメスを使ったやつもあるとかで、後者は保険適用外。
今回は液体窒素を使ったやつをお願いしました。

液体窒素って・・・。『ターミネーター2』で液体金属人間が
液体窒素が流れる工場を歩いて来ると、液体窒素のせいで
足の裏が床に凍り付いて、ぼきっと足がもげるシーンを思い出します。
足がもげたおかげで、ついでに魚の目もなくなった・・・
というのはいやです。

実際は棒の先に液体窒素をちょいちょいとつけて、
それを魚の目にジュウジュウ押し付けるという方法です。
意外にもそんなに痛くはないのですが、根絶するために
何回か通院を余儀なくされるようです。

2019年8月20日 (火)

『しょぼい喫茶店の本』

しょぼい喫茶店の本
池田達也著 百万年書房2019/04刊 お薦め度:★★★★★

就職活動に失敗し、うつ状態で引きこもっていた大学生が
SNSを通じて知り合った人々の支援で、居抜き物件で喫茶店を
開店するノンフィクション。喫茶店の名前は「しょぼい喫茶店」。
ダンボール製の貼紙を看板とする、営業時間も不安定なこの店が
果たして成り立っていくのか・・・。

活発だった中高生時代から、就職活動中にどんどんうつ状態に陥り
自殺願望まで芽生えて来る。会社勤めは諦め、自営業に道を見出し
SNSで有名な起業家から支援をうけつつ、開店にこぎつけます。
ぐうたらなのか、行動力の人なのか、自虐的なのか自信家なのか。
読んでいて、その行き当たりばったりな感じにハラハラさせられます。

なにより、この喫茶店の開店に共鳴して経営を手伝うため
上京してきた女性との出会いもドラマチックでいいです。

ノンフィクション、ビジネス本、エッセイ、なんとも分類しがたい
本ですが、とても面白かったです。
トランスビューというミニ取次で扱っている本なので、
一部の書店にしか置いてないみたいです。探して買ってください。
0820

2Fにあるそうです・・・。

*****

むかし勤めていたところの両側に喫茶店が2軒ありました。
その事業所は喫茶店に挟まれていたわけです。
ひとつは、サイフォンをずらりと並べた美味しいコーヒーを
飲ませるしゃれた店。でも食事はパンか、ちょっとしたピラフ程度。
お値段も高め。

もうひとつは、テーブルがゲーム機になっていて、コーヒーは
なにやら市販品を鍋で沸かしているようで、当然まずい。
でも食事は焼きうどん、カレー、牛丼など充実のラインナップで
昼時はおじさんたちで満員でした。

コーヒーのうまい喫茶店は、ある日店をたたんでしまいました。
サイフォンが、鍋沸かしコーヒーに敗れたのです。
確かにピラフやサンドイッチでは、腹はふくれませんでしたが
少ない給料で、うまいコーヒーを楽しんでいたので残念でした。

2019年8月14日 (水)

『いけない』今年の必読ミステリ

いけない
道尾秀介著 文藝春秋2019/07刊 お薦め度:★★★★★

蝦蟇倉市周辺で起きる3つの事件。
章の最後に掲載された絵(または写真)を見て、全体の真相が分かる
という仕掛けのあるミステリー。
3つの事件は別のものでありながらも、からみあって
書き下ろしの終章で幕になります。

0814

トリックとか誰が犯人か・・・というより、事件の全体像が
いったいどうなっているのか、とモヤモヤしたまま読み進め
最後の文章まで来ても釈然としません。
絵を見て腑に落ちる・・・いや特に第1章は、あまり腑に落ちなくて
激しく読み返すことに。
いや、2章、3章も読み返しましたけど(笑)。
しかし、これは爆読必至です。読み返しも含め、ほぼ1日で読みました。

それにしても米花(ベイカ)町並みに事件の起きる、ヤバい宗教団体や
ヤバい○○がある、蝦蟇倉市には住みたくないものです。

*******

暑いですね。九州のほうはそろそろ台風?

最近小型の携帯扇風機が流行ってますが、とうとう100円ショップ
ダイS-でも売られていました。300円。
USBケーブルにつなぐと、ブーンという音とともに
元気に羽を回転させています。健気~。

連日の猛暑で会社の植え込みのツツジの葉がちょっと黄ばんで
きました。いとうせいこうの『ボタニカル・ライフ』を
今読んでいるので、ついつい水遣りをしてしまいました。
日中はダメなので、日が暮れてからね。
ダイSーで1リットル入りのアンプルが売っていたので
それもびしゃびしゃ撒いてみました。

あれ、なんか扇風機の勢いがさっきと違うぞ。
もう息切れか・・・。
この夏、私か、この扇風機か、力尽きるのはどっちだ?

