« 読むお酒 | トップページ | ビール職人の醸造と推理 »

2020年3月 6日 (金)

巴里マカロンの謎 感想

巴里マカロンの謎
米澤穂信著 創元推理文庫2020/01刊 お薦め度:★★★★☆

高校生男女コンビ、小鳩くんと小山内さんが日常の謎を説く
小市民シリーズ」11年ぶりの新作。
11年経っても高校生のサザエさん方式。

表題作は新規オープンのスイーツ店で、3つセットのマカロンを
注文したところ、席を立っている間に4つめのマカロンが
皿に乗っていた、というもの。いったいこの店内の誰が
何の目的でマカロンを追加したのか?
・・・などスイーツがらみの謎4篇を収録。
0306

最初から文庫で読めるお買い求めやすさと、安定の面白さ。
それこそチョコでもつまみながらお茶飲みつつ読むのに最適です。

しかしそんな優雅な気分にもなれない昨今ですが・・・。

******

ブログの更新頻度、今年も低いぜ!アクセス数は極小だぜ!
と思いつつ、少ない更新内容をさかのぼって見ていたら
今年最初の記事では

「2020年は災害が無いといいなあ。
それだけはお天とう様にお願いしたいところです」

と締めくくっていました。災害どころかすでに世界規模で
パンデミックな感じになってきています。
災害は局地的なので被災地を支援したりもできそうですが
これは地域が拡大する一方です。
私の住む市にも、感染者が出たそうです。
早く収束を願うばかりです。

« 読むお酒 | トップページ | ビール職人の醸造と推理 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

折れた竜骨は、かめのてさんのレビューを読んで読んだんでした。
おもしろかったなー。

作風がいろいろなので同じ人の作品と思えないのですよね。(^^;
氷菓、リカーシブル、犬はどこだ、そして、折れた竜骨…。

このシリーズは読んでないけど、日常の謎は楽しそうですね。
チョコをつまみつつ読めるっていいな。

私もまさかこんな春になるとは思いもしませんでした。
はやくおさまりますようにと願ってます。


もう花粉のこととか誰も話題にしないですね。
何なら花粉上等!ウエルカム。
ウイルスはご遠慮下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読むお酒 | トップページ | ビール職人の醸造と推理 »