« 『ゼロ時間へ』感想 | トップページ | シャーロック・ホームズ語辞典 »

2020年2月22日 (土)

『ナイブズ・アウト~名探偵と刃の館の秘密』

作家で出版社の創業者の誕生日パーティーが郊外の館で催される。
翌朝、老作家は首を掻き切られた姿で発見される。
自殺か他殺か。他殺とすれば、パーティーに参加した一族の者と
家政婦と看護師の中に犯人が?

警察は自殺と見ていたが、なぜか名探偵と名高いブノワ・ブラン
(ダニエル・クレイグ)が捜査に参加していた。
探偵はある人物から事件の調査を依頼されていたのだった。
彼はワトソン役となった看護師のマルタ(アナ・デ・アルマス)と
ともに事件を調べ始めるのだが・・・。

日本語タイトルが子供向けのファンタジー映画みたいですが
ど直球の本格ミステリー映画です。
映画でミステリーというと、サイコ・サスペンスとか、
バディもののアクションっぽい作品が多いですが、これはもう
アガサ・クリスティー的なものを意図して作られているので、
スマホやPCも出てくるものの、なんか20世紀感が強いです。
だいたい「名探偵」なんてね・・・。

序盤に、関係者の聞き取りがあって、一族のメンバーが紹介され
そのとき何があったか、自分と被害者の関係などが語られるのですが
ここがちょっと退屈というか。そもそも外人の顔と名前を
覚えるのが大変なので「あ~この映画、つまんないかも・・・」
と思い始めました。ですが結構早い段階で、事件がどうやって
起きたのかが明かされてしまいます。
そこから話が俄然面白くなるので、序盤はちょっと辛抱しましょう。
ヒロインの女の子のキャラクターにちょっと面白い設定があって、
その設定がストーリーにうまく活かされています。

監督は「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン。
探偵役はジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグ。
ヒロインはアナ・デ・アルマス。『ブレードランナー2049』で2.5次元の
AIヒロインを演じました。チャイナドレス姿が超可愛いかった~。

« 『ゼロ時間へ』感想 | トップページ | シャーロック・ホームズ語辞典 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ゼロ時間へ』感想 | トップページ | シャーロック・ホームズ語辞典 »