« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月26日 (日)

『高校中パニック!小激突!!』観ました。

『高校中パニック!小激突!!』
作・演出:宮藤官九郎  
出演:佐藤隆太 勝地 涼 永山絢斗 川島海荷 三宅弘城 
皆川猿時 少路勇介 よーかいくん 坂井真紀 綾小路 翔

大人計画・宮藤官九郎作の芝居を刈谷市総合文化センター
1月25日の昼の部で見て来ました。チケット取ってくれた
友人よ、ありがとう!
0126_2

近未来の渋谷では「ファイヤーバード高校」通称「ヤバ高」と、
「グレッチ工業高校」通称「グレ工」が、境界線を挟んで
睨み合っていた。ヤバ高・皆川猿時とグレ工・綾小路翔との
抗争が起こり、ヤバ高生・ムカデ(佐藤隆太)が巻き込まれる。
彼は痛みと悲しみが何か月遅れで来るという、特異体質になって
しまったため、ケンカが最強になっていたのだ。その原因は
彼の病弱な親友「カゼギミ」の暴力的な父親(宮藤)にあった。

って、物語を説明していても意味がないようなバカ芝居です。
全員おっさんが高校生だし、中にはセーラー服の女装男、
ロボットの格好の人なども。
ただ「バカロックオペラバカ」の副題にふさわしく迫力の
生演奏と歌、特に本職の綾小路翔の歌はすばらしいですね
(あたりまえですか)。ギターはクドカンさんらしいのですが、
2F席で目が悪いので、ほとんど顔とか分からないのでした。

途中で抗争に決着をつける競争をやると言って、劇場を飛び出す
下りがあるのですが、ここがかなりウケていました。
もう最終公演が終わっているのでネタバレではないと思いますから
書いてしまうと、そこから舞台は映像になります。
ムカデたちが劇場にテラスでつながっているショッピングセンターに
もつれあいながら走り込み「本の王国・刈谷店」の男性誌売場へ。
ムカデこと佐藤隆太が1冊男性誌(エロいやつ)をとるなり、
レジへ持っていくと、レジにいたのは店員のふりをしていたピリカ
(三宅弘城)で、そのまま本を奪い合いながら、逃げていくという
シーン。観客はこの劇場に入るときに通ったばかりのテラスを走る
2人の映像を見て爆笑という具合でした。面白いアイデアですね。

客いじりのコーナーでは「その火を飛び越えて来い!」という
あまちゃんネタで、観客の一人を通路にしゃがませて「火」に見立て
それを飛び越えるというのも笑いました。

女性が2人出ていて、一人は坂井真紀。こんなしゃがれ声だったか?
役名はウィスパー夜代(よるよ)先生(笑)。
もう一人は、川島海荷。めっちゃちっちゃ~い。子供かと思いました。

楽しい芝居で面白かったですが、内容はないよ~う。しかし、
これだけの歌と演奏とセリフ、立ち回りなど、芝居って大変ですね。
すごいいっぱい稽古したんでしょうね。
私、稽古とか練習とか嫌いなんです。私は自分の天賦の才能で
勝負しているほうなので、練習しなくても自然にできちゃうこと
だけやります。え~と、読書とか映画鑑賞とか(笑)。
舞台役者に生まれてこなくてよかったと胸をなでおろしています。

↓その火を飛び越えて、ランキングボタン押しに来て!


本・書籍 ブログランキングへ

2014年1月24日 (金)

『ふるさと銀河線』高田郁の現代小説

ふるさと銀河線
高田郁著 双葉文庫2013/11刊 おすすめ度:★★★★☆

みおつくし料理帖』の高田郁さんによる現代もので、9編の
短編小説集。いずれも鉄道の周辺を舞台にしており、中には
物語が対になった2編もあります。
柔らかい文体は、ふわ~っとしたホームドラマのような世界かと
思わせておいて、実は登場人物は何かの壁にぶちあたっており、
そこには辛く重い現実がある。全編ハッピーエンドとは言えない
のですが、少し前向きな気持ちで終わるところがいいですね。

あとがきによれば、著者が漫画原作者だったときに連載した
『鉄道春秋』というシリーズを小説化したものだそうです。
なかなかしぶ~い内容のレディコミですね。
0124

*****

ちょっと前ですけど「マンガ大賞2014」のノミネート作品が
発表されましたね。

『足摺り水族館』『亜人』『乙嫁語り』『坂本ですが?』
『さよならタマちゃん』『重版出来!』『七つの大罪』
『ひきだしにテラリウム』『僕だけがいない街』『ワンパンマン』

うち半分は読んでいますが、個人的な一押しは『僕だけがいない街
ですね。読んだ中からでは、エンタティメント度で『亜人』が
トップでしょうか。ただ昨年の大賞が『海街diary』(吉田秋生
だったことを考えると『ひきだしにテラリウム』が怪しい。
いや、怪しいぞ!

