« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

『チャッピー』でテンションはMAX!

はい、まあみなさん、こんばんは。
ご無沙汰してます、N・淀川です。

今夜ご覧なるのは『チャッピー』。犬の名前みたいやけど
これはロボットの名前。舞台は南アフリカ、ヨハネスブルグ。
治安の維持のために、兵器会社が作った、警官ロボットを導入してる。
警官ロボットのおかげで町の犯罪も減ったけど、ギャングにとっては
たまったもんじゃない。
ギャングの女は言うんですね、ロボットは機械だ、テレビと一緒で、
リモコンがあるに違いない。それで、この悪党ども、ロボットの
開発者を誘拐しちゃった!リモコンを渡せ!・・・まあそんなもの
あるはずないのにね。
でもちょうどこのとき、ロボット開発者は、人工知能を完成させてて
警官ロボットに人工知能を入れちゃった。
何にも知らないロボットは、まあ犬の赤ちゃんみたいに、すみっこに
隠れて出てこない。さっきまでギャング相手に暴れていたロボットが
まあ、なんとも可愛らしいね。

その一方で、この開発者を妬んでた、別の開発者がおった。
この男を演じるのは、ヒュー・ジャックマンですね。
軍人上がりのエンジニア。戦争バカ、兵器バカですね。
人間が運転するロボット兵器を開発して、これを売り込みたいけど
ロボット警官の存在がジャマ。そんなときに、このチャッピーを
見ちゃったから、これはネタになる、思うんですね。

純真無垢な赤ちゃんみたいなチャッピー。ギャングに育てられ
これじゃ、ろくな大人のロボットにはなれませんね。
さあ、いったいどうなるんやろか。
監督は『第9地区』のニール・ブロムカンプ
ストーリーもアクションも、実に個性的、見事ですね。

『チャッピー』
おすすめ度:★★★★★
監督・脚本・製作/ニール・ブロムカンプ 
出演:デーヴ・パテルシガニー・ウィーバー

*****

またまたヨハネスブルグの埃っぽい町を舞台に、ロボットアクション
やってしまいましたプロムガンプ監督。面白かったです!
チャッピーはCGですが、その動きのもとになる演技をしたのは
『第9地区』の主演シャールト・コプリーだそうです。
なのでロボットの動きが、いかにも人間的で、おびえているときや
すねている(?)感じとか、ボディ・ランゲージの部分でうまく
表現されていて、無骨なロボットですが、見ている人は感情移入
してしまいます。
ギャングたちは根っからの悪党なんですが、女の子が一人いるので
チャッピーに母性を見せる彼女がキーマンとなっています。
ギャングを演じる男女はダイ・アントワードというヒップホップの
グループのラッパーだそうです。なかなかハマっています。
見終わった後は、みんなテンション上がると思いますよ!

↓ランキング・ボタンヲ、押シテクダサイ


本・書籍 ブログランキングへ

2015年5月26日 (火)

『メイズ・ランナー』お好みのイケメンは誰?

メイズ・ランナー
おすすめ度:★★★★☆

ベストセラー小説を、3部作で映画化した第1部。
エレベーターに乗せられた若者が到着した場所は、巨大な壁に
囲まれた平原。そこには数十人の若者がおり、掘っ立て小屋と、
時折エレベーターで届けられる物資で原始的な生活を送っている
世界だった。
若者はようやく自分の名前だけは思い出すが、過去の記憶がない。
この地の若者たち全てが、彼と同じように記憶を消されていたのだ。
壁は一部、門のように開いており、その向こうは巨大迷路の世界。
若者たちは組織化し「ランナー」と呼ばれる俊足の者だけが
迷路を探索して、この地からの脱出の道を探っていたのだが・・・。

SFというよりはファンタジーに近いテイストです。
見ている最中に洋画TVドラマの『LOST』を思い出しました。
『LOST』は、謎の島に不時着した人々が、サバイバルしながら
実は何者かの陰謀でこの島に来ることになった選ばれし者である
ことに気づき・・・という内容でした。あまりに謎が謎を呼び
しかもその謎が1つも解決されないまま次の謎が増えていくので
ついていけなくなり、見るのを止めてしまいましたが。

