« 『予言の島』 | トップページ | 『幸せカナコの殺し屋生活』 »

2019年5月15日 (水)

『拳銃使いの娘』

拳銃使いの娘
ジョーダン・ハーパー著 早川ポケミス2019/01刊 お薦め度:★★★★★

11歳のポリーの前に、刑務所帰りの実の父親ネイトが突然現われた。
獄中で凶悪なギャング組織を敵に回したネイトには、妻子ともども
処刑命令が出ており、家族を救うため釈放されるや駆けつけたのだった。
だが時すでに遅くポリーの母親は殺されてしまった。
自らと娘の命を救うため、ネイトはポリーを連れて逃亡の旅に出る。
処刑命令を出した組織に損害を与えるため、道々で強盗をくりかえす父子。
暴力と犯罪に満ち危険と隣りあわせの旅の中で、ポリーは徐々に
生き延びる術を身に着けていく。
迫る追っ手と警察をかわして、父子は生き残れるか?
(WEBより転載)

メンタリスト』などのTVドラマの脚本家が小説家デビュー!
というだけあって、展開のテンポがいいです。
1章ごとが短く、話者が変わる構成もテンポをよくしています。
後半にいくに従い、バイオレンス感がハンパないので、
特に女性によっては苦手な方もあるかと思いますが、お勧めです。
0515

子連れ狼』にヒントを得たという話も伝わっていますが、
ポリーは大五郎より活躍しますし、よりバイオレンス傾向が強いです。
いやあ、手に汗握りました。ポケミスなので、ビニール装丁で
ビチャビチャになりますよ。

**********

『子連れ狼』実はコミック版、TV版とも大好きで、特にTV版は
これ以前も以後も、ここまでハイクオリティな時代劇って
なかったよなあ、と思います。
言っちゃあなんですが、時代劇って予定調和で、タチまわりがあって、
最後にサクラ吹雪か印籠が出てきて安心して見れる感じですが、
子連れ狼は時代劇というよりは、ハードボイルドに近いですよね。

殺陣も、軽快な音楽でばっさばっさと斬っていく感じではなく、
BGMもなく、数人でかかって来ても5秒くらいで文字通り瞬殺する
アレがかっこいいです。
拝一刀、強すぎです。そしてアイシャドーも濃い(笑)。

『子連れ狼』を描いた小池一夫小島剛夕コンビでは、実在の
首切り役人・山田浅右衛門を描いた『首斬り朝』もすばらしいし、
ケイの凄春』も、濃い~感じの名作です。
コミックを電子書籍で読むのは感心しませんが、手に入りにくい
今となっては、電子書籍で過去作品を読めるのは、いいかもです。

小池先生のご冥福をお祈りしております。

« 『予言の島』 | トップページ | 『幸せカナコの殺し屋生活』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『予言の島』 | トップページ | 『幸せカナコの殺し屋生活』 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)