« かめのて、ブログ再開するってよ。 | トップページ | 傑作冒険小説『サハラの薔薇』 »

2017年12月26日 (火)

『皇帝と拳銃と』

皇帝と拳銃と
倉知 淳著 東京創元社2017/11刊 おすすめ度:★★★★☆

4篇からなる倒叙ものミステリーの連作です。
「死神警部」がその部下のイケメン刑事を伴って、
犯人を追い詰める、というシリーズです。

表題作は、「皇帝」という渾名の大学教授が、
自分を強請ってくる事務員を大学の建物から墜落死させるのですが、
いかにしてそれを実行したか、その方法を含め、
死神警部が推理し犯人に迫っていきます。

倒叙ものだけに「コロンボ」や「古畑」を彷彿とさせるものが
ありますね。去り際に「あともうひとつ」とか言って、
犯人が気になることを言いつつ帰っていく、みたいな。
1224


*****

刑事コロンボ」は子供の頃から好きで、家族でNHKを
見ていました。子供心に「それはちょっと反則だよねえ」と
思う回もありましたが。特に犯人をハメちゃうやつ。
二見文庫から出てた小説版も何冊か読んだなあ。

細かすぎて分かりづらいモノマネとして、こういうのを
考えたことがあるのですが、まだお披露目していません。

細かすぎて分かりづらいモノマネ
<刑事コロンボで、まさか自分のところのボスが殺人犯とは
知らない、社長秘書のおばさん>

「コロンボさん、コーヒーのおかわりはいかがかしら?」

というのですが、受けるでしょうか、すべるでしょうか?

« かめのて、ブログ再開するってよ。 | トップページ | 傑作冒険小説『サハラの薔薇』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

最初に見たころは、たんに、おもしろいと思ってみてましたが
再放送を見るたびに、コロンボがヤなやつにみえてきて
犯人が気の毒にさえ思えてきたもんでした。

細かすぎてわかりにくい物まねは、
披露しないほうがよいのでは?と思います。

年末年始にたっぷり読書・・・とはいかず
貧乏ヒマなしで、ブログ更新は今年もスローテンポ。
気長におつきあいください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『皇帝と拳銃と』:

« かめのて、ブログ再開するってよ。 | トップページ | 傑作冒険小説『サハラの薔薇』 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)