« 盛岡へ | トップページ | 『完パケ!』『拝啓、本が売れません』 »

2018年5月18日 (金)

盛岡へ2

盛岡の旅、後半。
フェザンビルの中にもう1軒さわや書店があり、こっちは
ORIORI」という店名。フェザン店はお土産屋さんの
突き当たりにあるのに対し、ORIORIはファッションビルの
片隅にあるお店で、品揃えはフロアのイメージに合わせて
ビジュアルっぽいものとか、ナチュラルなもの、女性向けのもの
など、フェザン店とは差別化した内容になっています。
ここはPOP控えめですが、品揃えの面白さで勝負です。
普段出会わない系の本を探すならこちらでしょうか。
平日の昼間だったせいか、お客は少な目でしたけどね。

さて次は焼き物などを扱う雑貨とカフェの「光源社」という店を
まわってから、「でんでんむし」という100円で乗れる
市内循環バスに乗って、町を眺めました。

盛岡の物産を扱う店「らら いわて」に行ってみました。
岩手産お米のイチオシ「銀河のしずく」と、東家のそばを買って
実家に送りました。
そこでちょっと気になった万能調味料「ダイナマイトソース」も
試しに買ってみました。その後、家で使ってみたところ、
なかなかイケる味でした!見た目は焼肉のたれのようですが、
冷奴にかけたり、餃子のタレにしたり、何にでも合う旨辛味。
これはもう2、3本買っておくべきでした。
0518


ちょっと疲れたので「リーベ」という紅茶の美味しい喫茶店♪で
一服しました。ティーポットで出てきた紅茶は美味し!
お店の内装もレトロで落ち着きますね。

ホテル・ニューカリーナにチェックイン。
夫婦でセミダブルの部屋で5600円と激安!
でも立派なホテルでした。
いつもなら温泉宿とかに泊まるのですが、今回はホテルを
激安にして、地元の居酒屋に行こうという計画。

まずは餃子の名店・白乾児(パイカル)に行ったのですが、
カウンターだけの店で残念ながら満員。
食べたかった!
2件目に寄る予定のMASSという店に入りました。
ここで盛岡のクラフトビールであるベアレンビールの生を
飲めました。これは美味いね。クラフトビールというと
なんかひねった味が多い中、これは直球のザ・ビール。
MASSの料理もなかなか美味かったです。

*****

ホテルをチェックアウトして、朝食抜きで歩いて盛岡駅へ。
駅前でお土産屋を物色。
盛岡のお土産で一番人気は、銘菓「かもめの玉子」。
「土産ものに美味いもの無し」と言いますが、かもめの玉子は
確実に美味しいので、外しませんね。
0518_2

以前、TVで全国のお土産お菓子を作る工場を見てからは
「盛岡に行ってきました」的なお菓子は買えなくなりました。
パッケージを変えているだけで、中は同じクッキーだったりする。
安く済ませたいときは、それでもいいんですけどね。

あと盛岡のソウルフードと言われる「福田パン」も購入。
コッペパンを横に2つに切って、餡やクリームなんかを挟んだ
もので、種類も沢山あります。
1個がかなりのボリュームで、お昼ご飯にもいいかも。
パンがふわふわで、ボリュームある割にはパクパク食べられました。

ブランチとしゃれこんで「ビア&ブルスト ベアレン」に
入りました。まだ10時半だけどベアレンビール生!
なにがブランチだ!飲むんじゃないか。

盛岡の ベアレンビール やめられん

かめのて

新幹線の車窓から富士山が見えると、なんか興奮しますね。
日本人の富士山DNAが反応するんですかね。
かめはいい子でお留守番してるかな。

« 盛岡へ | トップページ | 『完パケ!』『拝啓、本が売れません』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1912708/73508702

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡へ2:

« 盛岡へ | トップページ | 『完パケ!』『拝啓、本が売れません』 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今年の注目ミステリ(2017/11~)

  • 宇佐美まこと: 熟れた月 (★★★★★)
  • 下村敦史: サハラの薔薇 (★★★★★)
  • 倉知淳: 皇帝と拳銃と (★★★★)

今年の注目ミステリ海外編(2017/11~)

  • そしてミランダを殺す (★★★★★)
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