« 『恐怖小説キリカ』超変化球ホラー | トップページ | 『狩人の悪夢』火村シリーズ長編 »

2017年3月26日 (日)

いつか春の日のどっかの町へ

いつか春の日のどっかの町へ
大槻ケンヂ著 角川文庫2017/02 お勧め度:★★★☆☆

筋肉少女帯のボーカル、大槻ケンヂの小説ふうエッセイ?
心の病をかかえており、常に死の影を感じている大槻氏ですが、
ある日ぶらっと入った楽器店でギターを買います。
その日からアコースティック・ギターの虜になって、何本もの
ギターを買いあさり、そのくせあまり上達しないまま、
「FOK46」名義でギター弾き語りライブなんかもやってしまう
のでした。

私、筋少の音楽は聴いたことなくて「俺は高木ブーだ~♪」というアレを
ちらっと耳にした程度。でもエッセイはいくつか読んだことがあります。
(そういえば大ブレイクの星野源も、音楽より、本が先でした)

知らなかったのですが、大槻氏は楽器が一切弾けなかったらしいです。
いや、ボーカリストだからそれも分かるのですが、曲を作っている以上
ギターかキーボードくらい弾きそうなものですが、どうやら自分が
歌ったメロディに、バンドのメンバーがコードを振って曲ができていた
らしいのです。
でもねえ・・・普通周りにギター持っている人が常にいるのに、なんで
今まで一切興味を持たなかったのか、逆に聞きたいくらいです。
「ギター始めた中2」くらいのレベルで、弾き語りライブをやる様子を
YOUTUBEで見ましたが、さすがにちょっとアレでした。
でも、40後半になって、始めてみよう、という心意気に感動。
それでステージに立っちゃうのもすごい。
曲の途中で弾けなくなって、ギターを置いてボーカルだけで押し切ったり
というエピソードも紹介されています。
0326

最近、仕事がちょっとヒマになったので、私もこの本を読んで急に
ギターを始めたくなりました。
私も中2くらいのころに、兄貴のギターをちょっと借りて、始めようと
したことがあったのですが、どうしてもコードが上手に押さえられない
のです。6本の弦を指1本でぎゅっと押さえる「F」なんか、もうダメ。
とにかく「ジャラーン」という音がせず「ぐにーんむ」みたいな濁った
音しかしないのです。
そこにYMOとかテクノブームが到来して、私の興味はシンセサイザーへ
向かったため、私のギター人生はそこで終わってしまったのです。

さてギターを今から始めて、定年になる頃には、きっと上達して、
ジミ・ヘンドリクス程度にはなっているだろうと思ったのですが、
思い直して、急にCUBASEというDAWソフトを買ってしまいました。
DAWというのは、まあざっくり言ってPCで作る音楽みたいなもので
「楽器弾けなくても、曲ができちゃうもんね」という努力放棄型の
即席ミュージシャン・ソフトなのです。

昨日イオンに入っている島村楽器で買って、今朝インストール。
いくつかトラブルがあって、それを解決してなんとか音が出るところまで
こぎつけました(マウスを握る腕が腱鞘炎っぽく痛くなってきました)。
よーし、名曲を書くぞ!

« 『恐怖小説キリカ』超変化球ホラー | トップページ | 『狩人の悪夢』火村シリーズ長編 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私も中学生の時にギターを弾こうと試みましたが
F…印刷ミスやろ?と思いました。

家にギターがあるので、たまぁに弾き語ります。
Fは、もごっ!のままです。
ギターも下手で歌も音痴なので
かめさんがいやがってて(多分)暴れます。(笑)

いい歌できたら発表して下さい!

大槻ケンヂが小沢健二の歌をカバーした曲が好きです。
間奏のピアノがカッコいい!(これはピアニストが弾いてます。(^^; )

このごろ、家にあるので、ウクレレ弾いてみようかと思ったのですが
たてに三本指をそろえるのが、むりっ!です。

ちょっとでもギターが弾けるなんて、いいじゃないですか。
私とて、もし学生時代からギターが弾けたら、さぞかし
モテたに違いありません。
今頃、星野源という名前で、ドラマにも出ていたか、
あるいはギター漫談で、ショッピングモールで営業を
やっていたか、どっちかになれたかもしれません。
そう思うと残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつか春の日のどっかの町へ:

« 『恐怖小説キリカ』超変化球ホラー | トップページ | 『狩人の悪夢』火村シリーズ長編 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)