« 『ガソリン生活』軽妙な会話が楽しい | トップページ | 『オブリビオン』硬質なSFアクション »

2013年6月19日 (水)

『頭の中身が漏れ出る日々』昼酒エッセイ

頭の中身が漏れ出る日々
北王路公子著 PHP文芸文庫2013/05刊 おすすめ度:★★★★★

北海道在住の趣味・昼酒というぐうたらライターのバカエッセイ。
いや、バカエッセイとあなどるなかれ。結構文章は端正だと思います。
つまり面白い文章とは、下品に流れやすい。キターーーッみたないな
ノリとか擬音とか文字を急に太字にしたりとか、安っぽくなるのがオチ。
昼酒を飲みながら、ダラダラしながらも、これだけ端正で美麗な文体で
アホなことが書ける才能は、なかなかない。
いやそもそもそんなものに需要はない。内容を紹介してもつまらないので
目次からそれそれの項の見出しを列挙してみれば、内容が分かるというもの。

・悪の組織におびえる  ・正解から遠ざかる  ・二段腹になったら
・首都昼酒計画、実行す  ・予定外飲酒に着手す ・激マズ蕎麦屋の真相
・人類の進歩に疑念を抱く  ・紙パック交換啓蒙活動  ・熊は見ている
・雪かき界に新星現る  ・独り正月計画  ・ヤマダ電機の山田さん
・時空の歪みに翻弄される  ・全部秘書のせい  ・脳内姑との死闘

・・・いかがでしょうか。タイトルだけでちょっと読んでみたく
なったでしょう。ではご一緒に、昼酒のグラスを傾けながら。
0619

↓なんだとおう~。ヒック。わしのランキングボタンが押せねえってのか。
 ヒック。うい~。あ、お兄さん、ここ冷奴2つ。


本・書籍 ブログランキングへ

« 『ガソリン生活』軽妙な会話が楽しい | トップページ | 『オブリビオン』硬質なSFアクション »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『頭の中身が漏れ出る日々』昼酒エッセイ:

« 『ガソリン生活』軽妙な会話が楽しい | トップページ | 『オブリビオン』硬質なSFアクション »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)