« このミステリーがすごいかもね!2015 | トップページ | 名古屋市熱田「ふじ笑」居酒屋の新店 »

2014年11月11日 (火)

『出版禁止』読者への挑戦

出版禁止
長江俊和著 新潮社2014/08刊 おすすめ度:★★★★☆

著者である長江氏が入手した、掲載されなかったあるルポ原稿。
それは有名なドキュメンタリー作家が愛人である秘書と心中したと
言われる事件の真相を追ったものだった。この原稿の中で記者は
心中の生き残りである愛人の女性にコンタクトをとり、事件の後
沈黙を守っていた女性に、事件の真相を語るように迫る。
心中を偽装した殺人なのか。黒幕による謀殺だったのか。
少しずつ引き出される心中事件の詳細。しかし雑誌に掲載予告
されたものの、結局世に出なかった理由は何故なのか・・・。

「日本全国のミステリ愛好家へ秘密をすべて解ける者、求む!」
という扇情的な帯がついている本書。ネタバレサイトもできている
らしいのですが、まあ、そんなものを見ないで予備知識なしで読むのが
本書の正しい読み方です。最後まで読み通してから、は~そういうこと
だったのね、というのが本書に限らずミステリの醍醐味です。
うちの奥さんなどは2時間ミステリの出演者を見て犯人扱いしたり
しますが、あれは間違いです。「こんなちょっとした役にこの役者が
出るのはおかしい」とか・・・。
というのも私はこの本のメイントリック部分に、ふと気づいてしまい
そこから面白さが半減してしまいました。まあ、メイントリック以外
にも、いろんな謎解きが散りばめられているらしいのですが。
ぜひ勘ぐったりしないで素直に読み進めるのが吉でしょう。
1111

*****
最近買ったCDでちょっといい感じだったのが「赤い公園」という
4人組ガールズバンド。
50前の男がガールズバンド聴いていいですか(違法)。
たまたま千葉のホテルに泊まったときに、ホテルの夕刊がダーター
だったので、夜中にめくっていると、文化欄みたいなページで発見。
小さ目の記事だったのですが気になりました。なんでも記事によると
ひねくった複雑なメロディーが特徴で、作曲をしているギターの子が
「自分で自分の曲を歌えない」そうで(ボーカルは別にいる)、
なかなか面白そうだったのでYOUTUBEでちょっと視聴してから
買いました。9月に出たアルバムで『猛烈リトミック』(何じゃそりゃ)
というタイトルです。まあ、たまにはこういう元気のいい女の子の
歌を聴くのもいいですな。

http://www.youtube.com/watch?v=rIHa1MwSZu0

↑こちらはその中の1曲「サイダー」のPV。
ベースとドラムの子がコントをやっていてカワイイ。

↓全国のブログ愛好家で、ランキングボタン押す者求む!


本・書籍 ブログランキングへ

« このミステリーがすごいかもね!2015 | トップページ | 名古屋市熱田「ふじ笑」居酒屋の新店 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『出版禁止』読者への挑戦:

« このミステリーがすごいかもね!2015 | トップページ | 名古屋市熱田「ふじ笑」居酒屋の新店 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)