« 『アリス殺し』不条理会話が楽しい | トップページ | 精文館書店の中島新町店さん »

2013年10月26日 (土)

『十一月に死んだ悪魔』感想

十一月に死んだ悪魔
愛川晶著 文藝春秋2013/09刊 おすすめ度:★★★★☆

鮮烈なデビューをしながら、今やすっかり三流のホラー作家の
柏原は、交通事故での記憶障害や、幻覚的な発作に悩まされていた。
ある日クリーニング店の女性店員が、かつて自分の幼少時に
現れていた想像上の友達(イマジナリーコンパニオン)コータに
酷似していることを発見する。ストーカー被害に怯える彼女は
柏原の家に転がり込むことになり、奇妙な同棲が始まる。
しかし再来するコータの幻聴、学生時代にいじめをしていた男
からの脅迫など、次々に不穏な空気が立ち込めてくる・・・。

人を生き埋めにしようとするプロローグ、断片的に挿入される
女性とともに監禁された男の手記、手紙などが、本編と並行して
語られます。そういう構成が、読者の頭を謎と混乱に陥れます。
中盤あたりで、その挿入部分がどういう意味のなのかが分かる
のですが、それまでが結構もどかしいです。
この奇妙な構成からも分かる通り、一筋縄ではいかない、複雑で
トリッキーな作品です。
1026

表紙の横たわっている女の子は、作品内にも登場する「ラブドール」
古い言い方ではダッチワイフ。最近のは精巧で、表情にもちょっと
憂いがあります。これを製作している「オリエント工業」のHPを
見ると、60万円くらいするようです。
本作でもこれをモチーフとして、主人公が新作を書くくだりが
あるために、表紙になったようです。
表紙写真はともかくとして、本編と並行して挿入される断片を
頭の隅に置きながら読むのは、なかなか面倒なのですが、
全編読み終わると、さらに面倒な、否、なかなかの怪作であることが
わかります。こりゃあ面白い!と思う人と、なんじゃこりゃ!という
人がいるかと思います。

さて今年も10月後半になり、そろそろミステリのベスト10なんかも
視野に入れる時期が来ましたが(大抵の人はそうではないでしょうが)
今年は大本命のような作品は少ないですが、本作を含め『アリス殺し
ノックス・マシン』『シャーロックホームズたちの冒険』など
変わり種、怪作が多いのが目立ちますね。

*****
毎年思っていたのですが、近年どんどん派手になってくる、
あのハロウィンってやつは、どうなんすかね。
ちょっとイラっと来ている私は古い日本人でしょうか。
いや、別にそれにからめて、かぼちゃのケーキがどうのとか、
ハロウイン限定商品なんかが売られているのは別にいいんですよ。
ディズニーランドでそういうテーマでイベントするのも可。
バレンタインデーも同じで、あの形骸化した記念日に、
おいしそうなチョコが店頭を賑わし、ちょっとしたイベント感も
あって、消費が刺激されて経済が動くのは多いに結構!
そういう経済効果という意味ではいいとしても、なんかあの
いい大人が仮装をしたり「トリックorトリート」とか言って
お菓子をもらうなどの行事を「子供会」とかがやったりする風潮、
それはどうなのさ、ということです。
もう完全になじんだクリスマスはともかく、日本の文化にも
伝統にも、習俗にも、信仰にも、な~んの由来もないことを
今更突然やるのはどうなんですか。「トリックorトリート」で
菓子をもらった子供は、これを日本の古式ゆかしき伝統かと
勘違いしないか?日本人なら・・・餅でも撒いてろ!(笑)
それはどうも、アメリカ人が映画で、なんだか障子のある部屋で
「ニンジャ」が刀を振り回した挙句に「ハラキリ」したりする、
あの滑稽さに通じるものがあるのですよ。
だいたい・・・クリスマスに時期的に近いから。クリスマスまで
待てよ!1つでいいじゃないか!その後正月もあるし!
ジャックランタンは魔除けらしいから、日本人なら・・・イワシの
頭を飾れ!そして子供たちは家家を訪ね歩き、餅をもらうと(笑)
そういうことにしませんかね、もう。


本・書籍 ブログランキングへ

↓クリックorトリート!

« 『アリス殺し』不条理会話が楽しい | トップページ | 精文館書店の中島新町店さん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

高校生くらいのころは、憧れたもんです。
ハロウィン。
ブラッドベリなんか読んで。
全然、なかったですからね、高校生のころは。
もう四十年も前ですもんね!!ひゃぁ。

そんなタイプが大人になって、イベントやってるのかもしれないですね。
すいません。(笑)

一度でいいから仮装してみたいとずっと思ってはいるんですが…

でもね~、いやなんですよ、今のじゃ。
ブラッドベリに出てくるようなのじゃないと。


なので、餅でもまいてろ!イワシの頭をおけ!に一票です。

クリックも一票入れて行きます。(^^)v

簡単に言うと・・・「しゃらくさい」のですよ。
Jリーグができて、急に世の中にサッカーファン
いや、もとい「サポーター」が増えたのもしゃらくさい!
昨日までそんなにサッカー、サッカー言ってたか?
何がサポーターだ、ただの俄かファンだろ?
サポーターって、何かチームに寄付でもしてんのか?

外国の祭りなんて、やらなくていいんだ、
日本は盆踊りで十分なんだよ!
・・・あ、いや、ドイツのビールの祭典、
オクトーバーフェストは日本にも
必要な行事です。・・・プ、プロースト!(乾杯)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『十一月に死んだ悪魔』感想:

« 『アリス殺し』不条理会話が楽しい | トップページ | 精文館書店の中島新町店さん »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)