↓「最近ランキングボタン押してないなあ」というあなたに。


本・書籍 ブログランキングへ

2014年1月21日 (火)

『ペテロの葬列』結末にびっくり

ペテロの葬列
宮部みゆき著 集英社2013/12刊 おすすめ度:★★★★★

誰か』『名もなき毒』に続く杉村三郎シリーズの第3弾。
巨大コンツェルンの娘と知らず結婚して、今はその本社の社内報の
編集部に勤める杉村。ついつい事件に巻き込まれがちな人のいい
杉村は、取材をした帰路、そのバスがバスジャックにあう。
バスジャック犯とも思えぬ老人が拳銃を持って立てこもりながら
警察に出した要求とは・・・?
0121

バスジャック事件の本で600ページ以上あるのか、と思ったら
そこは序章で、次なる展開が待っている。このバスジャック犯の
老人は何者なのか、そしてバスジャックの目的は何だったのか。
杉村をはじめとする人質たちは、事件を調べていくうちに知る
ことになる人間の闇の世界に、いつしか翻弄されていく。
探偵でも警察でもない一般市民の杉村シリーズですが、3作目に
して、結構衝撃的な結末を用意しています。
680ページありますが、ムダな部分はなく、作中に起きる小さな
出来事も、有機的につながっていて飽きさせないですね。
実は前2作は読んでなくて、TVで見ました。なので、読みながら
主人公はもう小泉孝太郎で、喫茶店のマスターは本田博太郎(笑)。
なかなかいいキャスティングだったんだなあ、と思いました。

↓普通に書評だけじゃだめですか?押して下さい。


本・書籍 ブログランキングへ

2014年1月19日 (日)

『飲んだビールが5万本!』

『とつげき!シーナワールド!!①秋冬号~飲んだビールが5万本!』
本の雑誌社2013/12刊 企画・プロデュース:椎名誠

本の雑誌から新たに出た雑誌です。「とつげきシーナワールド!!」が
タイトルで「飲んだビールが5万本!」は特集名なのか?
判然としませんが・・・。
特集1:東京生ビール、特集2:場末 特集3:コンビニつまみ
という、ビール中心の酒がらみのエッセイやルポ、対談など
思わず飲みたくなる、というか実際焼酎を飲みながら読んだ本です。
最初のグラビアで写真で出ている、『本の雑誌』読者でおなじみの
居酒屋「池林房」は、東京へ芝居を見に行った際に行ったことがあり
椎名さんがニカっと笑った店内の写真を見ると、また行きたくなります。
名古屋在住ですが、どうしてもいい飲み屋さんは少なく、東京には
住みたくないけど、飲み屋だけは名古屋に進出してくれないかと思って
しまいますね。
椎名さんのイラストつきルポでは、本場ドイツのオクトーバーフェスト
についても書かれていますが、女性で平均11ルットル飲むとか書いて
あります。さすが本場だ!行ってみたい!仮設トイレがすごいことに
なっているらしい!
太田和彦さんの「居酒屋べからず集」もくだらなくて楽しいです。
0118

