« 傑作冒険小説『サハラの薔薇』 | トップページ | 「ウルトラセブン」の帰還 »

2018年1月21日 (日)

『雪の鉄樹』

雪の鉄樹
遠田潤子著 光文社文庫 おすすめ度:★★★★★

祖父と父が日々女を連れ込む、通称・たらしの家で育った
庭師の雅雪は、二十歳の頃から十三年間、
両親のいない少年・遼平の面倒を見続けている。
遼平の祖母から屈辱的な扱いを受けつつも、
その傍に居るのは、ある事件の贖罪のためだった。
雅雪の隠してきた過去に気づいた遼平は、
雅雪を怨むようになるが…。
愛と憎しみの連鎖の果てに、人間の再生を描く衝撃作。
(Webより転載)

冬雷』『オブリヴィオン』が傑作だったので、これも
読みました。この本は「本の雑誌が選ぶ2016年文庫年間ベスト」
の1位になった本で、まず間違いない・・・と思って
読み始めたのですが、なんとまあ重い。
特に前半は、主人公の雅雪が何らかの贖罪のためにある家の
面倒を見ているのですが、これが報われない話で、なかなか
どんよりしてしまい、読み進むのが辛いです。

後半、いったい過去に何があったのかが語られますが、
このあたりからグイグイとページが進んで、少年・遼平との
関係も変わってくるので、面白くなります。

お勧めです。読み終わって後味が悪いイヤミスと違い、
いくら重い話でも、後半に向けてのカタルシスがあるので
読み終えると、そのぶん感動が強いですね。
0121

******

インフルエンザが流行りはじめていますが、日本人のマスク人口は
すごいですね。ここまでマスクしている国ありますか?
PM2.5がすごい中国もそうなのかも?
小売店に行っても、接客する人がマスクしているので、
営業スマイルすら見えません。
「スマイル0円」を謳うマクドではどうしているんでしょうかね?

私は花粉の時期は屋外でマスクはしていますが、病原菌対策で
マスクをすることはしません。
すでに感染した人はマスクするべきでしょうが、あんなもので
感染が防げる気がしないんですけどね。まあ、気休めでしょう。
むしろ、適当に病原菌をちょびちょび浴びといたほうが、
免疫力がついて、ちょっとした感染でも発症しないんじゃないかと
思っています(医学的根拠はないですが)。
もっと言えば、普段からマスクに頼っている人が、かえって
風邪やインフルにかかりやすいんじゃないか、とすら思います。

今の職場の前はものすごく劣悪な環境にいて、徹夜もざらでしたが
なぜか風邪ひとつひかないのでした。
あれは逆に劣悪な環境のせいで、かえって体に抵抗力ができたのかな
と今にして思います。
今はあれほどひどくないので、逆に病気に罹りやすくなっているかも
しれませんね。

« 傑作冒険小説『サハラの薔薇』 | トップページ | 「ウルトラセブン」の帰還 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

これは前半の重さに耐えきれるかどうかですね。

サハラの薔薇は読もうと思って
…小声…予約中です。(^^;

仕事、忙しそうだなと、思ってはいたものの
それほどだったとは。
超ハードな出張の話とか、読んだおぼえが…。
大きな声では言えませんが
ブラックっていうやつじゃないですか!
体壊さなくてよかったですね。

私は、楽ですが、自営は楽=収入減なので
それはそれで…。(涙)

ブラックですか・・・・・・。

どうりで仕事量と拘束時間のわりに
収入が少ないような気がしてたんですよ。
あ、はい、大盛りとおしんこ、けんちん汁で
700円です。ありがとうございました~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『雪の鉄樹』:

« 傑作冒険小説『サハラの薔薇』 | トップページ | 「ウルトラセブン」の帰還 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)