« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月19日 (水)

『眠りの庭』ファムファタール小説

眠りの庭
千早 茜著 角川書店2013/11刊

2編を収めた中編集です。ストーリーは以下のコピペでどうぞ。
「アカイツタ」
美大を卒業した萩原は、美術評論家の真壁教授の紹介で、
女子校の臨時教員として勤めることになる。
やがて萩原は真壁教授の娘・小波に惹かれていくが、
彼女には誰にも言えない秘密があった…。
「イヌガン」
家電メーカーに勤める耀は、年上の彼女、澪と一緒に
暮らして3年になる。しかし、澪がときおり漏らす本音と
怪しい行動に、耀は少しずつ不安を抱いていく。
ある日、澪を尾行した耀は、思いがけない場面を目撃する。
過去を背負った哀しき女と、彼女に囚われていく男たち。
0319

2編ともファムファタールもので、2編はリンクしています。
ミステリっぽいのですが、ひんやりジメジメ退廃系文学です。
表紙の絵がすばらしいですね。スーパーリアルです。
すばる新人賞、泉鏡花賞作家だそうで、直木賞候補にもなっており
今後ブレイクする作家さんかもしれません。私は初読でした。
この本をチョイスしたのは、こちらの記事(Web本の雑誌)から。
興味を持たれた方は↓の書評をどうぞ。
http://www.webdoku.jp/newshz/sugie/2013/12/06/203049.html


*****

先日、車で信号待ちしていると、かすかにフルートの音色が。
見ると隣で停車している運転席の女性がフルートを吹いている!
信号待ちの短い時間を利用して練習!しかもフルート!
「のだめカンタービレ」でも、バスの中でピアノの運指を
練習するシーンがあったが・・・フルート吹いちゃいますか!
確かに車は密室だし、窓を閉めていれば音は洩れにくいので
練習場所としては悪くない。サックスやギターの練習には狭いが
フルートならできそう。でも信号待ちでやるかな。
今から何かのコンクールに行く途中で、おさらい・・・とか?

運転しながらそれしますか!シリーズその2。
ずいぶん前ですが、タクシー運転手が果物ナイフでリンゴを
剥いているのを目撃しました。これも信号待ち。
危なくないか?果汁でベタベタでハンドル握るのか?
衛生的にどうなんだ?皮ごと食べればいいじゃないか!?
ていうか、家で食えよ!そんなに今すぐ食べたいか???
何かの病気で1時間に1個、リンゴ食わなきゃ死ぬのか?

確かに、車の運転中は他にすることがなく、あとはラジオを
聴くか、もうちょっと生産的なことなら英会話のCDを聞くか。
中には停車中に本を読む人もいるようですが、酔ってしまうし
基本的にはヒマです。
私は停車中に、音楽に合わせて「エアードラム」を叩くことが多く
これをやり始めてから、運転中に襲われることが少なくなりました。
右手は見えないハイハット、左手はスネア。サビの手前ではおかず
(フィルイン)も入れて、見えないシンバルをジャーンと叩きます
(ただ足はブレーキ踏んでいるのでバスドラムはなし)。
皆さんもお試しください。ただし歩道に人が多いときは、
控えましょう。変な人に思われて、よその人のツイッターのネタに
されてしましますよ。

↓信号待ちの時間を利用してひと押しお願いします。


本・書籍 ブログランキングへ

2014年3月13日 (木)

『怒り』前歴不明な男たち

怒り』上下巻
吉田修一著 中央公論新社2014/01刊 おすすめ度:★★★★☆

ある夫婦が惨殺され、現場には「怒り」の血文字が残されていた。
犯人は指名手配されたものの、その行方は未だ知れない・・・。
事件の後、3人の素性の知れない男が、人々の前に現れる。
漁村で暮らす父と家出から戻った娘。男は漁港で働き始め、やがて
娘とねんごろになる。
一方、こちらはゲイの青年が拾って自宅に住みついた男。
理由ありで沖縄の島に移住した娘と出会ったバックパッカーの男。
それぞれ前歴の不明なこれらの男のいずれかが、殺人犯なのか・・・?

ミステリと呼ぶには、謎解きも何もないので、ふさわしくないです。
最初に起きる殺人事件はドラマを成立させるトリガーのようなもので
3つの異なる場所で、異なる境遇を生きる人々と、前歴不詳の男とが
出会い、そこから生まれるドラマが、群像劇として描かれています。
パズラー的な推理ものではありませんが、じっくり読ませる内容と
なっています。
0313

*****

皆さん、消費税上がる前に何をお買い上げでしょうか。
まずはタイヤです。タイヤキではありません。車にはまず
タイヤがないと走りません。エンジンだけでもムリです。
タイヤさえあれば、あとはフォースの力で何とかなるものです。
車のディーラーに、タイヤがツルツルになっていて、
次の車検は通りません、と脅されて買い換えました。
それから洗濯機。10年前に買ったものの動きがいかにも怪しい、
本田博太郎並みの怪しさであると、妻からの脅しで買い換えました。
やはり白物家電はかけこみ需要が多いのか、届くのが4月に
なるようです。
さらに消費税はかかりませんが、私のほうの甥が大学生、
姪が高校生、妻のほうの甥が小学生と、この黒い3連星による
ジェットストリーム入学祝いアタックにより、大打撃です。
うちは子供がいないので、これらの支出に対して、先方から
倍返しだ!とはならず、正月だの進学だののタイミングで
まるで税金のように徴収される一方なのです。
私の子供嫌いもこのあたりに理由があるのかも知れません。
おまけに私のほうの両親が「もう老い先短いし、揃って旅行に
行きたいわ~」などと浪花節を交えて言ってくるし、
某バンドのコンサートに神戸に泊りがけで行くことになったし、
税金以上にモノ入りな春なのです。

