« 『嫌われる勇気』哲人との会話 | トップページ | 『夢見村にて』妖怪ハンター新刊 »

2014年2月22日 (土)

『know』

know
野崎まど著 早川文庫2013/07刊 おすすめ度:★★★★★

2080年代の京都。人々は「電子葉」と呼ばれる機器を頭に
埋め込んでいます。簡単にいうとPCのブラウザが頭にあって
端末なしで頭の中で瞬時に検索できちゃう、という世の中です。
「知っている」ということは「自分の記憶にある」ことと
「脳内で検索してその場で分かる」ということの両方を指して
いるわけです。
「情報庁」に勤める役人である主人公は、一般市民よりも
深いレベルで検索・アクセスできるエリート。彼が師と慕う
電子葉を発明した研究者は今は行方不明となっています。
その師を追ううちに出会う一人の少女。彼女は世界を変えて
しまう存在なのでした・・・みたいな。

タイトルの「know」は「知る、知っている」と「脳」の
掛け言葉のようです。情報が蔓延し、瞬時に頭の中でアクセスし
何でも知っている世の中で、これ以上何を知ろうというのか?
本の雑誌「オリジナル文庫大賞」受賞作です。さすがに面白いです。
電脳モノというのは、漢字にカタカナのふり仮名いっぱいで
読みにくい気がするのですが、私の脳に埋め込まれた「読書葉」の
おかげですぐに馴染み(笑)、楽しく最後まで読めました。
中盤からサスペンス色が強まり、対決シーンとかがあったりで
そこもハラハラさせられました。
ただ敵に囲まれながらその攻撃をかわして進んでいくくだりは
ちょっとリアリティがどうなのか、イメージ先行で、ニッポンの
アニメ的だなあと思いましたけど。
ラストもなかなかいいですね。
0222know

*****

私にとってつらい季節が来ました。花粉?・・・違います。
オリンピックです!
オリンピック・・・私は出たことないぞ。出ろとも言われていない。
いや、出ろと言われても出ないぞ、出てやるもんか!
あの人たちは、雪や氷の上ですべったり飛んだり何をしておるのか。
雪のおかげで私は仕事で千葉まで行くのに8時間もかかったのだ!
オリンピック選手たちは力が余っているなら除雪を手伝え!

・・・全国民に怒られそう。
全国民、見てないブログだから大丈夫。
それくらいまったく少しも完璧にオリンピックに興味ありません。
ニュースつけたらオリンピックの話ばかり。
千葉のビジネスホテルでTVつけてもそればっかりで、すぐ消して
おかげで読書が捗った!と言いたいところだが深酒するだけでした。
スーパーの見切り品のお惣菜を肴に深酒する方もする方です。

サッカー、野球、ゴルフ、相撲・・・スポーツと名のつくものに
まったく興味がないので、その祭典なんて、嫌いな食材だけ集めて
鍋で煮たようなものです。具体的には、いかの塩辛、かにみそ、
レバニラを煮て、生卵でいただく、そんな鍋です。

↓ランキングボタン押しに参加することに意義があります。


本・書籍 ブログランキングへ

« 『嫌われる勇気』哲人との会話 | トップページ | 『夢見村にて』妖怪ハンター新刊 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『know』:

« 『嫌われる勇気』哲人との会話 | トップページ | 『夢見村にて』妖怪ハンター新刊 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)