« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月29日 (水)

『カメラを止めるな』超面白ムービー

話題の映画『カメラを止めるな』を観てきました。
廃墟の中。斧を持って身構える女の子に迫る、ゾンビに
なってしまった元カレ・・・。しかし無情にも監督のカット!
若手女優の表面的な演技に、激しい監督のダメ出し。
イヤな空気の流れるゾンビ映画の撮影現場。
しかし、その廃墟には何やら「出る」という都市伝説が。
そして「本物」に拘る狂気の監督が解き放ったゾンビが
俳優や撮影クルーに襲い掛かる!・・・みたいな。

ゾンビ映画に乱入した本物ゾンビ、という話です。
しかしカットなしで続く映像はアラが目立ち、ヘタクソな自主映画の
ようで、これがあの話題作なの?
しかしこの映画の面白さは後半からで、ぜひ本編をご覧下さい。
評判のよさは「本物」です!
無名な役者さんばかりですが、みんないい演技と、いい味してます。

******

この夏、じんましんが多発しています(私に)。
じんましん、生まれて初めて出ました。

Stay on the scene!(get on up)
Like a じんましーん!(ジェームス・ブラウンね)

しかも発生が朝イチです。
目を覚まして、居間に行くとなにやら右腕に赤いブツブツが。
やがて左手にも。ふとももにも・・・。
1時間半から2時間で消えます。その間、ちょっと痒い。

医者がやってる9時頃にはもう引いているので、医者に行っても
「今は無いんですけど、じんましん出るんすよ」
「あ、じゃあクスリ出しときます」で終わってしまいます。
クスリを朝夕飲むと、出ないのですが、クスリが切れると
朝イチの行事のようにブツブツと現れます。
この夏の暑さが原因か?エアコンかけたまま寝るのが原因?
ストレスでしょうか。

ネットで検索しても、じんましんのメカニズムは分かっていても
原因というのは殆ど特定できないそうです。
だから医者もクスリを出しておしまいにします。
ストレスが原因という説が多いですが、それもざっくりした話です。
朝イチで出るのは、出社拒否症でしょうか。
とりあえず新陳代謝がおかしくなる、この猛暑が終わってほしいっす。

2018年8月27日 (月)

『星空の16進数』

星空の16進数
逸木 裕著 KADOKAWA2018/06刊 お薦め度:★★★★★

ウェブデザイナーとして働く17歳の藍葉は、
”混沌とした色彩の壁”の前に立つ夢をよく見る。
それは当時6歳だった自分が誘拐されたときに見た記憶。
あの色彩の壁は、いったい何だったのだろうか。
ある日、届け物を依頼されたという私立探偵・みどりが現れ、
「以前は、大変なご迷惑をおかけしました」というメッセージと
100万円を渡される。かつての誘拐事件しか心当たりのない藍葉は、
みどりに誘拐事件の犯人・朱里の捜索を依頼する。
当時、誘拐事件はわずか2時間で解決されていた。
藍葉の思い詰めた様子と自身の好奇心からみどりは
朱里を捜し始めるが・・・(WEBより抜粋)

少女は夜を綴らない』が面白かったので、今回はこちら。
これもなかなか面白かったです。
「16進数」とは、PCで彩色するときに使う色番号のこと
(著者の本業はWEBエンジニア)。黒だと#000000とか。
この主人公は、色を番号で憶えていて色というものに、
強いこだわりとセンスを持っているんですね。

物語は少女・藍葉のパートと、探偵・みどりのパートが交互に
描かれます。藍葉も独特の感性を持っていますが、この探偵も
なかなかなものです。育児休業をしていた彼女は、
藍葉の依頼で手弁当で捜査にあたりますが、こののめり込み方が
尋常ではなく、物語の面白さをより深くしています。
0827

*******

今年の夏は異常な暑さと大雨で、狂ったような夏でしたね。
私の住む場所は、起伏が少ないせいか雨になっても、そこまで
豪雨にはならなかったので幸いですが。
災害募金を振込で1万円しましたが、連日被災地の映像が流れるので
さらに2万円追加しました。募金も集まればそこそこあるのでしょうが
まあ焼け石に水、否、大水に焼け石というべきでしょうか。
日本は天災が多いなあ。
東海大地震はいつ起こるのか心配しつつ、その備えはしてないけど。
賃貸アパートでなるべく「軽い暮らし」をしようと思うくらいです。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今年の注目ミステリ(2017/11~)

  • 三津田信三: 犯罪乱歩幻想 (★★★★★)
  • 逸木裕: 星空の16進数 (★★★★★)
  • 下村敦史: 黙過 (★★★★★)
  • 道尾秀介: スケルトンキー (★★★★★)
  • 宇佐美まこと: 熟れた月 (★★★★★)
  • 下村敦史: サハラの薔薇 (★★★★★)
  • 市川憂人: グラスバードは還らない (★★★★)
  • 若竹七海: 錆びた滑車 (★★★★)
  • 三津田信三: 碆霊の如き祀るもの (★★★★)
  • 似鳥 鶏: 叙述トリック短編集 (★★★★)
  • 原りょう: それまでの明日 (★★★★)
  • 北里紗月: 清らかな、世界の果てで (★★★★)
  • 塩田武士: 歪んだ波紋 (★★★★)
  • 有栖川有栖: インド倶楽部の謎 (★★★★)
  • 倉知淳: 皇帝と拳銃と (★★★★)
  • 飴村行: 粘膜探偵 (★★★)

今年の注目ミステリ海外編(2017/11~)

  • そしてミランダを殺す (★★★★★)
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