*****

いつも本の紹介のあと、雑談を書くのですが、書くことが全くない、
という日が増えて、これは感性が鈍った老化の証拠なのでしょうか?
で、書くこともないので、今年見ているTVドラマの話でも。
勝手に★マークをつけますけど。
軍師官兵衛』★★★
婆さんのナレーションが変で、いまこれのモノマネを練習中です(笑)。
福家警部補の挨拶』★★
犯人が分かっていて、追い詰めるコロンボの女刑事版。
ミステリとしてはかっちりできているけど、なんか固いね。
壇れいさんは、金麦のCMのイメージでお願いしたい。
3匹のおっさん』★★★
ゆる~い、先の見える展開が安心してご覧いただけます。
本の表紙イラストのイメージに3人のビジュアルがぴったりですね。
ただ心の声を吹き出しで(文字で)表現するのは掟破りでは?
そういうのは役者の演技と演出で見せるものでしょ?
字幕はバラエティだけで十分。人間の想像力を減退させるね。
緊急取調室』★★★★
ハイテクっぽい取調室の割に、最後はヒロインの浪花節で解決。
小日向さん、でんでん、大杉漣さんの「3匹のおっさん」がキャラ濃すぎ。
隠蔽捜査』★★★★
原作の1作目は読んだことあり。杉本哲太のイメージではなかったけど
生真面目な感じがフィット。古田新太とのあまちゃんコンビ?
螺鈿迷宮』★★★★
チームバチスタシリーズはやはり面白い。
ミステリものは、1話完結より長編のほうが展開が気になって好き。
謎の転校生』???
妻が見ています。なんかカメラがグラグラして自主映画みた~い。

↓酔ったいきおいで、ひと押しお願いします。


本・書籍 ブログランキングへ

2014年1月12日 (日)

鈴木敏文の『売る力』『統計心理学』

売る力
鈴木敏文著 文春新書2013/10刊
鈴木敏文の統計心理学』新装版
勝見明著 プレデント社2013/12刊

前者は言わずと知れたセブンイレブンを作った鈴木氏の本。
後者は鈴木氏の研究本です。
鈴木氏の考え方は、世間のビジネスマンが考える逆を行って
いる印象を受けました。そこが氏の非凡なところなんでしょう。
たとえば「他社を見に行くな」とか。普通こういう小売の世界では
ライバル店を見に行く、というのは必須なわけですけど、鈴木氏は
真の競争相手は他社ではなくて、変化する顧客ニーズであるという。
あと本を読むな、とかもそうですね。特にハウツー本は過去のことを
まとめたものであって、そんなものは次の時代に役立たないと。
低価格の代名詞のようなPB(プライベートブランド)でも、
NB(ナショナルブランド)よりも高い、高品質商品を出したり。
やはり非凡な人の考えることは違う。

最近出た『村上龍の質問術』(日経文芸文庫)にもありましたが
鈴木氏は、本の取次会社トーハンの弘報課で「新刊ニュース」を
作っていた、いわばクリエイター系の人だったんですね。
それが、その手のメディア系の仕事ができると聞いて、
イトーヨーカドーに入ったものの、なぜか日本初のコンビニを
立ち上げ、今の日本の小売、ひいては日本の生活そのものを
変えてしまいました。
この人が今トーハンにそのままいたらどうなっていたんでしょう。
世の中にコンビニがない代わりに、本の流通の世界も変わっていた
かもしれませんね。
0112

先日、冬場にもかかわらず天気のいい中を車で走っていたら
アイスが食べたくなり、昼食もかねてアイスを買おうとセブンに
立ち寄りました。私の好きな「チョコモナカ・ジャンボ」の横に
セブンのPBである「あずき最中」というのがあったので、
それにしました。しかしレジに持っていったら「218円です」と
言われビビりました。「アイスモナカは普通、126円だろう!」
これがセブンの高品質PB「セブンプレミアム」というやつか!
モナカ生地は「チョコモナカジャンボ」と同じくパリパリで
中には小豆アイス。ここまでは分かるけど、なんと小豆餡も
入っている。それで218円か・・・なるほどね。

*****

「お餅をレンジで温めたら、びにょ~んとなって皿にくっつく問題」
について。国会でも審議されたこの問題(ウソ)、今日もまた日本の
各家庭において、餅が皿に、指にくっついて、人々を悩ませている
のではないかと憂慮していました。
しかし、ここで私は画期的な「かめのてお餅メソッド」を開発しました。
まず皿に味付け海苔を隙間なく敷き詰めます。
次にその上に餅を置き、レンジで数十秒。膨らんだところで取り出します。
海苔ごと取り上げて、海苔で餅を巻くようにして食べれば、皿も指も
餅がくっつくことなく食べれたのです!
私はこれをそう、「いそべ餅」と名付け、特許を申請し、売り出そうかと
思っています。餅に海苔だなんて、我ながら画期的ですよね!