本作でも、彼らをここに軟禁状態にした組織の存在が示唆され
巨大な陰謀を感じさせるラストで、第2部へ続く、という作りに
なっています。

迷路には謎の怪物がいたり、壁の構造が変化したり、そのピンチを
かいくぐりながら進む、というアクションがあり、且つミステリ的な
要素もあって、そこいらがこの映画の最大の魅力です。
ただ強いて言うと、第1部に欠けているものがあるとすれば
人間ドラマでしょうか。また『LOST』と比較してしまうと
『LOST』では毎回、登場人物の一人一人にスポットが当たり
彼らの過去が語られ、それが今のこの状況にいかにつながっているか
というあたりがドラマチックなのでした。
本作のネックは、登場人物全員に過去の記憶、つまり人物としての
バックボーンがゼロということでしょうか。彼らには思慮深いとか、
喧嘩っぱやいとか、リーダーシップがあるなどの、キャラ立ては
あるものの、バックボーンがない分、人間的な厚みがなく、今のところ
物語のコマでしかない感じです。
第2部以降で、彼らは記憶を取り戻しながら、この境遇に至った経緯や
世界で何が起きているのかを知ることになるのでしょう。
ということで第2部には、そのあたりのドラマ的な広がりに期待ですね。

↓劇場内での、ランキングボタンを押さない行為は法律で禁止されて
 います。ノーモア・ランキング泥棒。


本・書籍 ブログランキングへ

2015年5月23日 (土)

『永い言い訳』早くも今年のベスト1?

永い言い訳
西川美和著 文藝春秋2015/02刊 おすすめ度:★★★★★

主人公の作家・津村は下積み中の生活を支えてくれていた妻をバスの
事故で失ってしまう。悲しみに暮れる夫・・・と言いたいところだが
事故が起きたその時には、女を自宅に引っ張り込んでいる最中で、
妻の死に涙ひとつ見せようとはしない。
同じバス事故の被害者の会で出会ったトラック運転手とは
奥さんどうしが友人関係であり、それもあってこの一家と
付き合いが始まる。
トラック運転手には子供が2人おり、長距離トラックで連日家を
空けねばならず困っているところ、津村は子供の世話を買って出るが
・・・。

北上次郎が本年度の暫定ベストに挙げている作品。
私もこの著者(映画監督)の映画が好きで『ゆれる』『夢売るふたり
ディア・ドクター』は見ています。『ゆれる』の小説版を読んだ時
「映画もすごいが、文才も半端ない!」と驚いたものです。
本作は映画シナリオを小説化したのではなく、シナリオや上映時間の
制約を考えずに、小説として書き始めたものだそうです。

さて感想ですが、文章の端々から飛び出す言葉の棘が痛いです。
著名な作家でTVにも出ている津村であるから、事故の被害者家族の
中でも注目されているのですが、葬儀のあと、自分の髪型が変に
なっていることに気づき、ため息をついたりとか。
自宅に戻った津村は、自分がどう世間から見られているか、PCで
エゴサーチをしていて、ふと見ると妻の遺影が、自分に目を合わさぬ
ように天井を見ていた・・・などというくだりとか。

章立てがわりと短く、それぞれの登場人物の1人称、ときには
三人称に切り替わるのですが、単なるストーリーの説明だけの章は
無くて、それぞれに言葉の地雷やマキビシが撒かれています。
西川監督の演出、映像が言葉になるとこうなるのね、という感じです。

ということで、映画化されるのかどうかは知りませんが、直木賞を
獲ってもおかしくない出来ですので、読んでおきましょう。
0523


*****

読んでおきましょう、などと言いつつ、今週は5日間、社用車の
レジアスに乗りっぱなし。汗と埃にまみれて、帰ってきたら
ビールをガブガブ飲んでバタリと寝ては、翌朝早く出るという毎日で
本なんて読めやしない!(この本は先週読んだものです)
それでもまだ体を動かしている間はいいほうで、デスクワークを
しているとイライラで体中が痒くなり、背中やら尻やら腕やら、
足の甲から手の指先までが痒い。今日は休みですが、たまった
デスクワークを片付けに会社に行くので、またボリボリと
掻きまくってしまうかも。
私の近くの席にはイラつくと舌打ちする癖の人がいて、この人も
最近、舌打ちの回数が増しています。
チェッ、チッ・・・ボリボリ・・・チェ!・・・ボリボリ・・・。
嫌な席だなあ(笑)