ということで、私が積ん読本を何冊か仕入れてくるなんていうのは
もうほんの僅かな出費にしか過ぎませんよ!
5%税率のうちにあのミステリも、この文庫も買っとくんですよ!
こんなの、全体から見れば大したことじゃないですよ!そうそう、
あれですよ、あれ、アベノミクスとかいうやつですよ!
(誰に向かって叫んでいるのか)

↓いつもより3%余分の力を込めて押して下さい。


本・書籍 ブログランキングへ

2014年3月 6日 (木)

『キック・アス2』どつかれて痛い

『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』

ヒットガールちゃん(ミンディ)もハイスクールの1年生。
周りから若干浮いている。父親代わりの後見人からも
ヒットガールの封印を命じられ、揺らぐアイデンティティ。
しかしキック・アスは本物のヒーローを目指して、彼女に
訓練を申込み、チームを組もうと持ちかける。
乗って来ないミンディちゃんにしびれを切らした
キック・アス君は、ジム・キャリー演じる「大佐」のチーム
「ジャスティス・フォーエバー」に参加する。
もとギャングである大佐の自警団活動は結構本格的で、またも
世間の注目を浴びるキック・アス。しかし彼を逆恨みする
マフィアの息子「レッド・ミスト」は「マザー・ファッカー」と
名を変え、本格的に世界から殺し屋やゴロツキを集め始めていた。

*****
前作の「学生がヒーローのコスプレでバカやってるうちに
本物の事件に巻き込まれる」的なバカバカしい感じは減り、
この続編は結構マジ路線で、暴力描写も痛いです。
「マザー・ファッカー」というバカ息子も、バカを通り越して
殺し屋を集めてはいかんでしょう。殺し屋のうち、写真の
この国村隼似の女殺し屋がとんでもなく凶暴です。
0306kick

こんなのが暴れては、ちょっとマッチョになっただけの
コスプレヒーローなんてひとたまりもないわけで、
後半は格闘アクション映画と思って見るしかないです。
マザー・ファッカーも「キック・アス憎し」だけの動機で
金の力で殺し屋軍団結成って、キック・アスも、はた迷惑な。
あ、そういえばバットマンもそういうところあったなあ。
バットマンがいるから、それを倒そうと凶悪な敵が現れると。
そういうのでちょっと悩んだりとか。

X-MENとかそういう超人がいくら殺し合いを演じても別に何も
感じませんが、キック・アス軍団は生身の一般人だと思うと
棒でどつきあうだけで、何だか見ていて痛いんですよね。
軍団どうしの戦いは、少年チャンピオンの「学校どうしの抗争」
みたいな、あの手のマンガみたい。まあ、それでも日本のマンガは
殺し合いにはならないわけで(少年チャンピオンでも)。

見所はヒット・ガールことクロエ・グレース・モレッツちゃん
でしょうね。ちょっと下がり眉で、くにっとした唇の形とか
あえてボインでないところも逆にいい(何を言っているのか)。
ここはもうドMになって、蹴ってもらうしかないでしょう。

↓このランキングボタンもHITしてね!


本・書籍 ブログランキングへ

2014年3月 3日 (月)

『夢見村にて』妖怪ハンター新刊

『夢見村にて~妖怪ハンター稗田の生徒たち(1)』
諸星大二郎著 集英社ウルトラYJC2014/02刊

主人公は考古学者・稗田礼二郎の教え子たち、という設定。
稗田も活躍はないけど、ちょっと登場。
旅人の夢を買ったり、あげくは盗んだり、という奇妙な習俗を
調査に来た青年が巻き込まれる事件「夢見村にて」。
夜中に海から現れたのは、海女をしているという中学の同級生。
彼女は過酷な修行のある海女小屋から逃げ出してきたという。
しかし不気味な怪物のような「悪魚」に誘われるように再び海に
姿を消してしまう。排他的な海女の村で見たものは・・・という
「悪魚の海」の2編を収録した諸星センセの最新作。

無理やり1冊になっているけど、2作品は別にシリーズものでは
ありません。でもまあいいや。新作が読めれば。再編集ものが
最近は多いですからね。

ところで、海洋堂から5月に諸星作品のがちゃがちゃが出る
らしいですよ。400円とちょっとお高めだが、目指せコンプリート!
やはり一番欲しいのは「ヒルコ」ですかね。この造形。考えられない
形ですね。これはダリの「内乱の予感」から発想されたそうですが
おぞましさではナンバー1ですね。ハズレは稗田センセかな(笑)。

0303



パート2のラインナップを勝手に考えると

通臂公(西遊妖猿伝):手が伸びるアクションキャラ。元祖ルフィー。
開明獣(孔子暗黒伝):体はライオン、顔はひげのおじさん。
視肉とそれを食う子供(同上):食べ飽きない感じのお肉の塊。
オオナムチ(暗黒神話):縄文模様の怪物。手はズゴックふう。
段先生の奥さん(栞と紙魚子シリーズ):今でいう壇蜜。
宇宙飛行士がぐにゃっとしたやつ(生物都市):当時トラウマに
なる子供が多かった。

やはり、一番欲しいのは段先生の奥さんでしょうか(笑)。
全体像が分からないけど(笑)。

↓みんな、らんきんぐぼたんさ、押すだ!

本・書籍 ブログランキングへ

 

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)