« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月28日 (月)

『生還者』下村ミステリーはハズレなし

生還者
下村敦史著 講談社文庫2017/07刊 お勧め度:★★★★★

世界第3位の標高を誇るカンチェンジュンガで大規模な雪崩が発生、
日本人登山者7名が巻き込まれる惨事となった。
登山をやめたはずの兄が、なぜかその雪崩に巻き込まれ命を落とした。
増田直志は、兄のザイルが切断されていたことに気付く。
兄は事故死ではなく何者かによって殺されたのか――?

雪崩事故から高瀬という男性が奇跡の生還を果たす。
単独行だった高瀬は、猛吹雪のなか兄たち登山隊に出会い助けを
求めたが冷たくあしらわれ、登山隊の加賀谷だけが残って自分を
助けてくれたという。
行方不明の加賀谷が英雄としてマスコミを賑わせる中、
今度は東という男が救助された。東は高瀬が嘘をついていて、
加賀谷こそが卑怯者だと証言するのだった。

二人の生還者はどちらが真実を語っているのか?
兄の死の真相を突き止めるため、増田は女性記者の八木澤とともに
高峰に隠された謎に挑む! (WEBより転載)

山岳ミステリー。山は低山でも登ったことありませーん。
大迫力の登山シーンなど『サハラの薔薇』でも見せた描写力で
ぐいぐい読ませます。
『生還者』というのは、もうこれ以外にないというタイトルで
サバイバーズ・ギルトというらしいんですが、事故や災害で
生き残った人が「なぜ自分だけが」という罪悪感に苛まれる
状態を言うそうです。
この物語に登場する人物たちが、その罪悪感に苦しみながら
生きている様と、過酷な大自然と戦いながら頂上を目指す様と
オーバーラップしてくるんですね。
読みごたえ充分、お勧めです。
0521

*******

例のアメフトの危険タックルの問題が尾を引いていますが
あの話題は、この本のことを思い出させます。
関係する選手だったり、監督・コーチだったりが記者会見で
異なる意見を言い、どっちが本当なのか?という点で似ています。
私も最初、あの映像を見たときは
「血の気の多い選手が突進していったんだな」と思ったのですが
実際その裏にはいろんな事情が隠れていたわけです。
まあ、たいていのことはウラがあるわけですが、ついつい
表面的なところまで見て、思い込みもあったりして、
人は好き勝手にあれこれ言うわけですよね。

2018年5月21日 (月)

『完パケ!』『拝啓、本が売れません』

完パケ!』
額賀澪著 講談社2018/02刊 お勧め度★★★★★

経営難で閉校が噂される武蔵映像大学。
卒業制作の映画を撮れる1人を決めるコンペで、監督志望の
安原と北川のプレゼンの結果、どちらかが選ばれる。
1人は監督に、敗れた一人はプロデューサーとなり、撮影が
始まるものの、その勝者にも敗者にも、さまざまな思いが
渦巻いていた・・・。

この作家さんは未知だったのですが、その前に
拝啓、本が売れません』(KKベストセラーズ刊)を読み
面白そうな作家さんだと思い、最新刊のこちらを購入。
「青春小説ねえ・・・ラノベチックなのかしら?」と思いつつ、
読み始めましたがこれはいわゆるラノベではなく、
まごうことなき文芸作品。

監督も熱いヤツなのですが、その彼がオーディションで選んだ
主演俳優も、かなりの厄介者。主演女優は明らかに素人。
コンペに負けてプロデューサーになった方は、嫉妬心に
苛まれるし、そんな中で進む撮影がホイホイ進むわけも
ありません。
まあ、そんな困難を乗り越えて完パケを迎える作品の運命は?
という感じですね。なかなか面白かったです。
0506


拝啓、本が売れません』のほうは、出版不況でなかなか本が
売れない現実に立ち向かうべく、本作りと販売に関わる人たちに
インタビューに行く、という企画本。
こういう内幕ものが好き。漫画で言えば『バクマン』とか。
この本のインタビューでも、さわや書店の松本店長が登場します。
ので、さわや書店にもこの本がたくさんありました。

