« 『オービタル・クラウド』超大作にして傑作 | トップページ | 好きです!カーボンヒーター »

2014年10月29日 (水)

『水底の棘』虫が事件の謎を教える

水底の棘
川瀬七緒著 講談社2014/07刊 おすすめ度:★★★★☆

法医昆虫学捜査官シリーズの3作目。
第一発見者は、法医昆虫学者で、このシリーズの主人公・赤堀涼子。
東京湾の荒川河口で彼女が見つけた遺体は、虫や動物による損傷が
激しく、身元特定は困難を極めた。
絞殺後に川に捨てられたものと、解剖医と鑑識は推定。が、赤堀は
まったく別の見解を打ち出した。岩楯警部補はじめ、捜査本部は
被害者の所持品から、赤堀はウジと微物から、それぞれの捜査が
開始された!(Webよりコピペ)

このシリーズは初読ですが、特に前作を読んでいなくても読めました。
登場人物は赤堀先生(かなりの変人)と、堅物な感じの岩楯刑事、
その相棒でメモ魔の鰐川刑事。本作の出だしでは赤堀先生の変人ぶりが
描写されており、ユーモアミステリなのかと思いながら読み進めた
ところ、死体を侵蝕する虫については科学的に、そして刑事たちは
地道な聞き込み捜査を進めていくので、むしろリアリティたっぷりの
作品だと分かりました。

赤堀先生は死体を食うウジをはじめとする虫(昆虫だけではない)の
生態などから事件にアプローチする学者。たとえば死体についていた
その虫が孵化する日数とか温度などから、死体がおかれていた状況や
死因を推定する、といった具合です。
作品に登場するXXXXXという虫がどんなものだろうと検索したら
画像が出て「うっ」となりました。見るんじゃなかった・・・。
1029

*****

先週の日曜の昼間、「NHK新人お笑い大賞」という番組を見ており
ました。8組の漫才またはコントの新人が戦い、審査員数名が審査
するというもの。優勝はアイロンヘッドというコント2人組でした。
私としてはピンとここなくて、ふ~んという感じでしたが。
先日のキング・オブ・コントに出ていたチョコレート・プラネット
巨匠も同じネタをやっていましたね。ポテトチップの袋を開ける
業者が来るネタと、競馬新聞でパチンコ玉を包んでおっさんを作る
というシュールなネタ。まあ、2回見るとアレですが面白かったです。
YES-MANというコンビの駅員コントも結構面白かったなあ。
売れないシンガーが電車で忘れた自作の歌詞を書いたノートを
忘れ物センターに取りに来る、というネタ。
しかし!やはり一番面白かったのは、すなわち私の中での優勝は、
審査委員長のきよし師匠です。誉めているのか、けなしているのか
ポイント不明な、さっぱり分からないコメントに司会のフットボールの
2人が突っ込み、きよし師匠が口を開くたびに笑ってしまいました。
さすがにきよし師匠の域に達すると、計算されたボケなのか天然なのか
一生懸命言っているのか、適当に言っているのか、すれすれのラインを
突いてくるので、スゴいです。普通、お笑いでも名人とか大御所とか
言われると、現代のセンスからズレていて、面白くなくなるもの。
きよし師匠は、山の頂上を越えて成層圏にいる感じです。
子連れ狼』のエピソードで、催眠ガスのようなものを嗅がされた
拝一刀が、座ったまま眠ってしまうのですが、そこに斬りかかってくる
侍を眠ったまま居合抜きのように斬ってしまう、という話がありました。
達人の域に達した者は、頭が眠っていても体が殺気に反応して、刀を
無意識に繰り出すということらしいです。
きよし師匠もその域にいると感じました。あの番組をビデオ化して
発売するときは、きよし師匠のコメント部分を集めて4分にして
収録したらいかがでしょうか。

↓メガネ、メガネ・・・おれのランキングボタンはどこいったんや~。


本・書籍 ブログランキングへ

« 『オービタル・クラウド』超大作にして傑作 | トップページ | 好きです!カーボンヒーター »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『水底の棘』虫が事件の謎を教える:

« 『オービタル・クラウド』超大作にして傑作 | トップページ | 好きです!カーボンヒーター »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)