« 五行先生日記7 | トップページ | 五行先生日記8 »

2014年6月 8日 (日)

『バスカヴィル家の犬』

バスカヴィル家の犬 シャーロック・ホームズ全集⑤』
アーサー・コナン・ドイル著 河出文庫2014/04刊

ムア(荒地)の中にある旧家バスカヴィル家には、呪われた伝説が
あった。悪名高い領主がさらってきた娘が館を逃げ出したとき
それを追った領主が、巨大な猟犬に食い殺された、という事件だ。
バスカヴィル家の新たな当主となるヘンリーの父親は、館の付近で
謎の急死を遂げ、その周囲には巨大な犬のものらしき足跡があった。
急死の謎と新当主の警護を依頼されたホームズとワトスンが、
魔犬の謎に迫る。

ホームズの4作あるうちの長編のひとつ。
物語の冒頭に語られる魔犬の伝説、そして荒地、古代人の住居跡、
底なし沼といったおどろおどろしい舞台、そこに響き渡る魔犬の
遠吠えと、日本で言えば横溝ミステリのような不気味さがあります。
本編はホームズの登場シーンは少なく、ロンドンを離れられない
ホームズに代わって、ワトスンが新当主の警護に当たりながら、
調査をしてホームズに報告する、というつくりになっています。
まあ、ホームズが直接事件に当たって、いつものようにホイホイ
推理して謎を解いてしまったら、長編にはならないので、ワトスンの
頭脳でちょうどいいわけですが。
この全集には長~い注と解説、訳者あとがき(全部で90ページくらい)
があるのですが、特に訳者あとがきが面白いです。そこでこの物語と
ドイルの家庭環境の相似について、フロイト的な解釈を試みていて
(そういう説が前から日本にはあるらしい)興味深く読みました。
0608

*****

さてレビさん以外にはめったにコメントがつかない、人気のない
当ブログにも、なぜか『オセロ●○』という本についての記事だけには
やたらとコメントがつくので困っています。日本語と、英語で3つも
コメントがついたので、スパムと思って消したのですが、次には
フランス語、そしてイタリア語、また英語が2つ、つきました。
思うにこの「●○」という記号に何かあるのでしょうか?
伏字っぽいので、何かスケベな記事というふうに、スパム送信マシン
(そういうのがあるのか?)に認識されているのかも?
そのコメントの主へのリンクをクリックしたことはないですが、
クリックするとどこに連れて行かれるのでしょうかねえ?
ということで、この後コメントは消してしまいますけど。

あ、断っておきますが、普通のコメントは歓迎ですので、
お気軽にどうぞ。


本・書籍 ブログランキングへ

« 五行先生日記7 | トップページ | 五行先生日記8 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

なるほど。

しかし、まだ、全世界からかめのてさんが必要とされているという可能性は
残るかもしれません。
もちろん、私を含めて。

このブログの面白さをわからない人は
世界で活躍はできないでしょう。

いよいよ、
バスカビル家の犬ですね。

ホームズはいらない気がしますよね。
雰囲気も違うし。
人気作家になれたらうれしいかもしれないけど
おいたちまでいろいろ言われるのはいやだな。

だからならない。(笑)

そうこうするうちに、また新たな英語コメントが。
パスタソースの作り方、というのと
ルイヴィトンのバッグの販売者を褒め称えるもの。
幅広い業界からのコメント、ありがとうございます。
私が世界のパスタ王、と呼ばれる日が来た暁には
レビさんを、カリフォルニアにある私のパスタ御殿に
招待したいと思います。

うわ、英語コメント2件を削除して、自分のコメントを
書いているうちに、次の英語コメントが入っている!
今度はオーク材についての・・・何か林業に関するもの?
WOOD JOB!

はじめまして。
私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

トップページ
http://www.dokusho-log.com/

こちらでメンバーたちのやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.dokusho-log.com/rc/

また、本を本棚に入れていくだけでグラフが作れます。
http://www.dokusho-log.com/profile/dokusholog/

読書が好きな人同士、本の話題で盛り上がっています。
もしよろしければ遊びにきて頂ければと思います。

よろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『バスカヴィル家の犬』:

« 五行先生日記7 | トップページ | 五行先生日記8 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)