« 『雪の鉄樹』 | トップページ | 『騙し絵の牙』 »

2018年2月 5日 (月)

「ウルトラセブン」の帰還

『「ウルトラセブン」の帰還』
白石雅彦著 双葉社2017/12刊 お勧め度:★★★★★

圧倒的分析力で「そのとき何があったのか」を再構築する
迫真のドキュメント。著者にしか書けない驚異の一冊。
「ウルトラマン」から半年を経た1967年10月1日、
待望の「ウルトラセブン」がテレビに姿を現した。
子供達は大喝采で迎え、金城哲夫をはじめとする
若きスタッフも自信満々であった。
しかし、ある人物が作品の先行きに危惧を抱いていた…。
前作2冊でファンの度肝を抜いた著者が、
ついにシリーズ最高の人気作に挑む第3弾。
豊富な一次資料を駆使し、あくまで同時代の視点で、
制作過程を再構築する。
かくて「ウルトラセブン」は朝焼けの空へ飛び去った……!
(WEBより抜粋して転載)
0205


「セブン」は大好きでしたが、見てたのは夕方によく
やっていた再放送ですね。
67年だとさすがにリアルタイムでは見てません。
この本によれば、セブンの視聴率は30%台に始まり
10%台にまで落ち込んでいったそうです。
「ウルトラマン」が30%台のお化け番組だったので
続編のセブンへの期待は、局側も視聴者も大きかったのですが
どんどん落ち込んでいくんですね。
今や名作と言われるセブンがなぜ?
視聴率のダウンとともに縮んでいく予算に、着ぐるみや
ミニチュアの製作も苦しくなっていくという負のスパイラル。
当時の円谷プロの焦りが伝わってきます。

セブン研究本というと、各話のストーリーと宇宙人の
紹介みたいな本が多く、写真が多いのですが、
この本は図版なしの、文章びっしり、余白に注がいっぱい、
当時のメモや資料に則った完全なドキュメンタリー。
映像化されなかった草稿のストーリーの紹介もありますし、
著者自身も脚本や監督もされる方なので、ストーリーの
分析なんかも本気です。
字がびっしりでしたが、結構ハマって読みました。
0205_2

写真はセブンで最も有名な、メトロン星人とダンが
ボロアパートのちゃぶ台で会話するシーン。
本書によれば、海外輸出のためになるべく日本的なシーンを
作るなと言われてたのに、コレをやっちゃった実相寺監督は
上から怒られたそうですが、いまや伝説になっているから
アリですね。

« 『雪の鉄樹』 | トップページ | 『騙し絵の牙』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ウルトラセブン」の帰還:

« 『雪の鉄樹』 | トップページ | 『騙し絵の牙』 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)