↓お疲れモードにランキングボタン100mg配合のこちらをどうぞ!
 医薬部外品です。


本・書籍 ブログランキングへ

2015年5月18日 (月)

『寄生獣 完結編』原作ファンも満足の出来

寄生獣 完結編

前編のあらすじ
謎の寄生生物が人類の頭を乗っ取り、自在に変化する「頭」で
人間を殺して食べていた。
主人公・泉新一(染谷将太)には右手にミギー(阿部サダヲ)が寄生。
彼の通う高校に、寄生生物の教師「田宮涼子」(深津絵里)と
生徒「島田秀雄」(東出昌大)が転校して来る。
島田は正体を暴かれ、学校内で大量虐殺事件を起こすが、新一と
ミギーのコンビに倒される。
新一の母親(余貴美子)も寄生生物に乗っ取られ、新一も瀕死の
重症を負うが、ミギーに体を修復され復活し、復讐を果たす。
田宮涼子は実験として子供を作り育て始める一方、市役所を
寄生生物のコロニーとすべく組織化を図っていた・・・。

ということで完結編は、人間に子供を奪われた田宮涼子が、
子供を奪い返しに行く、動物園でのシーンがよかったですね。
私は正直、原作のクールな田宮涼子に、深津絵里はちょっとイメージ
違うかなあ、と思っていたのですが、哲学的な独り語りのシーンは
なかなか泣かせました(ちょっと涙目になってしまった)。

最強ラスボスの後藤との対決は、原作の不法投棄のゴミ山から
ゴミ処分場に変更され、より派手なアクションとなっていました。
また後藤が語る、寄生生物の存在理由が、原作と違っていて
そこもいい変更だと思いました。
ただゴミ処分場に逃げて、宿直室の様なプレハブ小屋に隠れていた
新一に里美(橋本愛)が会いに駆けつけるというのはちょっと
ムリがあるかなあ(タクシーで来たのか?)。
そのプレハブ小屋で、ソレをするのもちょっとどうでしょう。
その毛布は清潔なんでしょうか?私ならしない(笑)。

ビルの屋上のくだりも、殺人鬼はそのままでいいのか?
殺人鬼に刺されたサラリーマン風の男は、もう死んじゃったのか?
とりあえず救急車、呼んであげたら、というね・・・。
どうも橋本愛が出てくるシーンの不自然さが目立ってしまったなあ。

とはいえ、全般的に原作のファンも、満足できる仕上がりだったと
思います。

監督:山崎貴 脚本:山崎貴・古沢良太

↓地球上の誰かがふと思った。ランキングボタンを押さねば。


本・書籍 ブログランキングへ

2015年5月 9日 (土)

『プロメテウスの涙』エゲツなくても一気読み

プロメテウスの涙
乾ルカ著 2012/10文春文庫刊 おすすめ度:★★★★★

精神科医の涼子のもとに来た少女は、奇妙な手つきと謎の言葉を
喋る発作におそわれるという症状があり、原因も対策も分からぬ
ままに、病院を転々としていた。
一方、涼子の友人・祐美はアメリカの医療刑務所で「死なない
死刑囚」のカウンセリングを担当することになる。
二人は自分の持った奇妙な患者について、情報交換を始めるが・・・。

通常、新刊を中心に紹介している当ページですが、これは既刊本。
というか古本で100円で買ってしまいました。こんなに面白いのに
100円で買って、断固すいません!