↓もう寝ますけど、みなさんは、こちらを押して下さい。


本・書籍 ブログランキングへ

2014年1月 7日 (火)

餅食う人々

我が家でも餅を買いましたが、実家から餅つきマシンで作った
餅が大量に送られてきました。それらは1個あたりがでかく、
雑煮に2個も入れると、もうお腹いっぱいです。
それでもまだ減らない餅。
その事態を重く見た財務担当の妻の提案ないし要求というのは
「会社に餅を持って行って食べれば、我が家のエンゲル係数の
現象に貢献し、ひいてはCO2削減、地球温暖化の防止にもなる」
という非情なものでした。
「でも会社の食堂にはオーブントースターはないし」
「でも電子レンジはあるんでしょう?ほら、この皿は表面が
しゃもじのようになってて、餅をレンジで温めてもくっつかない
素材になってるんよ。じゃ、ここにそれと皿と餅を2個用意して
おくので、会社に持っていくように」

翌朝、妻は先にパートの仕事にでかけ、台所には「お餅調理
セット」がビニールにくるまれて置いてありました。
ただでさえ、昼食に乾きものや魚肉ソーセージなどを齧っており
もはやその姿、そのレパートリーが「かめのて伝説」と言われて
いるのに、更に餅なんか焼いて食べた日には、レジェンドが
神話になってしまいそうです。
私はそっと戸棚のカップ麺を鞄に入れ、出勤したのでした。

↓全然書評じゃないけど、押して下さい。


本・書籍 ブログランキングへ

2014年1月 4日 (土)

『ゼロ・グラヴィティ』3D大画面で是非!

ゼロ・グラヴィティ
はい、みなさん、こんばんは。N・淀川です。
今夜ご覧なるのは『ゼロ・グラヴィティ』。グラヴィティ・・・
グラヴィティって何やろ?グラヴィティ、重力がゼロ。
無重力、言うことですね。原題はただの『グラヴィティ』。
ゼロ、何でつけたんやろ?それはともかく、これは宇宙飛行士の話。
ファーストシーンから、宇宙に浮かぶ地球の絵ですね。そのでっかい
地球に小さく小さく・・・見えてきたんはスペースシャトル。
そこで船外作業をしている宇宙飛行士・・この瞬間、私はもう、
何だか息苦しくなりました。ちょっと高いところに上るのも怖いのに
空気のない宇宙、命綱が切れて放り出されたら、飛んで行って
戻って来れん宇宙・・・そんなところで作業するなんて、まあ怖い。
作業しているんはサンドラ・ブロック、ガス噴射で飛んでるのが
ジョージ・クルーニー。ジョージ・クルーニーのほうはベテランで、
おしゃべりしながら、余裕ですね。
・・・でもそこへ・・・人口衛星の破片が飛んで来た!
ロシアが自分ところの衛星を爆破したんですね。
そのゴミ、宇宙のゴミがまた別の人工衛星に当たって壊れて、また
ゴミになって飛んでくる・・・慌ててシャトルに逃げようとするけど
女性の飛行士のほうが飛ばされちゃった!くるくる、くるくる回る、
回るけど宇宙はそう、無重力。空気もないので回り続ける・・・まあ
頭がおかしくなりそう。
でもなんとかこの2人の宇宙飛行士は難を逃れた。
けど、災難はここからですね。広い宇宙、空気も残り少ない、
燃料も限られてる、そんな中をどんどん飛んでくる宇宙のゴミ・・・。
これ見たら子供さんは、ボク宇宙飛行士になりたい、なんて絶対
言いませんね。
その度重なる危機を乗り切って生きて帰ろうとする様をただただ
カメラが追って行く、それだけのシンプルな映画。
地球を出発するシーンも、回想シーンもない、登場人物もわずか。
さあ、今日はみなさん、息を詰めてご覧になることでしょうね。

『ゼロ・グラヴィティ』
監督:アルフォンソ・キュアロン おすすめ度:★★★★★

宇宙飛行士というと、月面をフワフワ歩いているイメージをまず
思い出すと思うのですが、冒頭の船外作業シーンを見ていると、
高所恐怖症に陥るというか、太平洋のど真ん中で海に放り出された
ような、地に足つかない感じがして(いや実際ついてないのだが)
怖いです。しかもこの後、大変なことが起こると分かっているだけに
もう心拍数が上がってしまうのです。宇宙旅行、ボクはいいです。

