« 『そしてミランダを殺す』 | トップページ | 盛岡へ »

2018年4月23日 (月)

『本のエンドロール』

本のエンドロール
安藤佑介著 講談社2018/03刊 お勧め度:★★★★★

ネット時代になって、電子書籍の台頭、「紙の本」に関わる
印刷会社は斜陽産業に。
印刷会社の営業マン・浦本は「印刷会社は本を作るメーカー」
という矜持を持っているが、周囲からは出版編集者から出される
無理難題を持って帰ってくる伝書鳩などと揶揄されている。
さまざまな本の企画が持ち上がり、作家、編集者、装丁家などの
本に対する熱いこだわりに、翻弄される浦本だったが・・・。

本作り、特に印刷製本に関わる裏方さんたちを描いたお仕事小説。
また本や印刷業の現状も取り込み、ノンフィクションのような
ムードもあります。表紙が印刷機?を前に何やら紙を広げている
写真が使われていて、ますますノンフィクション本に見えます。

何度も起きる仕様変更のたびに、やれインクが、やれ紙が、と
現場は戦場となってしまうので、読んでいて居たたまれない
ところがありますね。まあ、これは印刷業のみならず
サラリーマンという相手のある商売をしていると、少なからず
似たような修羅場に直面する日々なので、同情してしまいます。
それゆえ、本を大事に読んでやらなんとなあ、と思います。

主人公の奥さんは製菓メーカーで、お菓子のパッケージを
作っていたりするので、この1個180円のお菓子とて、
開発した人、パッケージデザインした人、広告する人など、
さまざまにいるのであろうことよ、としみじみします。
0423

**********

エンドロールといえば、みなさん映画のエンドロールは最後まで
見るでしょうか?私は見ます。立ち上がると、見ている人の
ジャマになるかも、ということもありますが、ごくまれに、
エンドロール終わってからちょっと映像が流れたりする仕掛けの
ある映画もあるので、ついつい読めないような細かいクレジットを
眺めながら過ごします。

そんな私でも、エンドロールを最後まで見ないときがあります!
そう、おしっこ漏れそうなときです。
映画中のおしっこ問題は、いまだ解決の糸口も見えません。
私は必ず通路脇に座ります。もし途中でもよおしてきた場合は
比較的重要なシーンが終わってひと段落したかに思える
場面転換後に「今だ!」とトイレに走ります。

高齢化社会に向けて、2時間の映画なら1時間に5分、
トイレ休憩を設けていただきたいものです・・・。
その5分は、出演者やスタッフが撮影裏話をするってのなら
待っている人も退屈しません。
スピルバーグさま、一度ご検討いただけないでしょうか。

« 『そしてミランダを殺す』 | トップページ | 盛岡へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

うちにあるのも、ぐいのみばかり。
私は飲まないので、ジャムいれたりしてます。(^^;

若女将、じつはタヌキだったとか、、
連載、遅ればせながら読みました。
次回もたのしみー。

エンドロールは最後までみます。
といって、多分、二度くらいしか
おまけつきを見たことはないんですが。

本の雑誌6月号が発売されていたので、
中をめくると、また掲載されていました。
妻に
「ほら、僕の著書が平積みされているよ」
と言うと
「だったら印税もらって来いや」
と言われました・・・。
欲しいですね、印税。どうやったらもらえるんでしょうか。

ええっー!
すごいじゃないですか!

ほんとに次回があったんだ!
連載ですねっ!

印税。。。
どうしたらもらえるんでしょうねぇ。
すわりこみ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1912708/73355823

この記事へのトラックバック一覧です: 『本のエンドロール』:

« 『そしてミランダを殺す』 | トップページ | 盛岡へ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今年の注目ミステリ(2017/11~)

  • 宇佐美まこと: 熟れた月 (★★★★★)
  • 下村敦史: サハラの薔薇 (★★★★★)
  • 倉知淳: 皇帝と拳銃と (★★★★)

今年の注目ミステリ海外編(2017/11~)

  • そしてミランダを殺す (★★★★★)
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