« 線は、僕を描く | トップページ | 『しょぼい喫茶店の本』 »

2019年8月14日 (水)

『いけない』今年の必読ミステリ

いけない
道尾秀介著 文藝春秋2019/07刊 お薦め度:★★★★★

蝦蟇倉市周辺で起きる3つの事件。
章の最後に掲載された絵(または写真)を見て、全体の真相が分かる
という仕掛けのあるミステリー。
3つの事件は別のものでありながらも、からみあって
書き下ろしの終章で幕になります。

0814

トリックとか誰が犯人か・・・というより、事件の全体像が
いったいどうなっているのか、とモヤモヤしたまま読み進め
最後の文章まで来ても釈然としません。
絵を見て腑に落ちる・・・いや特に第1章は、あまり腑に落ちなくて
激しく読み返すことに。
いや、2章、3章も読み返しましたけど(笑)。
しかし、これは爆読必至です。読み返しも含め、ほぼ1日で読みました。

それにしても米花(ベイカ)町並みに事件の起きる、ヤバい宗教団体や
ヤバい○○がある、蝦蟇倉市には住みたくないものです。

*******

暑いですね。九州のほうはそろそろ台風?

最近小型の携帯扇風機が流行ってますが、とうとう100円ショップ
ダイS-でも売られていました。300円。
USBケーブルにつなぐと、ブーンという音とともに
元気に羽を回転させています。健気~。

連日の猛暑で会社の植え込みのツツジの葉がちょっと黄ばんで
きました。いとうせいこうの『ボタニカル・ライフ』を
今読んでいるので、ついつい水遣りをしてしまいました。
日中はダメなので、日が暮れてからね。
ダイSーで1リットル入りのアンプルが売っていたので
それもびしゃびしゃ撒いてみました。

あれ、なんか扇風機の勢いがさっきと違うぞ。
もう息切れか・・・。
この夏、私か、この扇風機か、力尽きるのはどっちだ?

« 線は、僕を描く | トップページ | 『しょぼい喫茶店の本』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 線は、僕を描く | トップページ | 『しょぼい喫茶店の本』 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • 米澤穂信: Iの悲劇 (★★★★)
  • 相沢沙呼: medium (★★★★★)
  • 貫井徳郎: 罪と祈り (★★★★★)
  • 横山秀夫: ノースライト (★★★★★)
  • 加納朋子: いつかの岸辺に跳ねていく (★★★★★)
  • 道尾秀介: いけない (★★★★★)
  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)