2019年7月13日 (土)

線は、僕を描く

線は、僕を描く
砥上裕將著 講談社2019/06刊 お薦め度:★★★★★

両親を交通事故で失い、喪失感の中にあった大学生の青山霜介は
アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。
なぜか湖山に気に入られ、その場で内弟子にされてしまう霜介。
それに反発した湖山の孫・千瑛は、翌年の「湖山賞」をかけて
霜介と勝負すると宣言する。
水墨画とは、筆先から生みだされる「線」の芸術。
描くのは「命」。
はじめての水墨画に戸惑いながらも魅了されていく霜介は
線を描くことで次第に恢復していく。(Webより転載)
0713

メフィスト賞受賞作。メフィスト賞って、バカミスに贈られる
賞っていうイメージでしょうか?(笑)
とにかく他の公募にはない、奇想天外な作品が選ばれると
思っていましたが、こちらは密室トリックもなければ、
変なキャラの探偵も登場しない、青春小説というか成長小説。
賞の応募要項には、実はエンタメとしか書いてないんですね。

たぶん大半の人に縁のない、水墨画の世界を題材にしているので
それだけでも興味深く読めます。
ストーリーだけ語れば、両親を失って抜け殻だった大学生が
水墨画とその作家先生たちから、いろいろ学んでブレイクスルー
していくような、わりと地味な話です。
大先生の孫娘との勝負といっても、マンガチックな「対決」と
いうわけでもありません。
マンガチックといえば、同時に原作付コミックとしても連載が
始まっているとか。
とにかく講談社が激推ししている感じが伝わります。
苦手なラノベ臭もしないので、読みやすかったです。

**********

水墨画なんて、なんか観光先の美術館だか資料館だかに入ったら
なんか軸にかかっている山水画みたいなのがぶら下がっていて
ふ~んといいながら、前を通り過ぎる・・・アレです!
まず興味ねえっすよね、普通!

今回、この本を読んでYouTubeとかで描いている動画を見てみると
お手本もモデルもないまま、スパッスパッっと描いていくんですね。

私の見たのは竹を描くやつでしたが、いきなり竹の幹の部分を
ズバっと描いて、節をクイッて入れて、葉っぱをサッサッ、
ちょっと向こう側の葉っぱは薄い墨でフワッフワッ、
枝をチョイチョイ・・・なんか擬音のオンパレードになりました。
全体像が頭にないとできない芸当ですね。

高校のときに、美術部で油絵を描いていました。
油絵は塗り重ねの世界なので、一発描きの水墨画の世界に驚きました。

老後に油絵はまた始めようかなあとか、ぼんやり思っています。
老後・・・年金あるかな。あとそれから、2000万円ね。

2019年6月29日 (土)

ヒッキーヒッキーシェイク

ヒッキーヒッキーシェイク
津原泰水著 早川文庫2019/06刊 お薦め度:?????

「人間創りに参加してほしい。不気味の谷を越えたい」
ヒキコモリ支援センター代表のカウンセラーJJは、
パセリ、セージ、ローズマリー、タイムという、
年齢性別さまざまな4人の引きこもりを連携させ、
あるプロジェクトを始動する。
疑心に駆られながらも外界と関わろうとする4人だったが、
プロジェクトは予想もしない展開を見せる。果たしてJJの目的は
金か、悪意か、それとも? 現代最高の小説家による新たな傑作。
(Webより転載)
0629

なんか私の読解力では、よくわかりませんでした(笑)。
これは内容以前に、某出版社社長とのTwitter上のバトルで
有名になった本で、しかも文庫帯に「この本が売れなかったら
編集者辞めます」というコピーが付いたのも話題でした。
編集者生命を掛けた本ってどんな本?
という方は、ご一読下さい。

まあ、G社からさっらと発売されるより、こうして話題になって
発売されて、売れてるっぽいので、めでたしめでたし。
G社社長のTwitterは、おかげで閉鎖を余儀なくされましたが。

**********

健康診断で
左側上肺野肺内病変 空洞影
と診断されました。
肺に空洞、死ぬ~。

結核菌か腫瘍で肺に穴があるってんですかい?死ぬ~。
なんか前にも胸部X線で引っかかって、CTスキャンしたら
何もないって言われたので、今回もそうだろうと思って
高をくくってるんですが・・・。
死ぬのもイヤですが、無駄な検査で高い金払うのもイヤだなあ。

2019年6月27日 (木)

『ベストセラー伝説』

ベストセラー伝説
本橋信宏著 新潮新書2019/06刊

「科学」と「学習」はなぜ校内で販売されていたのか。
「平凡パンチ」で素人を脱がせていたのは誰だったのか。
世間を震撼させた「ノストラダムスの大予言」の著者は今
何を考えているのか……。
60年代から70年代にかけて、青少年を熱中させた雑誌や書籍には、
前代未聞の企画力や一発逆転の販売アイディアが溢れていた。
その舞台裏を当時の関係者たちから丹念に聞き出した
秘話満載のノンフィクション。(Webより転載)

こういう内幕ものは大好物なのです。
正直、この本に触れられている本はあまり読んでないのですが
強いて言えばポプラ社版の『少年探偵シリーズ』くらいです。
それでも、イケイケだった、元気だった日本の出版業界の
伝説の編集者のエピソードとかは、非常に興味深く
拝読できた次第です。
0627