『拝啓~』はKKベストセラーズという出版社から出ていますが、
社長が突然交代したり、出版をやめちゃうんじゃないかという
噂もあったようです。しかし、KKベストセラーズが
最近出している本はなかなか面白そうなのが多いんですよね。
たぶん編集さんが頑張っているんだなあ、と好感を持っています。
がんばれKKベストセラーズ!
昔、タモリのオールナイトニッポンで、放送の最初のほうに
番組の提供会社を紹介するときに、タモリさんが勝手に
社名の前にキャッチコピーをつけるのですが、

股間の恋人・BVDフジボウ

とかいう中で

すべてがベストセラーというわけではないKKベストセラーズ

というのを覚えています。
今日はこのへんで。

2018年5月18日 (金)

盛岡へ2

盛岡の旅、後半。
フェザンビルの中にもう1軒さわや書店があり、こっちは
ORIORI」という店名。フェザン店はお土産屋さんの
突き当たりにあるのに対し、ORIORIはファッションビルの
片隅にあるお店で、品揃えはフロアのイメージに合わせて
ビジュアルっぽいものとか、ナチュラルなもの、女性向けのもの
など、フェザン店とは差別化した内容になっています。
ここはPOP控えめですが、品揃えの面白さで勝負です。
普段出会わない系の本を探すならこちらでしょうか。
平日の昼間だったせいか、お客は少な目でしたけどね。

さて次は焼き物などを扱う雑貨とカフェの「光源社」という店を
まわってから、「でんでんむし」という100円で乗れる
市内循環バスに乗って、町を眺めました。

盛岡の物産を扱う店「らら いわて」に行ってみました。
岩手産お米のイチオシ「銀河のしずく」と、東家のそばを買って
実家に送りました。
そこでちょっと気になった万能調味料「ダイナマイトソース」も
試しに買ってみました。その後、家で使ってみたところ、
なかなかイケる味でした!見た目は焼肉のたれのようですが、
冷奴にかけたり、餃子のタレにしたり、何にでも合う旨辛味。
これはもう2、3本買っておくべきでした。
0518


ちょっと疲れたので「リーベ」という紅茶の美味しい喫茶店♪で
一服しました。ティーポットで出てきた紅茶は美味し!
お店の内装もレトロで落ち着きますね。

ホテル・ニューカリーナにチェックイン。
夫婦でセミダブルの部屋で5600円と激安!
でも立派なホテルでした。
いつもなら温泉宿とかに泊まるのですが、今回はホテルを
激安にして、地元の居酒屋に行こうという計画。

まずは餃子の名店・白乾児(パイカル)に行ったのですが、
カウンターだけの店で残念ながら満員。
食べたかった!
2件目に寄る予定のMASSという店に入りました。
ここで盛岡のクラフトビールであるベアレンビールの生を
飲めました。これは美味いね。クラフトビールというと
なんかひねった味が多い中、これは直球のザ・ビール。
MASSの料理もなかなか美味かったです。

*****

ホテルをチェックアウトして、朝食抜きで歩いて盛岡駅へ。
駅前でお土産屋を物色。
盛岡のお土産で一番人気は、銘菓「かもめの玉子」。
「土産ものに美味いもの無し」と言いますが、かもめの玉子は
確実に美味しいので、外しませんね。
0518_2

以前、TVで全国のお土産お菓子を作る工場を見てからは
「盛岡に行ってきました」的なお菓子は買えなくなりました。
パッケージを変えているだけで、中は同じクッキーだったりする。
安く済ませたいときは、それでもいいんですけどね。

あと盛岡のソウルフードと言われる「福田パン」も購入。
コッペパンを横に2つに切って、餡やクリームなんかを挟んだ
もので、種類も沢山あります。
1個がかなりのボリュームで、お昼ご飯にもいいかも。
パンがふわふわで、ボリュームある割にはパクパク食べられました。

