« 『センセイの鞄』さすがにイイネッ! | トップページ | 五行先生日記① »

2014年5月19日 (月)

竹内雄紀『オセロ』これは絶対面白いです!

『オセロ』
竹内雄紀著 ハルキ文庫2014/01刊 おすすめ度:★★★★★

広告代理店の冴えないクリエイティブディレクター・岸田さんが
ある朝目覚めたのは、三十数年前の自分の部屋だった。
他界した父親が生きていて、母親も若返っている。
一方、中学生・岸田くんがある朝洗面所に飛びこむと、
四十代くらいの中年が鏡に映っていた。
彼らはそれぞれ時をかけ、入れ替わってしまったのか?
(ネットの紹介より抜粋)

2月頃に読んでそのまま紹介していませんでしたが、今頃紹介。
面白くなかったのではなく、ものすごく面白かったのです!
が、うまいこと紹介してやろうと思っていてそのままに・・・。
バックトゥザフューチャーかよ?と思うなかれ!
おじさんサイドと中学生サイドの話が交互に描かれるのですが
問題は中学生14歳(中身は中年)の岸田君のほう。
中年14歳~♪ SAY!中年14歳~♪(©岡村靖幸)
岸田君には当時親友のドラと、気になる下級生の女子が。
30数年後の3人の関係はどうなってしまっているのか、
中学時代には何が起きたのか・・・という謎を引っ張りながら
ころころ入れ替わる少年・中年サイドの話はさながらオセロの
駒のごとし・・・というもの。
この本、あまりにも面白いので、どこかの書店が、いわゆる
「しかけ」をして、それを出版社が煽って、ヒットするのでは
と思いましたが、今のところその気配はなし。読書メーターでも
ユーザーが案外少ない。著者の知名度が低いせいもあるけど
もっと読まれていい本なのになあ。
ということで、皆さん買ってください。
0518

*****

5月といえば、そろそろ諸星大二郎がちゃがちゃが出る頃。
久しぶりに、おらもぱらいそさ行ぎたぐなり、古本屋で
妖怪ハンター地の巻』(文庫版)を購入してしまうだ。
第1話「黒い探究者」を読むだ。ヒルコ様の祟りじゃあ。
「見ろ、これも禁断の場所を侵した報いだ!」
お父さん、それは見せちゃダメ・・・。息子も卒倒するわ。

↓しかれどもランキングボタンの押したるを亀乃手命
(かめのてのみこと)なお喜びたるに順位UPなりき。


本・書籍 ブログランキングへ

« 『センセイの鞄』さすがにイイネッ! | トップページ | 五行先生日記① »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹内雄紀『オセロ』これは絶対面白いです!:

« 『センセイの鞄』さすがにイイネッ! | トップページ | 五行先生日記① »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)