« 『教場』教官が慧眼過ぎて怖い | トップページ | 「赤い鳥」で昼酒うまし »

2013年9月15日 (日)

お店探訪/グリーンプラザ平和堂

書評だけではアクセス数が伸びない!ので、急に変なコーーナーを
始めます。題してお店探訪。有権者の皆さんに訴えたいのは、
かめのてこと私が、買物に行ったお店のことで好き勝手にトークを
するというものであります。別に店舗デザインや建築の専門家でも
ない、一介の高級官僚に過ぎないので(ウソ)、素人目線であることは、
あらかじめご承知おき下さい。

かめのてさんのお店探訪 その1
グリーンプラザ(名古屋市緑区)2013/9/12付

1Fがスーパーと書店、2Fはホームセンター、昼間でも結構車が
停まっていましたので、はやっているのでしょうか。
立地的には住宅街の中、という感じなので、スーパー、ホームセンター
道を挟んでスギ薬局、とお買い物には便利ゾーンなんでしょうね。
ホームセンターはジャンボエンチョーさんで、ここはほぼ素通り。
1Fに下りると、なんだか床タイルもきれいで、なんでもこの8月に
スーパー平和堂さんと正文館書店さんがOPENしたらしいっす。

まずは書店のほうは、60坪くらいの典型的なスーパーの中の本屋さん。
雑誌と実用書、児童書が中心の品揃え。文庫は壁面のみ、コミックすら
壁面でわずかな量。文芸書は正面にあるベストセラーのコーナーのみ。
完全に奥様向けと割り切った感じで、それはそれでいいかな。
料理本は通常、表紙を見せる雑誌用の棚に入っていることが多いですが
ここは全部、棚差しになっています。その分、ワープロ打ちの紙をパウチ
した見出しプレートが細かく入っていて、選びやすくなっていますね。
カウンターは木調で、その脇にある柱や防火戸の鉄扉も木目調のシート
貼りになっていて、シックな感じを損なわないようにしています。
が、せっかくの内装的な配慮におかまいなく、なにやら目隠しのつもり
なのか、平台に包装紙を貼り付けて、それもびりびりに破れています。
こういう包装紙をその辺のダンボール箱に貼り付けて台にしたりとか
ありがちですが、客から見るとみすぼらしさ満点なので、やめた方が
賢明かと思いますね。

平和堂さんのほうに移動しますと、ここはさすがに全国チェーン、
洗練されていますね。グロサリーは蛍光灯、生鮮惣菜部門は、
スポットライト、という最近スーパーでは主流の照明。
スポットライトは、天井に付属したレールにつけているお店も
ありますが、ここが天井に溝を彫って、そこにつけてあります。
レールの上に埃が積もるのを嫌ったのでしょうか?
野菜売場のおしまいのところに、合わせ調味料とドレッシング、
たれのコーナーがどーんとあってびっくり。こんなの初めて見ました。
サラダ野菜の横に、ついで買いのためにドレッシングを置いている
のは見かけますが、これだけどどーんとひと島揃えてあるのは
なかなかの迫力。スーパー通の妻も「むむ、できる」とうなって
いました。「肉の隣に焼肉のたれ、というのはよくあるよね」と言うと
「フッ、あれはね、仕入れ元の違いに過ぎないんよ。お客の利便性とか
そういうのじゃなくてね。ケッ」などと冷笑される。

値札のついている、プラスチックのレール状のものには、
Delicious foodsとか書いた紙が挟まっていて、そこに値札カードが
入っています。これもただ値札だけじゃ味気ないので、おしゃれに
見えます。こういう細かい装飾も、結構ポイントですね。
パンの売場では特定ブランドのものに、デザインされたボール紙が
敷いてあり、そこのコーナーだけフジパンでもヤマザキパンでもない
なんだかうまそうなパンに見える演出があります。
私は本屋が好きなので、本屋で考えると、こういう「この棚だけ
ちょっと違いますよ演出」をすればいいのに、と思いますね。
たとえば、文庫本だとこっちの端からあっちの端まで全部同じサイズの
本が整然と並んでいてつまらないんですよね、見た感じ。
でも途中に色の違う棚があるとか、ちょっと出っ張っているとか
なんか「ちょっと違う感」が真ん中へんにあると、どりゃ何があるんだ
と思って見に行くじゃないすか。そこで何か結構個性的なフェアとか
やってたら、楽しいんじゃないかと思いますけど。

↓ランキングボタンか・・・何もかもみな懐かしい。


本・書籍 ブログランキングへ

« 『教場』教官が慧眼過ぎて怖い | トップページ | 「赤い鳥」で昼酒うまし »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

平和堂に対するコメントは、早速、夏原平和君にメール添付送信しておきます。
返信が来たら、連絡しますね。

リンクを張った先のリンクを消したら
リンク先の方からコメントが入っていました。
本当に返信があるんでしょうかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1912708/53261667

この記事へのトラックバック一覧です: お店探訪/グリーンプラザ平和堂:

« 『教場』教官が慧眼過ぎて怖い | トップページ | 「赤い鳥」で昼酒うまし »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今年の注目ミステリ(2017/11~)

  • 三津田信三: 犯罪乱歩幻想 (★★★★★)
  • 逸木裕: 星空の16進数 (★★★★★)
  • 下村敦史: 黙過 (★★★★★)
  • 道尾秀介: スケルトンキー (★★★★★)
  • 宇佐美まこと: 熟れた月 (★★★★★)
  • 下村敦史: サハラの薔薇 (★★★★★)
  • 若竹七海: 錆びた滑車 (★★★★)
  • 三津田信三: 碆霊の如き祀るもの (★★★★)
  • 似鳥 鶏: 叙述トリック短編集 (★★★★)
  • 原りょう: それまでの明日 (★★★★)
  • 北里紗月: 清らかな、世界の果てで (★★★★)
  • 塩田武士: 歪んだ波紋 (★★★★)
  • 有栖川有栖: インド倶楽部の謎 (★★★★)
  • 倉知淳: 皇帝と拳銃と (★★★★)
  • 飴村行: 粘膜探偵 (★★★)

今年の注目ミステリ海外編(2017/11~)

  • そしてミランダを殺す (★★★★★)
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