« 『幕末単身赴任 下級武士の食日記 増補版』 | トップページ | 『冬雷』ブレイク近し!遠田潤子 »

2017年5月27日 (土)

映画『メッセージ』

このポスターのビジュアルを随分前に見てから、ずっと見たかった
映画です。私にはこの宇宙船は「柿の種」にしか見えないのですが
世間では「ばかうけ」に見えるという声も多いようです。
パロディ画像も出回っていますね。
ばかうけ、食べたことないなあ。
関西生まれなので、ばかうけに馴染みがないせいでしょうか。

0527_4

ばかうけ、または柿の種型UFO

さて映画ですが、でっかい宇宙船が12隻、世界の各地、日本だと
北海道に出現します。
宇宙人とコミュニケーションするべく、言語学者の女性が米軍から
招聘されます。宇宙船には会見窓口みたいなところがあって、
ガラス窓越し(?)に、宇宙人と会談できるようになっているのです。
最初、宇宙語(?)で会話するかと思いきや、筆談になります。
つまるところ、この宇宙人、人類に何言いに来たの、何しに来たの、
って話です。

原作はSF短編で『あなたの人生の物語』(テッド・チャン著)
という1篇で、どうも哲学的なSFみたいですね。
宇宙人が出てくるようなSFにも関わらず、始まり方は文芸映画
みたいで、ちょっとタルコスフスキー監督の『惑星ソラリス
なんかを思い出したりしました。
地味な展開で、隣で奥さんがうつらうつらしておりましたが、
途中から目を覚ましていたようです。

見終わったあと奥さんが

「柿の種と思ったけど、飛び上がったら大福みたいだったよね」
というので
「そうかな。俺は”あましょく”みたいだと思ったけど」
「大福だよ、あましょくはもっと、てっぺんが尖ってる」
「じゃあ、大福かな」

そんな映画です。なかなかいい映画ですよ(説得力がないなあ)。

0527_5

われながら、ギャグがなんか昭和テイストだなあ。

« 『幕末単身赴任 下級武士の食日記 増補版』 | トップページ | 『冬雷』ブレイク近し!遠田潤子 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

久しぶりのマンガだぁ~!

かきのたね、ばかうけ、大福…
変化するところが、さすが宇宙船?

マンガでは宇宙人がこんな絵ですが
映画では、なんともいえない形してます。
その体でよくこんな宇宙船作ったね、と思います。

それはバルタン星人も同様で、
あのカニの鋏みたいな手では
ネジ1本、回せないんじゃないか、
というのが長年の疑問です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1912708/70690466

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『メッセージ』:

« 『幕末単身赴任 下級武士の食日記 増補版』 | トップページ | 『冬雷』ブレイク近し!遠田潤子 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今年の注目ミステリ(2017/11~)

  • 宇佐美まこと: 熟れた月 (★★★★★)
  • 下村敦史: サハラの薔薇 (★★★★★)
  • 倉知淳: 皇帝と拳銃と (★★★★)

今年の注目ミステリ海外編(2017/11~)

  • そしてミランダを殺す (★★★★★)
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