« 『ナイブズ・アウト~名探偵と刃の館の秘密』 | トップページ | 読むお酒 »

2020年2月22日 (土)

シャーロック・ホームズ語辞典

シャーロック・ホームズ語辞典
北原尚彦・文/えのころ工房・絵 誠文堂新光社2019/12刊

ホームズにまつわる言葉をイラストと豆知識でパイプ片手に読み解く
・・・という副題がついています。
0221

表紙にパイプが3本描かれていますね。
ホームズをはじめとする「名探偵」のアイコンであるパイプは
柄が曲がったパイプで表現されがちですが、実際ホームズの時代の
パイプは曲がったものがなかったらしく、まっすぐが正解だそうです。
なので、表紙のシルエットもまっすぐなパイプを持っています。

同様に、ホームズが着ているあのチェック模様のインヴァネス
そんなの着ているという描写は本文(シャーロキアンは「正典」と
呼ぶそうですが)にはないそうです。
挿絵とかのヴィジュアルの影響で定着したようですね。
「旅行用なので、都会のロンドンで着ているのはヘンである」と、
この本にも書かれています。なので、本書のイラストでは
ホームズはインヴァネスを着用していません。

そんなこんなの小ネタも含む面白情報満載の本です。
文はホームズ研究の第一人者・北原尚彦さん。
項目は正典=ドイル作ののオリジナル以外にも、パスティーシュ、
映画、アニメ、俳優・声優にも及んでいます。
オールカラーで写真は書影のみ。あとはえのころ工房さんの
イラストになっています。写真だと権利関係とかいろいろ
あるんでしょうね。変に不鮮明な白黒写真を載せられるより、
カラーイラストで楽しく表現したのは正解ですね。
作品の登場人物もイラストになっていて、読みながらイメージ
しやすいです。

ホームズとワトソンがいたベーカー街221Bの部屋も俯瞰で
イラストになっています。これはなかなか力作ですね。
ドイルが生きていたら見せてやりたい。
妖精さんに天国までこの本を運んでもらおうかしら。

この番地221Bにちなんで、2月21日はホームズの日だそうです。
ちなみに「2月21日は何の日」でググっても、ホームズの日とは
出てきません。そんな有名じゃないのね~。

池田邦彦さんのコミック『シャロッキアン!』も再開して欲しいね
(と、この本にも書かれていました)。あれはドラマ化して欲しい。
ただ私は特にシャーロキアンではございません。念のため。

« 『ナイブズ・アウト~名探偵と刃の館の秘密』 | トップページ | 読むお酒 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ナイブズ・アウト~名探偵と刃の館の秘密』 | トップページ | 読むお酒 »