« 『怒り』前歴不明な男たち | トップページ | ビブリア古書堂4・5続けて読了 »

2014年3月19日 (水)

『眠りの庭』ファムファタール小説

眠りの庭
千早 茜著 角川書店2013/11刊

2編を収めた中編集です。ストーリーは以下のコピペでどうぞ。
「アカイツタ」
美大を卒業した萩原は、美術評論家の真壁教授の紹介で、
女子校の臨時教員として勤めることになる。
やがて萩原は真壁教授の娘・小波に惹かれていくが、
彼女には誰にも言えない秘密があった…。
「イヌガン」
家電メーカーに勤める耀は、年上の彼女、澪と一緒に
暮らして3年になる。しかし、澪がときおり漏らす本音と
怪しい行動に、耀は少しずつ不安を抱いていく。
ある日、澪を尾行した耀は、思いがけない場面を目撃する。
過去を背負った哀しき女と、彼女に囚われていく男たち。
0319

2編ともファムファタールもので、2編はリンクしています。
ミステリっぽいのですが、ひんやりジメジメ退廃系文学です。
表紙の絵がすばらしいですね。スーパーリアルです。
すばる新人賞、泉鏡花賞作家だそうで、直木賞候補にもなっており
今後ブレイクする作家さんかもしれません。私は初読でした。
この本をチョイスしたのは、こちらの記事(Web本の雑誌)から。
興味を持たれた方は↓の書評をどうぞ。
http://www.webdoku.jp/newshz/sugie/2013/12/06/203049.html


*****

先日、車で信号待ちしていると、かすかにフルートの音色が。
見ると隣で停車している運転席の女性がフルートを吹いている!
信号待ちの短い時間を利用して練習!しかもフルート!
「のだめカンタービレ」でも、バスの中でピアノの運指を
練習するシーンがあったが・・・フルート吹いちゃいますか!
確かに車は密室だし、窓を閉めていれば音は洩れにくいので
練習場所としては悪くない。サックスやギターの練習には狭いが
フルートならできそう。でも信号待ちでやるかな。
今から何かのコンクールに行く途中で、おさらい・・・とか?

運転しながらそれしますか!シリーズその2。
ずいぶん前ですが、タクシー運転手が果物ナイフでリンゴを
剥いているのを目撃しました。これも信号待ち。
危なくないか?果汁でベタベタでハンドル握るのか?
衛生的にどうなんだ?皮ごと食べればいいじゃないか!?
ていうか、家で食えよ!そんなに今すぐ食べたいか???
何かの病気で1時間に1個、リンゴ食わなきゃ死ぬのか?

確かに、車の運転中は他にすることがなく、あとはラジオを
聴くか、もうちょっと生産的なことなら英会話のCDを聞くか。
中には停車中に本を読む人もいるようですが、酔ってしまうし
基本的にはヒマです。
私は停車中に、音楽に合わせて「エアードラム」を叩くことが多く
これをやり始めてから、運転中に襲われることが少なくなりました。
右手は見えないハイハット、左手はスネア。サビの手前ではおかず
(フィルイン)も入れて、見えないシンバルをジャーンと叩きます
(ただ足はブレーキ踏んでいるのでバスドラムはなし)。
皆さんもお試しください。ただし歩道に人が多いときは、
控えましょう。変な人に思われて、よその人のツイッターのネタに
されてしましますよ。

↓信号待ちの時間を利用してひと押しお願いします。


本・書籍 ブログランキングへ

« 『怒り』前歴不明な男たち | トップページ | ビブリア古書堂4・5続けて読了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『眠りの庭』ファムファタール小説:

« 『怒り』前歴不明な男たち | トップページ | ビブリア古書堂4・5続けて読了 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)