アルフォンソ・キュアロン監督の前作『トゥモロー・ワールド』は
カットなし1シーン撮影、つまり「長回し」が話題になりました。
戦闘地帯を主人公が弾丸をかいくぐって進む、何分にも及ぶシーンは
これまた息が詰まる迫力でしたが、今度は酸素も少ないので、さらに
息が詰まる次第なのです。本作でも長回しが使われていますが、
すばらしい映像美、無重力感の再現が素晴らし過ぎて、長回しは
もはやどうでもいい感じです。

スターウォーズ』などのSFアクションでは、宇宙空間でも
戦闘機がゴーッと飛んで来て、ドカーンと爆発しますが、現実には
宇宙に空気がないので、この映画では宇宙船にデブリが衝突しても、
シーンとしています。そのぶん、モヤ~ンとしたBGMが緊張を高め
主人公のパニクりながらのセリフが余計な効果音を不要にしています。
ぜひ大画面の3Dでこの映画を見てほしいですね。
3Dメガネがうっとうしい、という人もいますが、すぐそんなこと
気にならなくなります。宇宙空間の無音・無重力・無酸素に比べたら
メガネの重さなど、どうってことないです。


↓ぼく、宇宙飛行士のヒビット!人参食べる?ランキングボタン押す?


本・書籍 ブログランキングへ

2014年1月 3日 (金)

『自殺』タイトルにビビらず読むべし。

自殺
末井昭著 朝日出版社2013/11刊 おすすめ度:★★★★★

新年イッパツ目に紹介するのが、このタイトルはどうかと思いますが、
朝日出版社の編集部のブログ内の連載をまとめた本です。
↓こちらのページでご覧いただけます。
http://asahi2nd.blogspot.jp/

著者の末井昭さんは、現在フリーの編集者をされていますが、
白夜書房「写真時代」を創刊させた方。「写真時代」はアラーキー
森山大道さんなどの写真を中心に、赤瀬川原平さんの「超芸術トマソン
など、当時の写真界とサブカルチャーとエロを突っ走る雑誌でした。
まあ私は当時、まじめな好青年で、そのようなサブカルでエロな雑誌を
見るともなしに見ていたような気もしないでもない程度の人でした。
なので当時のサブカル青年、今のオジサンたちは、末井さんというと
「写真時代」や原平さん、南伸坊さんの著書にも登場する「スエイ氏」
(ときにスウェイ氏)として馴染みのある人。エロでユニークな
オジサンのイメージが強いわけですが、その人が『自殺』という題で
本を出されたのでこれは、と思い年末に2日間で読み切りました。
ちなみに著者サイン本です。

スエイ氏の幼少の頃、お母さんが結核で余命も少ないということもあって
自暴自棄になった挙句、隣人の息子さんとダイナマイトで爆死するという
心中をとげたそうです。そのことがスエイ氏の人生を大きく左右した
ことは想像に難くないわけですが、それゆえ「自殺」が、自身の大きな
テーマとしてずっとあったそうなのです。

この本には自殺を肯定も否定もしないながらも、自殺に関わる人々への
インタビューや、著者自身の半生を綴った自伝的エッセイの部分も
あるのですが、その語り口は昔話を読むような柔らかさがあります。
特に自伝的な部分では、ダイナマイト心中に始まり、3億もの借金を
抱えたり、ギャンブルにのめりこんだり、浮気相手の女性とのことなど
なんともスゴい人生の人だなあ、と驚嘆させられます。
この凄さも、本書の柔らかな筆致でトゲトゲしないで読めてしまうのは
著者の人徳なのでしょうね。お勧めです。ムンクの叫びが目印。
0103

↓今年も押して下さいね!


本・書籍 ブログランキングへ

2014年1月 1日 (水)

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は当ブログをご覧いただきありがとうございました。
今年も怒涛の更新をしたいという意気込みだけはあります。
どうぞ、よろしくお願いします。

今年は仕事の都合で、年末年始も家でゆっくり、とはならず
いまだ年越し蕎麦&おせちにありついていない状況です。
年越し蕎麦に至っては、もう今年の大晦日に向けて準備するほか
ありません。
おせちに関しては、昨夜12時過ぎにかカマボコ4切れでコップ酒を
呑んでいた、というのが若干おせち的ではあります。

そんな侘しい年末年始ですが、今年こそ何らかの形で
イッパツ当てたいと思っています。何らかの形で。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)