« 『響~小説家になる方法~』 | トップページ | 『犯罪乱歩幻想』 »

2018年10月27日 (土)

『叙述トリック短編集』で読者に挑戦!

叙述トリック短編集
似鳥 鶏著 講談社2018/09刊 お薦め度:★★★★☆

全編叙述トリックだと最初から宣言している珍しい短編集。
普通、叙述トリックは文章そのものにカラクリがあって、
読んでいる間ずっと騙されていたということに、最後に気づく
というしかけのミステリ。
「なんだ、この人物は女かと思ったら実はオネエでしかも
アメリカ人で、さらに身長が2mもあって、死んだと思ったら
生きていて、双子の姉がいて、しかも記憶喪失だったのか!
全然気づかなかったよ!」となるのが、叙述ミステリ。
なので、文面に騙されまいと読者が構えると、見破られるかも
しれないため、通常伏せるところを、アカラサマにしたのが本作。

軽い感じのユーモア・ミステリなので、楽しく読めると思います。
1008


*********

ところで例の雑誌に投稿し続けて早や10ヶ月。
今回掲載していただいたのが、まさかの叙述トリックを使用
しております。日本一短い叙述トリック(笑)。
読み始めと読み終わりで、世界観が変わる驚異のトリック!
(そこまで言う)

でも投稿を続けていると、どんどんネタがなくなってきますね。
高橋源一郎氏曰く「もう何も書くことなんて無いのがプロの作家。
それでも締め切りまでには原稿ができている」
のだそうで、私もその境地に至るまでハガキ職人として
(WEB投稿だけど)精進したいと思います。

« 『響~小説家になる方法~』 | トップページ | 『犯罪乱歩幻想』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

世界観ひっくり返って、甲羅が裏返りかけたわたしです。
かめのてさんのブログのおかげで、部屋中を走り回っております。

そう、「うちのかめ」ここで紹介されていて読んだのでした。

うちのかめさんも元気です。

連載再開ですか?
おめでとうございます!

似鳥鶏度かで聞いたなーと思い出してみると
「理由(わけ)あって冬に出る」というのを読んだことがありました。
面白かった記憶あれども、ストーリーは忘れてしまいました。(^^;

この頃、毎晩、
東川 篤哉の」「はやく名探偵になりたい」という
ユーモア推理物?短編集を一話ずつ読んで寝ていたのですが

昨夜、最後の一話を読んであらら。
なんというシンクロニシティ。
叙述トリック動物物でした!

こういうのあると、なんかちょっと楽しい。

涼しくなってきたので、最近はかめを箱の中の布団で寝かしています。

ひざの上でうとうとしていたら、そっと箱の中に入れて寝かします。
箱の下には小さいホットカーペット的なものがあって
ほんのりと布団が暖かくなっているのです。

まったく、何様ですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『叙述トリック短編集』で読者に挑戦!:

« 『響~小説家になる方法~』 | トップページ | 『犯罪乱歩幻想』 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)