« 2019年4月 | トップページ

2019年5月

2019年5月24日 (金)

『幸せカナコの殺し屋生活』

幸せカナコの殺し屋生活』1巻
若林稔弥著 2019/05刊 お薦め度:★★★★★

ブラック企業でメンタルをやられたOL西野カナコが、
面接を(それと知らず)受けた会社が、殺し屋会社。
待遇面は、ホワイト企業。ただ、仕事内容は殺し。
意外にも天性の才能を開花させたカナコだったが・・・。

ブラック企業で高圧的な上司を前に萎縮していたカナコが、
おどおどしながらも、殺しの仕事を完遂していくところが
面白いです。あと、動物の名前を使ったダジャレ的なギャグも
くだらなくていいです。
無理無理無理無理カタツムリーッとか、そういうの(笑)。

この本が目に留まったのは、本の装丁のおかげと思います。
カナコの泣き笑いのような笑顔の周りに、ギャグで登場する
動物たちが取り巻いています。
なんか面白そー!というエネルギーを感じる、いいカバーだなあ、
と思います。

画はシンプルでイラストっぽい感じで、全ページカラーです。
お薦めですよ~。
0524

2019年5月15日 (水)

『拳銃使いの娘』

拳銃使いの娘
ジョーダン・ハーパー著 早川ポケミス2019/01刊 お薦め度:★★★★★

11歳のポリーの前に、刑務所帰りの実の父親ネイトが突然現われた。
獄中で凶悪なギャング組織を敵に回したネイトには、妻子ともども
処刑命令が出ており、家族を救うため釈放されるや駆けつけたのだった。
だが時すでに遅くポリーの母親は殺されてしまった。
自らと娘の命を救うため、ネイトはポリーを連れて逃亡の旅に出る。
処刑命令を出した組織に損害を与えるため、道々で強盗をくりかえす父子。
暴力と犯罪に満ち危険と隣りあわせの旅の中で、ポリーは徐々に
生き延びる術を身に着けていく。
迫る追っ手と警察をかわして、父子は生き残れるか?
(WEBより転載)

メンタリスト』などのTVドラマの脚本家が小説家デビュー!
というだけあって、展開のテンポがいいです。
1章ごとが短く、話者が変わる構成もテンポをよくしています。
後半にいくに従い、バイオレンス感がハンパないので、
特に女性によっては苦手な方もあるかと思いますが、お勧めです。
0515

子連れ狼』にヒントを得たという話も伝わっていますが、
ポリーは大五郎より活躍しますし、よりバイオレンス傾向が強いです。
いやあ、手に汗握りました。ポケミスなので、ビニール装丁で
ビチャビチャになりますよ。

**********

『子連れ狼』実はコミック版、TV版とも大好きで、特にTV版は
これ以前も以後も、ここまでハイクオリティな時代劇って
なかったよなあ、と思います。
言っちゃあなんですが、時代劇って予定調和で、タチまわりがあって、
最後にサクラ吹雪か印籠が出てきて安心して見れる感じですが、
子連れ狼は時代劇というよりは、ハードボイルドに近いですよね。

殺陣も、軽快な音楽でばっさばっさと斬っていく感じではなく、
BGMもなく、数人でかかって来ても5秒くらいで文字通り瞬殺する
アレがかっこいいです。
拝一刀、強すぎです。そしてアイシャドーも濃い(笑)。

『子連れ狼』を描いた小池一夫小島剛夕コンビでは、実在の
首切り役人・山田浅右衛門を描いた『首斬り朝』もすばらしいし、
ケイの凄春』も、濃い~感じの名作です。
コミックを電子書籍で読むのは感心しませんが、手に入りにくい
今となっては、電子書籍で過去作品を読めるのは、いいかもです。

小池先生のご冥福をお祈りしております。

2019年5月11日 (土)

『予言の島』

予言の島
澤村伊智著 KADOKAWA2019/3刊 お薦め度:★★★★☆

瀬戸内海に浮かぶ霧久井島は、霊能者・宇津木幽子が
6人の死者が出ると予言を遺した場所だ。
天宮淳は幼馴染たちと興味本位から島へ向かうが、宿泊予定の旅館は
「怨霊が下りてくる」という理由でキャンセルされていた。
やがて起きる第1の殺人。
悪天候の中、緊急事態に慌てる淳たちをよそに、
島の住人たちは怨霊を恐れて家の扉を閉ざしたままだった・・・。

映画化された『ぼぎわんが来る』のホラー作家・澤村伊智さんの
ホラーテイストのミステリ。
宜保愛子さんを思わせる霊能者の宇津木幽子の霊視や予言に
翻弄される島民や若者たちの姿が、ちょっとかわいそう。
ホラー要素はあるものの、合理的解決があるのでミステリジャンルの
作品と言えましょう。さらに大きな仕掛けもあって、サプライズも
楽しめる作品になっています。
万人にお薦めではないですが、好きな人は好きかな(なんじゃそりゃ)
0511 

************

令和ですね。10連休とかいって、世間はお祭り騒ぎでした。
私は普通に仕事してました。なんも変わりません。
10連休の人は4割以上いるそうですが、交通、観光、小売、飲食
といった職業の人は、まあそういうときこそ忙しいですわね。
私のようなXX業の人も含め、そういう人は、じゃあ別の機会に
長期休暇をとれるかというと、実際はそうでもない。
みんなが休むから休めるのであって、働いている同僚をよそに
ハワイに行けるわけでもないのが実情じゃあないでしょうか。
10連休なんて正直いらないけど、月間休日が増えるとかのほうが
ありがいですわね。

« 2019年4月 | トップページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)