乾ルカさんは、ちょっとホラーとか超常現象的な作品が多いですが
これもややオカルト的です。なんせ死刑にしても死なない死刑囚が
登場し、その死刑囚の描写が何ともエゲツな~、なのです。
方や、エゲツナ死刑囚とは関係なく、年端もいかぬ少女が、
映画『エクソシスト』の少女リーガンのごとく、本人の記憶にも
残らぬ謎の発作を起こし、家族を苦しめるわけです。

読んでいるうちに謎が解けていき、この状況を打開するために
知恵を絞り、奔走する様は鈴木光司リング』あたりを思わせます。
日本とアメリカの状況を交互に語られて、読んでいるほうは
もどかしく、ついついページをめくらされてしまいます。
面白いので、100円ではなく定価でお求め下さいね(お前が言うな)。

*****

0509


ということで、こんなふうに宣言していただかなくても、50年ほど
死なないで生きていますと、ふつう50歳になってしまうわけです。
夭折の天才と言われそうな私も、ふわふわと50年も生きてしまい
夭折どころか腰痛もちの50男に、昨日めでたくなってしまいました。

あ~、まだ40はよかったんですよ。40くらいなら、まだまだこれから
という感じはあったんですけどね。50はね、ちょっとね。
なんと言っても、40からちっとも進歩していないしね。
進歩していないばかりか、体力も知力も精力も衰えたぶん、
人間的にはマイナス成長、減収減益、下方修正、株価暴落ですよ。
なんかこうね・・・こう、何と言うか、あれですよ。

・・・・・・ちょっとお酒飲んで、寝てしまっていいですか。

↓50歳以上はシニア特典で、ランキングボタン押し放題!


本・書籍 ブログランキングへ

2015年5月 3日 (日)

お店探訪「かりんとう」

かめのてさんのお店探訪

今日は名古屋駅周辺で、「かりんとう柳橋店」にお邪魔しました。
納屋橋にも大きいお店があるそうなんですが、こちらの支店は
こじんまりしたお店です。カウンターに4~5人と、テーブルが2つ。
たまたまなのか、厨房には美人ママさんが一人だけ。
扉を入ると、すぐ右手に日本酒の並んだ冷蔵庫がっ。

予約してくれた飲み仲間がすでに着席中。
「かめのてさんが来るまで、飲まず食わずで待っていましたよ!」
その割に、グラスのビールが減少しているように見えるのは気のせいか。
まずは私もビールを頼みました。
突出しは湯葉、おひたしなどの3点盛り。
頼んであったがめ煮(筑前煮)も到着。うまい!筑前煮なんて
スーパーの惣菜でもよくあるけど、出汁と調味料の配分が絶妙なのか
まことにうまい。
そろそろ日本酒にいこうかと思っていたら、美人ママさんが
「どうぞ、冷蔵庫をご覧になって」と言うので、見に席を立つ。
醸し人九平次」と「而今」が目に入る。愛知と三重の蔵元を中心に
品揃えをしているらしいです。
席へ戻ってくると
「ショーウインドーのトランペットに憧れる黒人少年のようだった」
という、謎のコメントを戴きました。

集まった5名で1種類ずつ日本酒をチョイス。私は一番気に入っていた
トランペット、いやお酒の「而今」を注文。
全員でグラスを1周させて、試し飲み。
う~む・・・なんかみんな強烈な味だぞ!「無濾過」とか「生原酒」
「生酛造り」とかラベルにちらほら見えました。危険だ!
全員、チェイサーのお冷をもらう。

ここは干物が充実していて、えいひれ、いかの一夜干しなども注文。
いか嫌いの私も1個もらったけど、うまかったです。

さてチェイサーありとはいえ、日本酒をポコポコ飲んでいると
結構つらくなってきました。というのも日本酒も強力な味が多く、
というか、そういう品揃えなのだから仕方がない。普段飲めない銘柄を
楽しむところだけど、欲を言えば、普通の飲み飽きしない軽いタイプの
純米酒とかも、間に挟みたいところでしたね。

とりあえず太田和彦さん的に言うと「いい酒、いい人、いい肴」が
揃っているお店でしたね。

0503_2

一升瓶を並べて、さあどれを飲む?と迫る美人ママさん。


0503hp
こちらはグルメサイトの「ヒトサラ」より転載させてもらいました。

↓飲み過ぎ、食べ過ぎ、胃のもたれに、ランキングボタン顆粒!


本・書籍 ブログランキングへ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)