ブランチとしゃれこんで「ビア&ブルスト ベアレン」に
入りました。まだ10時半だけどベアレンビール生!
なにがブランチだ!飲むんじゃないか。

盛岡の ベアレンビール やめられん

かめのて

新幹線の車窓から富士山が見えると、なんか興奮しますね。
日本人の富士山DNAが反応するんですかね。
かめはいい子でお留守番してるかな。

2018年5月13日 (日)

盛岡へ

岩手県は盛岡に行ってきました。
新幹線で名古屋から4時間、昼前に着いてまずは昼食。
盛岡名物といえば、わんこそば東家駅前店にお邪魔しました。

わんこそばには2コースあって、食べ終えた椀を重ねるのと
少し安い、椀の代わりにマッチ棒のような木を使って、
食べた椀の数をカウントするもの2通り。
まあ別に安いほうでいいと思って、マッチ棒コースを選択。

そば用の薬味として、ねぎ、わさび、ごま、海苔のほか、
なめこオロシ、そぼろ、刻んだ漬物と、マグロ刺身も付いてます。
味に飽きてこないように、薬味を変えながら食べて下さいという
仲居さんのレクチャーがございました。

ということでわんこがスタートしました。1回ごとに投入される
そばは、ほんの一口の量で、薄口のつゆがからんでいて、
するっと食べられます。すると「どんどん」「はいじゃんじゃん」
などの掛け声と共に、そばが次々と投入されます。

焦る!・・・次のそばを投入しようと待ち構える仲居さんを前に、
悠長になめこオロシをかけている余裕はない!
しかし、できればすべての薬味を消化して、そば・薬味の
バランスを保ったまま、食べ終えたい。そんな心の葛藤を
抱えながらそばを食べつつ、しかも食べた椀の数をマッチ棒で
自らカウントしなければならない。忙しないわい!

そばに立ち 食べるそばから そば入れる

かめのて

1句できたところで、75杯を食べて終了。
仲居さんによれば、15杯=かけそば1杯ぶんだそうです。
75杯は男性で平均的なところだそう。
75杯記録の「証明書」をもらいました。

おなかがふくれたところで、盛岡駅前ビル・フェザンにある
さわや書店フェザン店」にお邪魔しました。
さわや書店は『思考の整理学』(ちくま文庫)を手書きPOP付で
陳列してヒットさせ、その後その人気が全国に飛び火して
ミリオンセラーにまで押し上げたというので一躍有名になった店。
また、中身がセールストークの書かれた文字のカバーで覆われ
書名がパックを破らないと分からない「文庫X」という企画でも
有名ですね。なので一度見たかったのですよ。

Photo


あります、ありますでかい手書きPOPの数々が。
本屋のPOPというとハガキサイズくらいものが多い中、
さわや書店のPOPはちょっとしたポスターサイズで字が多い!
店内のPOPを全部読んだら本1冊分はありそうか?

その中でも
「さわや書店激推し作家・松宮宏
当店以外ではまずプッシュしていないでしょう!」
という、読みようによっては失礼なPOP付きのフェアから
秘剣こいわらい』を購入。
松宮宏・・・知らんね。

最近『本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない
という本も出した、松本店長らしき坊主頭の人も見かけました。
『本の雑誌』6月号が発売されたばかりで、平積みされていた
ので、私の名前が出ているページを指して
「あ、これ私なんすよ」と店長に言いたくなりましたが、
やめました。

後半へ続く・・・。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今年の注目ミステリ(2017/11~)

  • 宇佐美まこと: 熟れた月 (★★★★★)
  • 下村敦史: サハラの薔薇 (★★★★★)
  • 倉知淳: 皇帝と拳銃と (★★★★)

今年の注目ミステリ海外編(2017/11~)

  • そしてミランダを殺す (★★★★★)
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