« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月 7日 (土)

『真実の檻』

真実の檻
下村敦史著 角川文庫2018/05刊 お薦め度:★★★★★

母の遺品整理の最中に、父親が実の父ではないと知って
しまった大学生の洋平。育ての父が「調べるな」という警告を
聞かず、実の父を調べてしまった洋平は、父が殺人犯であり
死刑囚として収監されていることを知る。
自分がもし殺人犯の息子と世間に知れてしまったら・・・。
彼は父が冤罪であると信じ、冤罪の記事を書いている記者の
涼子にコンタクトをとり、事件を調べ始めるが・・・。

最近、よく読んでいる下村敦史作品。表紙カバーが法廷の絵
ですが、法廷モノではありません。
冤罪を調べる学生の主人公が記者や弁護士と出会い、
痴漢の冤罪事件や、砒素による無差別殺人など、疑惑の事件に
関わっていくごとに、司法の抱える闇について知っていく、
という構成になっています。
そしていよいよ、父の事件に迫っていくのですが、果たして
本当に父が犯人なのか、実は冤罪で真犯人がいるのか・・・
というところがクライマックスですね。
面白かったです。

私が買った文庫本の帯のバージョンは、あれはいかんですね。
完全なネタバレです。そのネタバレ・コピーの下に
「解説・小橋めぐみ」とあって、まるで小橋めぐみさんが
ネタバレコメントをしているかのようになってていけませんな。
(解説ではネタバレ的なことは一切書かれていません)。
著者Twitterを読むと、注目されるために「攻めた帯」だそうですが
本の面白さには影響が少ないとはいえ、ちょっとねえ。
その後、本屋で見かけたら帯が差し変わっていました。

小橋めぐみさんは、読書家女優として知られていますが
YOUTUBEで「本のめぐみ」という番組をされています。
選書がちょっと硬いのですが(さすが青山ブックセンター
選書の硬さにまさるとも劣らない、ぎこちない司会がたまりません。
まあ、何より目がおっきくてキレイな人だなあ。
女優さんとしてもっとブレイクして欲しいですね。
0707

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今年の注目ミステリ(2017/11~)

  • 三津田信三: 犯罪乱歩幻想 (★★★★★)
  • 逸木裕: 星空の16進数 (★★★★★)
  • 下村敦史: 黙過 (★★★★★)
  • 道尾秀介: スケルトンキー (★★★★★)
  • 宇佐美まこと: 熟れた月 (★★★★★)
  • 下村敦史: サハラの薔薇 (★★★★★)
  • 若竹七海: 錆びた滑車 (★★★★)
  • 三津田信三: 碆霊の如き祀るもの (★★★★)
  • 似鳥 鶏: 叙述トリック短編集 (★★★★)
  • 原りょう: それまでの明日 (★★★★)
  • 北里紗月: 清らかな、世界の果てで (★★★★)
  • 塩田武士: 歪んだ波紋 (★★★★)
  • 有栖川有栖: インド倶楽部の謎 (★★★★)
  • 倉知淳: 皇帝と拳銃と (★★★★)
  • 飴村行: 粘膜探偵 (★★★)

今年の注目ミステリ海外編(2017/11~)

  • そしてミランダを殺す (★★★★★)
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