« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月24日 (日)

『出会い系サイトで70人と実際に会って~』

出会い系サイトで70人と実際に会って
その人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

花田菜々子著 河出書房新社2018/04刊 お勧め度:★★★★★

ヴィレッジ・ヴァンガードの元店長の著作。
ヴィレヴァンに憧れ入社したものの、その後のチェーン拡大で
本の扱いも減り、雑貨も尖ったものから売れ筋のキャラもの重視で
仕事が苦痛になっていく。夫とも別居してしまう。
そんな中知ったのが出会い系サイト。そこで会った人に、その人の
個性にあった本を薦める「武者修行」を始めるのだった・・・。
062470


ここで言う出会い系サイトは、ナンパ目的の人も明らかに
いるのですが、単純に会って30分間話をするというのを媒介する
のが本来目的のサイトだそうです。
とは言え、出会い系は出会い系なので、最初の二人はソレ目的で
ことあらばソッチ方向に行こうという感じでした。

その後70人もの人(女性も含む)に会っていくわけですが
単に怖いもの見たさでチャレンジする企画本とはちょっと違います。
今の仕事に不満があり、転職を考えつつもどうすればいいか
自分で自分が分からないとか、壊れてしまった夫婦関係、と言った
不安の中で、何かきっかけのようなものをつかもうとして、
いろんな人と出会い、その人を知り、本を薦めるという
著者の言う「武者修行」であるところに面白さがあります。
と言って、内省的な暗い文章ではなく、むしろちょっと笑える
くらいのテイストで、面白く読めます。
ここ最近読んだ本のなかでは最も印象に残った1冊でした。
お勧めです。

2018年6月20日 (水)

『万引き家族』

映画『万引き家族

カンヌを獲って大注目の映画、観てきました。
平日に観たせいか、高齢者(私もか?)が多かったです。
しかし、私はカンヌだから、話題だからというので観に行く
その辺のミーハーや俄かファンと一緒にしないで戴きたい!
是枝監督作品はデビュー作『幻の光』から劇場で観てるのだ!
江角マキコが女優デビューした作品なので観に行ったということは
ここでは伏せておきたい。当時どえらい綺麗な人だと思ったけど、
なんかあんな感じで引退しちゃって。まあいいけど。

ということで『万引き家族』ですが、私が今更言うのもアレですが
よかったです。
ちょっと一歩引いた感じというか、あえて直で見せない演出が
いいですね。たとえば小さい女の子が親から虐待されていて、
万引き家族が勝手に自分たちの家に連れて帰っちゃうのですが
虐待された傷跡を見て家族が騒ぐシーンでも、普通なら
痛々しい傷跡を画で見せる(お涙を頂戴する)ところですが
セリフで済ませてしまうとか。そういうウエットな内容を
乾いた目線で描いている印象です。

物書きというかイラストレーターだったリリー・フランキーさんが
日本を代表する役者さんになってしまいましたね。
なんか喋り方が田中邦衛さんに似てきたような・・・。
リリーさんがお風呂でお湯をかぶっているシーンで、結構長い時間
お尻が見えていました。カンヌで世界中の人に裸のお尻を見られて
いる気分ってどうなのでしょうか。
安藤サクラさんもヌードのシーンがありましたが、私はリリーさんの
お尻のほうが気になりました。私がインタビュアーならそこを
ぜひ聞いてみたい。
安藤サクラさんの泣きの演技がすばらしく、さっそく映画館を出た後
妻にマネして見せたところウケていました。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今年の注目ミステリ(2017/11~)

  • 宇佐美まこと: 熟れた月 (★★★★★)
  • 下村敦史: サハラの薔薇 (★★★★★)
  • 倉知淳: 皇帝と拳銃と (★★★★)

今年の注目ミステリ海外編(2017/11~)

  • そしてミランダを殺す (★★★★★)
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