« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

『セブン』命がけの数字ゲームが白熱

セブン
乾くるみ著 角川春樹事務所2014/06刊 おすすめ度:★★★★☆

数字の7をテーマにした7つの短編集。
必ず『イニシエーション・ラブ』の、という枕詞のつく著者。故に
今回も単なる短編集ではなく、一筋縄ではいかない作品ばかり。
特にロジカルな最初と最後の2編には、脳みそがホカホカになること
請け合いです。
1編目の『ラッキーセブン』は、トランプを使った数字ゲームの話。
最初は1人ずつ敗退するというゲームのはずが、負けたら死ぬという
ルールに変更。命賭けの頭脳戦になるというもの。それだけに相手の
裏の裏を読む心理戦がすごいです。
7編目の『ユニーク・ゲーム』もまたデスゲームで、捕虜になった
7人の兵士たちが、一人でも多く生き残れる選択肢を目指して知恵を
絞るプロセスが面白いです。

すごい数字に強い、ロジカルな頭脳をした作家なんだなあ、と思って
著者紹介を見ると、理学部数学科卒の方。こんなのを書けるのは、
この人か森博嗣くらいしか思いつきません。
0731

*****

孤独のグルメ』シーズン4が放映中ですが、相変わらず見ていて
飽きないですね。ただ中年のおっさんが初めて行った店で飯を食う、
という番組です。店は実在の店で、そこを借りて、そこの主人や
従業員に近い人が役者として登場します。松重豊のモノローグが
楽しいですし、実にうまそうに食べる。あれを見るとマネして
「あの、すいません」と手を挙げて、「あれと、これと・・。あの、
あれは何ですか?・・・ああ、じゃあそれも下さい」そうすると
どんどん運ばれてきて「わあ、何だかすごいことになっちゃったぞ」
みたいなことをしてみたいですが、どうも食に対する貪欲さが無い。
先日もデパ地下で自分の夕食を買おうとしたのですが、どれも
うまそうですし、値段も外食に比べれば安いものですが、実際に
買おうと思うと「う~ん、コンビニで揚げ物でも買ってビールでも
飲むか・・・」と結局食欲がしぼんでしまい、粗末な食卓になって
しまうのでした。多分、食の細さとこだわりのなさは、宇宙飛行士に
向いているような気がします(そこだけね)。毎日宇宙食でも案外
気にならない人かも知れません。
なんか人生損しているような気もしないでもないです。

↓なになに、ランキングボタン?そういうのもあるのか。


本・書籍 ブログランキングへ

2014年7月28日 (月)

『複製された男』不条理サスペンス

はい、みなさんこんばんは。N・淀川です。
今夜ご覧なるのは『複製された男』。ちょっと変わった映画ですよ。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ、カナダの監督が撮った、サスペンス?
いや、何ともシャンル分けができないような、そんな不条理劇。

最初に映し出されるのは、怪しい会員制のクラブのようなところ。
淫らな女性たちが男たちに品定めされているような場所。
その中にいるヒゲの男、役者はジェイク・ギレンホールですね。
今回、この男は2役をしています。
まず最初に登場する男は、大学で歴史を教えている教員ですね。
美人でセクシーな恋人がいてるけど、そうガツガツもしないで、
恋人が誘ってきても、学生の答案の採点があるから、なんて
ベッドを断っちゃう、平凡で単調な毎日を送る静かな男。
さあ、この男、ある日同僚から映画を勧められて、レンタルした
映画を見ていると、何かひっかかりました。画面にちょっとだけ
出てくる端役の男、なんや自分にそっくり、瓜二つ。インターネットで
調べたりして、この役者と接触しようとするんですね。
当の役者もいきなり、顔も声もそっくりの男につきまとわれて、何とも
まあ、気味が悪い。でもこっちの男もやっぱり相手が気になってきた。
何から何までそっくり、ただ境遇と性格はちょっと違う、この2人の男。
どっちかが本物でどっちかがニセモノ?いや双子なのか。それとも
同じ人物が2重生活をしている?そしてときどき現れる不気味な蜘蛛。
さあ、今夜はじっくり頭をひねりながらご覧なさいね。きっともう1回
見たくなりますよ。

『複製された男』
監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演/ジェイク・ギレンホール
メラニー・ロランサラ・ガドン おすすめ度:?????

カフカ的な?(といっても、カフカは読んだことなかったなあ)
安部公房的な、匂いのする不条理劇。実はこんなことでした、みたいな
種明かしは一切ないので、どこまでを事実、どこからが妄想、
どれが象徴的な表現として画面に出してきたのかは、考えながら見る
しかない、そういう映画です。
画面は漂白したように、白茶けていて、さむざむしいいです。
人工的で血の通っていない建物や街並が、クローネンンバーグ
初期作品を思わせます(同じカナダの監督のせいか)。
万人にはお勧めしません。特にうちの奥さんには。
3分で熟睡する可能性は80%です。

↓いや~。ランキングボタンって本当にいいもんですね。
 ではまた次週、お目にかかりましょう。


本・書籍 ブログランキングへ

2014年7月24日 (木)

