« 『獏の耳たぶ』 | トップページ | 『将棋の渡辺くん』恐るべき棋士の生態 »

2017年6月17日 (土)

『キリンビール高知支店の奇跡』

キリンビール高知支店の奇跡
田村潤著 講談社+α新書 お勧め度:★★★★★

著者は左遷先の高知からキリンの副社長にまで上り詰めた人。
スーパードライのヒットでアサヒにシェア首位を奪われたキリンが
首位を奪回するまでのハナシ。
本社から、当時アサヒが圧倒していた高知に飛ばされ、そこで奮闘。
といっても、あの手この手を繰り出すのではなく、あくまで
理念に基づくビジョンを目標に、基本に忠実な営業活動を強化した結果
現場が達成感をもち、業績が伸びていく、というもの。
つまり、成功の裏技集ではなく、理念、ビジョン、基本をくどいほど
説いた本、ということです。
著者の情熱が伝わってくる、なかなかいい本ですね。
0617

**********

わたしもちょうど、7年いた本社から田舎の営業所に来て奮闘中、
という意味で、似た境遇といえなくもない(会社の規模が月とスッポン
ほど違うけど)。
奮闘中というか、全然違う仕事なので、いまだに分からないことだらけ。
問題はパソコンです。いやPCは決して不得意ではないのですが、
今まで紙でやっていたことが結構、IT化されていて、
「う~わ~、何これ~!IT革命や~!!」という彦麻呂状態なのです。

何かしようとすると、前は紙ベースだったものが、知らないソフトを
触らないといけない。
ソフトを開こうとするといちいちIDをパスワードを聞いてくる。
手帳を開いて、たくさんあるパスワードの一覧から探して入力する。
やり方が分からなくて、マニュアルを見ようとするが、そのマニュアルも
分かりづらい。たくさんあって細分化されていたマニュアルが
「もっとマニュアルを少なくしろ!」という号令で統合され、
いったいどこに何が書いてあるかわからなくなっている。
紙のマニュアルがPCにも入っている、というので、検索するけど
関連のマニュアルのページが全部検索されちゃうので、結局分からない。
ああ、もうやめだ!と癇癪を起こして放っておく。すると本社から
「あの報告がまだ来てないぞ!」と怒られる。

昭和は遠くなりにけり・・・。

時代に取り残された昭和の残党・かめのて氏は、窓際族となって、
PCすらない机の前で、老眼鏡を頭に乗せて、新聞読んですごす日も
近いであろう・・・。

« 『獏の耳たぶ』 | トップページ | 『将棋の渡辺くん』恐るべき棋士の生態 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>理念に基づくビジョンを目標に、基本に忠実な営業活動

これで、うちも持ち直しますかねー?

ちょっと、これだけでは何をしたらいいのかわかりませんが。(笑)
読まなきゃね。

連続★5!
あたりの連続ですね。

アサヒとキリンの一騎打ち!

うちは・・・プレモル(サントリー)かエビス(サッポロ)なので
実はどっちも飲みません!(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『キリンビール高知支店の奇跡』:

« 『獏の耳たぶ』 | トップページ | 『将棋の渡辺くん』恐るべき棋士の生態 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)