« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月16日 (土)

『定年前 50歳から始める「定活」』

『定年前 50歳から始める「定活」』
大江英樹著 朝日新書2019/01刊

50代前半ですが何か?
あ~早く来ないかな定年。
「定年にならないで!毎日家に居ないで!」と今の段階で
妻に言われています。
まず作務衣を買って蕎麦打ちの道具を揃え、盆栽を買ってきて
カラオケ教室に通い・・・そんな定年はイヤだ!

著者は世間が煽っている「老後は1億円いるから投資や運用で
金を作れ!」というようなことには否定的です。
退職金で奥様へのご褒美と称して世界一周クルーズはNGだし
「奥様と同じ趣味を持とう」とか「地域の人と交流しよう」とか
いうような、ありがちなテーゼにも反対です。

老後は会社とは縁を切って、別の仕事や起業で収入を確保しよう、
そのためには社外の人脈作りのほうが今は大切、と説きます。

読み終わって、ではさて今から何ができるかな、というと
それは分からないですが、文章を書くのは好きなので
何かそういうことでお金に変える方法はないのかな~と
ぼんやり考えたりはしています。

ビデオ編集も好きなので、ユーチューバーという手もあります。
私が定年になるとき、ユーチューバーなるものが存在しているか
それはわかりませんけどね(笑)。

私がたまに接触する老人たちは「どうしてここまで世間の感覚から
ずれてしまったのだろう?」と思わせることが多い。
自分の価値判断や感覚からしかモノが言えなくなっており
「いや、今の世の中、これがフツーだから」
「それ100人に聞いてみてよ、みんなノーって言うから」
ということが多い。
しかしそれは明日の自分かもしれないので、老人のフリみて
我がフリ直せと、今は自分の戒めとしておこう。

2019年2月 7日 (木)

『カササギ殺人事件』

カササギ殺人事件』上・下巻
アンソニー・ホロヴィッツ

名探偵アティカス・ピュントが活躍するミステリーの最新作
・・・という作中作。

1950年代のイギリスの田舎町。
貴族の末裔の住むお屋敷で家政婦が階段から落ちて死ぬが、
これは果たして事故死だったのか、殺人だったのか。
名探偵アティカス・ピュントのもとに調査依頼が来たものの
彼は余命いくばくもない身で、一旦は調査を断る。
しかし同じ屋敷で更に事件が起こり、探偵は立ち上がるのだが・・・。

冒頭にこれがベストセラー小説シリーズの最新作だという紹介があり、
読者は作中作の小説をまず読むことになります。
そして上巻の最後の1行に「え?」となります。
急いで下巻に向かうと、さらに「ええ?」となります。
そんな本です(笑)。

外文の上下巻本はなかなか読み進めなかったのですが、後半は
スピードが上がり楽しめました。
2018年のミステリー・ベスト10海外部門の1位を総なめにした
本作は読んで損はありません。
0207

**********

とうとう漢方薬に手を出してしまいました。
「尿意切迫」の症状がまずますひどくなり、毎日ちびりそうになる
瞬間があって、本当に怖い。
かといって病院に行くのも何だかイヤだし「トシですよ」と言われて
おしまいじゃないのか?
新聞広告によく出ている「ノコギリヤシ」はどうなのか?とか
考えるのですが、通販はどうも騙されている気がするので信じがたい。

漢方薬屋さんが近くにあったので、そこで症状を説明して
調合してもらうことに。
2週間分で6,000円。1月で12,000円・・・保険も効かないし
やっぱり高いですね、漢方は。即効性もないだろうから、しばらく
12,000円の投資を続けるしかないです。
食前に飲む薬なので、毎朝5時に起きてまず薬を飲み、6時に朝食。
無駄に早起きしないといけないので、これはこれで健康的?

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 米澤穂信: Iの悲劇 (★★★★)
  • 相沢沙呼: medium (★★★★★)
  • 貫井徳郎: 罪と祈り (★★★★★)
  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)