痛くもない胸を探られる

<前回までのあらすじ>
健康診断の胸部レントゲンで「左中肺野肺内病変孤立性結節影」が
発覚したかめのて氏。思わぬスキャンダルに揺れた中部地方では
女子バレーボール部を中心に、朝練の最中から、その話題で
持ちきりであった。
スネに傷、腹にイチモツあるかめのて氏にも、胸には何もなく、
キレイな自信があった。特に鎖骨から胸の谷間にいたるデコルテの
ラインのセクシーには定評があり、街をゆく人が振り返る確率は
87人中34人はあったと魏志倭人伝に今も伝えられている。

さて、2次検査で生れて初めてCTスキャンを受けたかめのて氏は
日頃の鍛練と、宇宙エネルギーの霊的パワーにより検査を乗り切り
CTスキャンのシャッターに向かってピースサインをするほどの
余裕まで見せた(シャッターらしきものは見当たらなかった)。
しかし問題はCTスキャンの料金であり、オクトーバーフェストに
3回も行ったかめのて氏の財布の中身は、いかにも乏しかった。
果たして4,620円という「チェーン店ではない、ちょっといい感じの
飲み屋で飲んだ感じ」の微妙な値段設定に、なんとか支払を終え、
これで今年も何とか年を越せる、正月のモチ代も多少残った、と
安堵したのも束の間、検査結果はまた後日という医者のあざとさに
呆れるのだった。
「ご家族の方を呼んで下さい。あと着替えとパジャマのご用意を」
とでも言おうってのか、このヤロウ、と憤りつつも、ナースの
お姉さんのうなじに、ムダに劣情を催すかめのて氏だった。

・・・それで本日。
「これが最初のレントゲン写真です」と医者に見せられる。
「ここの肋骨の部分なんですが、ほらここに白い塊のようなものが
見えますね」
うん、まあ、なんか見えるっちゃあ、見えるけど、これが何か?
「こちらがCTスキャンの映像なんですが」とモニターに映し出した
のは、TVの健康番組でお馴染みの輪切り映像。こんなに撮って
いたのか、というくらい小刻みに撮られている。
「この白いモヤモヤしたものは・・・」
ああ、そのモヤモヤしたものは一体何なんだ!!
「血管でして」ああ、そう。
「この大きい丸いのが、気管」はあ。
「で、まあ、全体を見て、それらしいものもありませんので、まあ
特に問題はないようです」
ではあのレントゲンに映った白いアレはナニですか?
「骨と血管が重なって、あのように白く映ったようですね」
・・・あの、それはCTやらなくても、レントゲンの段階で、
骨&血管コンビだというのは、分からなかったのでしょうか?
「まあ、それはですね、CTの精密な画像が、ナニでアレでしてね、
まあそのゴニョゴニョ・・・」

なんかこう「葉っぱが重なって人の顔に見えなくもない心霊写真」を
見せられたような、だからナニ?的な、やるせなさを抱え、家路に
着いたのでした。まあ、病気じゃなくてよかったんですけどね。
でもなんかね。せっかくならチェーン店ではない、ちょっといい
感じの飲み屋で4,620円ぶん、飲みたかったなあ、というのが
本日の感想です。医者って儲かるんだなあ。

↓人工心肺接続!ランキングボタン200mg注入!


本・書籍 ブログランキングへ

2014年7月15日 (火)

五行先生日記13

先週、ドイツビールの祭典「オクトーバーフェスト名古屋」で
妻と友人で飲んでいると、知らんおっさんAが話しかけてきて
一緒に飲んだ。昨日また妻と友人がそこで飲んでるとAさんがまた
現れて飲んだという。さらに未知のB&Cさんが合流して盛り上がった
らしい。恐るべしオクトーバー&酔っ払いパワー。今週もう1回行こう。


本・書籍 ブログランキングへ

2014年7月13日 (日)

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

はいみなさん、こんばんは。N・淀川です。
今夜ご覧なるのは『オール・ユー・ニード・イズ・キル』。
なんと日本の小説が原作の、ハリウッドSFアクション大作ですね。
主演はトム・クルーズ。宇宙人の侵略に対して戦う兵士の役と言えば
いつものマッチョなヒーローのトムが、ばったばったとエイリアンを
やっつけていく・・・と思ったら、あら今度はまあ、違いますね。
この男、もとは広告代理店で、実戦がダメだから軍の広報担当に
なったという男。従軍カメラマンになって、最前線の報道をやれと
命令されて「ぼくは実戦経験もないし、指を切っただけでも失神して
しまうのでダメです」なんて断っちゃう。そのせいで、脱走兵の
扱いで、2等兵に落とされて、結局は最前線に送られちゃう。
「銃の安全装置はどうやったら外れるの?」とか言っているうちに、
もう、あっと言う間に殺されちゃった!・・・と思ったら・・・
目が覚めて、1日前の基地の中。昨日と同じセリフを基地のみんなが
繰り返してる。いったい、どうなったんやろか。
さあこの男、死んでも死んでもまた1日前に戻る体になっちゃった!
いっぺん経験しているから、右から来る敵を撃つことができる。でも
次の左から来る弾に当たっちゃう。また死んでイチからやり直し・・・。
まあ、なんとも面白いアイデア。このアイデアをハリウッドがどう
料理したのか、楽しみですね。
アクションに次ぐアクション、さあ手に汗握ってご覧なさいね。

