« 『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』 | トップページ | 『ささら さや』ウオーム系ゴーストもの »

2013年8月10日 (土)

『コリーニ事件』最大重量級ホワイダニット

コリーニ事件
フェルディナント・フォン・シーラッハ著 東京創元社2013/04刊
おすすめ度:★★★★★

ベルリンのホテルの一室で、実業家が殺され、その顔は激しく
踏みつぶされていた。犯人・コリーニはその場で逮捕され、
犯行を認めた。国選弁護人として初めて法廷に立つことになった
弁護士のライアン。しかし被告人は殺人の動機を語ろうとしない。
原告側の弁護人は高名なベテラン弁護士で、このままでは負けは
必至という状況。しかも被害者はライアンの幼馴染の女性の
祖父でもあった・・・。
現役弁護士で『犯罪』『罪悪』も大ヒットのシーラッハ初の長編。

法廷劇だが、安っぽいお涙頂戴の人情ものではもちろんありません。
殺人の動機の背後に重~くのしかかるモノは、何かを知りたい人、
コリーニを殺人という手段に踏み切らせた法律の落とし穴に、
ほんまでっかと叫びたい人は、書店へGO。
0810

*****

昨日に引き続き、奥さんは飲み会に行った
昨日も昼間から飲み会に行っていた
今日は午前中のうちから出て行った
朝、冷やし中華を食べたが、
昼には、カップ麺のカレーを食べた
暑い、ああ、暑い夏
君はどうしているだろう、そう奥さん以外の君
君はどうしているだろう、奥さんよりきれいな君
そんな君なら、昼間から飲みに行かないだろう
行かないだろうWOO

※(Chorus)
独りの部屋じゃもったないから
エアコン入れられないやい
電気使うのもったいないから
扇風機しかないやい
ライラライ

昨日の引き続き、奥さんは飲み会に行った
ビアガーデン的なところで飲んでいた
ちょっと二日酔いと言いつつ出て行った
さっき、アイスモナカを食べたが、
ことのほか小さくて、二口で食べた
暑い、ああ、暑い夏
君はどうしているだろう、そう奥さん以外の君
君はどうしているだろう、奥さんより素敵な君
そんな君なら、僕にいくらか貸してくれるだろう
出世払いだろうWOO
出世するのかのうWOO

※繰り返し

↓ずぶんは天野のことより、ランキングボタン押すのが好きだ。


本・書籍 ブログランキングへ

« 『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』 | トップページ | 『ささら さや』ウオーム系ゴーストもの »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

せつないブルースですのう。(笑)

ぼくの頬を流れているのは
涙ではなく
猛暑による汗なのさ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『コリーニ事件』最大重量級ホワイダニット:

« 『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』 | トップページ | 『ささら さや』ウオーム系ゴーストもの »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)