« 『PUPA』ほんわかグロムード | トップページ | 『銀二貫』高田郁の出汁効いてます。 »

2013年8月28日 (水)

『はるひのの、はる』最終章で更に読ませる!

はるひのの、はる
加納朋子著 幻冬舎2013/06刊 おすすめ度:★★★★☆

ささらシリーズ」第3弾。さやの息子、ユウスケが主人公。
ちなみにさやの旦那はシリーズ第1弾の最初に交通事故で死去。
しかし、奥さん思いか、単なるおせっかいか、幽霊となって、
時に他人の肉体に憑依し、奥さんを助けにくるという便利な人。
その息子だけに、幽霊はバンバン見えて、会話もできちゃう。
そのユウスケが小学校のときに現れた謎の少女「はるひ」。
ユウスケははるひに頼まれるまま、何かを実行することで
世界の何かが変わっていく。
連作短編で、章を重ねるごとに成長していくユウスケと、またも
現れるはるひ、そして幽霊たち。連作短編を総括する最終章で
明かされるのは・・・?

最終章は前後編に分かれていまして、私は後編をちょっと読み始めた
ところで、最初から読み直して、人物相関図を作ってしまいましたよ。
というくらい、なかなか複雑な最終章。これはシリーズ第1弾よりも、
より面白い構成で読ませる結果となっています。
ちなみに、本書から読んでも、何の問題もなく読めます。
第1弾の主人公、さやも登場しますが、ほぼ活躍はありませんし。
私は第2弾の『てるてるあした』は未読です。
0828

*****

最近、涼しくなったので、かめを水槽から出してやると、久々に足元に
寄って来ました(夏場は一肌の温もりが恋しくないので寄り付きません)。
ところで、えさはいつも市販の正露丸みたいな、ツブツブをあげています。
うちのかめはクサガメ、つまり水棲ですが、まず水槽から洗面器に移して、
えさを1~2個づつ入れてやると順に食べていくので、その都度ポイポイ、
口元に入れてやる方式です。
でも生まれてからずっとメーカーは違えど、同じような丸薬状のえさなので
たまには・・・と思って、先日「かめのおやつ」と称する川エビの干した
ものを買ってあげました。これはきっと先様に喜んでいただけるお中元と
思い、洗面器に投入したところ・・・1つかじっただけで、後は知らん顔。
エビですよ、カワエビ!野生のカメさんはきっと喜んで食べていますよ!
野生さんは、こんな鼻くそ丸めたようなものを好き好んで食べてませんよ。
エビと言えば人間様でも寿司だのフライだので、喜んで食べてますよ。
食べないんですか!
どうも、この市販のカロリーメイト的なこれに、すっかり舌がなじんで、
これしか食べ物として認識できないようなのです。
あ~世の中にはもっとおいしいものがあるんですけどねえ。
それともよっぽど、この正露丸がうまいのか?
確か名著『うちのカメ』では、ヒラメの刺身を食べたり、牛肉を入れたら
すごくがっついて、手足が甲羅に入らないくらい食べた、という記述が
あったので、本来ならもっと雑食的にいろいろ食べるはずなのになあ。
育て方を間違えましたよ。いつからこんな子になってしまったのかねえ。
不憫だねえ。

↓ランキングボタン押さないクソ上司に10倍返しだ!10倍押しだ!


本・書籍 ブログランキングへ

« 『PUPA』ほんわかグロムード | トップページ | 『銀二貫』高田郁の出汁効いてます。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

うちのカメさんにも、丸薬みたいなのしか食べさせてません。

きゃべつとかりんごとかみみずとかやってみたかったんですが
その後、丸薬に見向きもしなくなったら困るかなと。。。

ところで、この夏はベランダデビューさせました。
あちこち行くけど、私の足の甲からすねづたいに
上にのぼるのが、好きらしくて、よじ登ってきます。楽しいです。(^^)v

ただ、落ちることを怖がらない?か、わからないのか?
なので、目が離せません。

私も朝昼、乾きものを食べているので
かめのことは笑えません。
そうですか、レビさんとこも丸薬ですか。
井の中のかめ、カワエビを知らず・・・と。

落ちることは怖がらないですね、かめは。
よっぽど甲羅に自信があるのでしょう。
うちのは、ほっとくと頭の上まで登ります。

かめさんに豪勢な生き餌をやる夢を見ました。
一個食べただけで、驚異的なジャンプ力を得たかめさんは
ガラスケースの壁を、ひと飛びで超えてしまいました。

これから何に入れたらよいだろうと夢の中で私は悩みました。

ここで目がさめればよかったのに

つづいて私は、入れ物を探しに、ホラーな感じの病院をうろつく羽目に。

このエッセイ読んだせいですよね~~。
怖かったんですよ~~。八つ当たり。(笑)

ホラー病院については、私はあまり関係がないように思いますが・・・。

私もかめの夢はよく見ます。
たいがい、池とかに放したら、ほかにもかめが沢山いて
うちのがどれか分からなくなる、とかが多いです。
とにかく、複数のかめが出てきます。
いつの間にかうちの水槽に、何匹も入っているとか。
で、よく見ると、どれもうちのかめじゃない、とか。
あれは一体どういう意味なんでしょうかね。
おれの人生、こんなはずじゃなかった、みたいな意味でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『はるひのの、はる』最終章で更に読ませる!:

« 『PUPA』ほんわかグロムード | トップページ | 『銀二貫』高田郁の出汁効いてます。 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)