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
監督/ダグ・ライマン 出演/トム・クルーズ、エイミリー・ブラント
原作/桜坂洋(集英社) おすすめ度:★★★★★

0713

すごく面白いアイデアなんですが、見ていて誰しも気づくのは、
「これはシューティング・ゲームそのままだなあ」ということ。
ゲームと同じで、いっぺん死んで、最初からプレイするときは、
敵がどこから出て来るか、どこに弾薬があるか、とか知っているので
2回目はもっとスムーズに先へ進める(また死ぬ)と。そして
最後にラスボスをやっつける、というのをストーリー化したもの。
誰でも思いつきそうで、思いつかなかったアイデアを小説に仕上げ、
かつハリウッドの目に留まったのはニッポンの快挙ですね。
これは邦画では絶対ムリ。

兵士はパワードスーツを着て戦い、敵の「ギタイ」はクモヒトデの
ような足いっぱいの怪物。最初はSFアクション史上最弱のヘタレ
ヒーローが、百戦錬磨(毎日死ぬけど)で、場馴れして、どんどん
強くなっていくところも楽しい。このループ状態の唯一の理解者に
美人兵士を配して、毎日会ううちに(実際は1日しか会ってない。
毎回死んじゃうので)芽生える相手への想いも、この殺伐とした
話に、いい潤いになっています。


本・書籍 ブログランキングへ

2014年7月11日 (金)

『貘の檻』暗重~い良質ミステリ

貘の檻
道尾秀介著 新潮社2014/04刊 おすすめ度:★★★★☆

ファミコンが流行していた頃の、数十年前の話。
主人公の大槇は、心の病で職を失い、離婚もして、一人息子と
たまに面会をして・・・という絶望の日々で死を決意していた。
そんなとき自分の目の前で、一人の女が駅のホームで転落死する。
それは彼の父が容疑者となった殺人事件を機に、行方不明になって
いた女だった。真相を求めて、一人息子とともに故郷の村を訪ねた
大槇であったが・・・。 

主人公が自死を決意しているくらいなので、やたら暗いです。
しかも父親が殺人事件の犯人とされたまま死んでしまい、故郷を
追われるようにして母とふたり生きてきた、という生い立ちが
これまたどんよりムードを最大限に演出します。
駅のホームでの女の死、32年前に父親が起こした事件、さらに
訪れた故郷の寒村で今また起きるいくつかの事件、そして彼の
悪夢の元凶となっている禍々しい記憶・・・と、幾重にも重なる
事件の真相がほぐされる終盤は、なかなかの切なさであります。
ミステリ的にも文学的にも優れた作品ですが、
暗さに負けて★4つ。
0711

*****

先日初めてCTスキャンをやってきました。
夭折の天才につきものの、胸の病の検査です。
あ、夭折というには、ちょっと齢を行き過ぎてしまったですか。
CTスキャン・・・非情に不安でした・・・その、値段が(笑)。
まあ、風邪で注射打って、薬もらったらこれくらい、というのは
分かりますが、CTスキャンいくらですか、料金は。
そんな説明もないまま「そこに寝そべって」と言われTシャツのまま
台に寝ると、ドーナツ型の機械の穴の中に入っていって、「はい息を
止めて」とか言われるわけです。痛くも痒くもないんですが。
うい~ん。なんか機械の音がして、どうも撮影したらしい。
ああ、今の断層写真1枚、いくらなの?千円?それとも1万円?
でも医者に値段を聞くのも、寿司屋のカウンターでネタの値段を
聞くようなヤボ感があるし、ああおれの今月の小遣いはあといくら
あるのか、という病気への不安よりも切実な不安が病魔よりも強く
私の心を蝕んでいたのでした。
結局このときは4,630円という高いのか安いのか微妙な値段で
「ちょっと高めの飲み屋に行った感じ」に近いものでした。

それにしても、デジカメ写真でもその場ですぐ見える今日この頃、
あんなごっついドーナツの親玉マシンなんだから、ぱっと結果が
わかるだろうに「来週以降にまた来て下さい。先生が結果をもとに
診察します」とか言うのだ。なに勿体つけているんだ!
教えてくれよ、ケチ!(ケチはおれか?)

↓ランキングが上がるか、下がるか、今夜がヤマです。


本・書籍 ブログランキングへ

2014年7月 8日 (火)

五行先生日記12

忙しすぎて本を読めず。読書感想文もUPできない今日この頃、
かめ画像をUPしてお茶を濁す。写真は今朝かめにエサをやってる
ところです。水槽に直にエサを入れると、食べこぼしで水が汚れる
ので、洗面器であげています。『バケツでごはん』というマンガが
ありましたが「洗面器でごはん」。もう洗面器が狭くなってきた。

0708kame



本・書籍 ブログランキングへ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)