« 『真実の檻』 | トップページ | 『カメラを止めるな』超面白ムービー »

2018年8月27日 (月)

『星空の16進数』

星空の16進数
逸木 裕著 KADOKAWA2018/06刊 お薦め度:★★★★★

ウェブデザイナーとして働く17歳の藍葉は、
”混沌とした色彩の壁”の前に立つ夢をよく見る。
それは当時6歳だった自分が誘拐されたときに見た記憶。
あの色彩の壁は、いったい何だったのだろうか。
ある日、届け物を依頼されたという私立探偵・みどりが現れ、
「以前は、大変なご迷惑をおかけしました」というメッセージと
100万円を渡される。かつての誘拐事件しか心当たりのない藍葉は、
みどりに誘拐事件の犯人・朱里の捜索を依頼する。
当時、誘拐事件はわずか2時間で解決されていた。
藍葉の思い詰めた様子と自身の好奇心からみどりは
朱里を捜し始めるが・・・(WEBより抜粋)

少女は夜を綴らない』が面白かったので、今回はこちら。
これもなかなか面白かったです。
「16進数」とは、PCで彩色するときに使う色番号のこと
(著者の本業はWEBエンジニア)。黒だと#000000とか。
この主人公は、色を番号で憶えていて色というものに、
強いこだわりとセンスを持っているんですね。

物語は少女・藍葉のパートと、探偵・みどりのパートが交互に
描かれます。藍葉も独特の感性を持っていますが、この探偵も
なかなかなものです。育児休業をしていた彼女は、
藍葉の依頼で手弁当で捜査にあたりますが、こののめり込み方が
尋常ではなく、物語の面白さをより深くしています。
0827

*******

今年の夏は異常な暑さと大雨で、狂ったような夏でしたね。
私の住む場所は、起伏が少ないせいか雨になっても、そこまで
豪雨にはならなかったので幸いですが。
災害募金を振込で1万円しましたが、連日被災地の映像が流れるので
さらに2万円追加しました。募金も集まればそこそこあるのでしょうが
まあ焼け石に水、否、大水に焼け石というべきでしょうか。
日本は天災が多いなあ。
東海大地震はいつ起こるのか心配しつつ、その備えはしてないけど。
賃貸アパートでなるべく「軽い暮らし」をしようと思うくらいです。

« 『真実の檻』 | トップページ | 『カメラを止めるな』超面白ムービー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

お元気そうで、よかったです。
私は体力過信から?ダウンしました。(^^;

狂ったような夏、今年だけにしてほしいです。

かめさんは元気ですか?
うちのカメは暑ければ暑いほど
元気です。

ダウンですか。それはいけませんね。
私は体を体内から冷やすべく、黄色い泡立つ飲料で
水分補給に心がけています。

うちのカメは暑いときは、むしろ大量に食べては
寝ていることが多いですね。
部屋の中を冷房しているせいか、水槽から出しても
物陰に隠れてじっとしていることが多いので
水槽に入れっぱなしにしています。
冷房の風がキライみたいで、水中のほうがマシみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『星空の16進数』:

« 『真実の檻』 | トップページ | 『カメラを止めるな』超面白ムービー »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)