参考書では『豆単』や『試験に出る英単語』(通称出る単、
関西ではシケ単って言ってましたね)の章もありました。

私はシケ単より、同じ青春出版社の『英単語連想記憶術』の方を
愛用していました。これもシケ単の隣にたいてい平積みされました。
日本語のゴロあわせとイラストで、英単語を覚えるやつです。
今でもいくつか憶えてますね。

Radical:ラディカル。急進的な
「裸(ら)で怒る、急進的なヤツ」とか(笑)

本だけでは飽き足らず、本にない単語は自分で語呂合わせを
作っていました。その甲斐あってかなかってか、今でも
英会話がまったくできません・・・。

***********

Twitterばかり見てたら、ブログが1カ月ほどほったらかしに。
反省。その間、ただ令和は過ぎていくばかり。
それにしても令和になってから何だか我が社の業績は芳しくない。
令和の10連休を過ぎて、老後に2千万必要ですよ、
いや、そんな報告は受理しません、などとやっているうちに
どんどん景気が冷え込んでいってる気がします。

2019年5月24日 (金)

『幸せカナコの殺し屋生活』

幸せカナコの殺し屋生活』1巻
若林稔弥著 2019/05刊 お薦め度:★★★★★

ブラック企業でメンタルをやられたOL西野カナコが、
面接を(それと知らず)受けた会社が、殺し屋会社。
待遇面は、ホワイト企業。ただ、仕事内容は殺し。
意外にも天性の才能を開花させたカナコだったが・・・。

ブラック企業で高圧的な上司を前に萎縮していたカナコが、
おどおどしながらも、殺しの仕事を完遂していくところが
面白いです。あと、動物の名前を使ったダジャレ的なギャグも
くだらなくていいです。
無理無理無理無理カタツムリーッとか、そういうの(笑)。

この本が目に留まったのは、本の装丁のおかげと思います。
カナコの泣き笑いのような笑顔の周りに、ギャグで登場する
動物たちが取り巻いています。
なんか面白そー!というエネルギーを感じる、いいカバーだなあ、
と思います。

画はシンプルでイラストっぽい感じで、全ページカラーです。
お薦めですよ~。
0524

2019年5月15日 (水)

『拳銃使いの娘』

拳銃使いの娘
ジョーダン・ハーパー著 早川ポケミス2019/01刊 お薦め度:★★★★★

11歳のポリーの前に、刑務所帰りの実の父親ネイトが突然現われた。
獄中で凶悪なギャング組織を敵に回したネイトには、妻子ともども
処刑命令が出ており、家族を救うため釈放されるや駆けつけたのだった。
だが時すでに遅くポリーの母親は殺されてしまった。
自らと娘の命を救うため、ネイトはポリーを連れて逃亡の旅に出る。
処刑命令を出した組織に損害を与えるため、道々で強盗をくりかえす父子。
暴力と犯罪に満ち危険と隣りあわせの旅の中で、ポリーは徐々に
生き延びる術を身に着けていく。
迫る追っ手と警察をかわして、父子は生き残れるか?
(WEBより転載)

メンタリスト』などのTVドラマの脚本家が小説家デビュー!
というだけあって、展開のテンポがいいです。
1章ごとが短く、話者が変わる構成もテンポをよくしています。
後半にいくに従い、バイオレンス感がハンパないので、
特に女性によっては苦手な方もあるかと思いますが、お勧めです。
0515

子連れ狼』にヒントを得たという話も伝わっていますが、
ポリーは大五郎より活躍しますし、よりバイオレンス傾向が強いです。
いやあ、手に汗握りました。ポケミスなので、ビニール装丁で
ビチャビチャになりますよ。

**********

『子連れ狼』実はコミック版、TV版とも大好きで、特にTV版は
これ以前も以後も、ここまでハイクオリティな時代劇って
なかったよなあ、と思います。
言っちゃあなんですが、時代劇って予定調和で、タチまわりがあって、
最後にサクラ吹雪か印籠が出てきて安心して見れる感じですが、
子連れ狼は時代劇というよりは、ハードボイルドに近いですよね。

殺陣も、軽快な音楽でばっさばっさと斬っていく感じではなく、
BGMもなく、数人でかかって来ても5秒くらいで文字通り瞬殺する
アレがかっこいいです。
拝一刀、強すぎです。そしてアイシャドーも濃い(笑)。

『子連れ狼』を描いた小池一夫小島剛夕コンビでは、実在の
首切り役人・山田浅右衛門を描いた『首斬り朝』もすばらしいし、
ケイの凄春』も、濃い~感じの名作です。
コミックを電子書籍で読むのは感心しませんが、手に入りにくい
今となっては、電子書籍で過去作品を読めるのは、いいかもです。

小池先生のご冥福をお祈りしております。

«『予言の島』

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 米澤穂信: Iの悲劇 (★★★★)
  • 相沢沙呼: medium (★★★★★)
  • 貫井徳郎: 罪と祈り (★★★★★)
  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)