« NOシュヨウ日記 第5回 | トップページ | NOシュヨウ日記 第7回 »

2020年7月21日 (火)

NOシュヨウ日記 第6回

7月4日その1
有料老人ホーム探し

新幹線で関西方面へ。兄の車にピックアップされて
母が入居するための「有料老人ホーム」を見に行く。

介護施設には
療養型病院:費用は安いが、病院なので介護は手厚くない。
特養(特別養護老人ホーム):重度の介護が必要な人で
 公共の施設で値段が安いが、入居待ちが多数あり空きがない。
有料老人ホーム:介護サービスつきのワンルームマンション
 といった感じ。値段もピンキリ。安いところで月15~20万、
 高いところは初期費用に100万円以上かかるところも。

特養は空きが期待できないので目当ては「有料老人ホーム」だ。
「療養型病院」は安くて一見良さそうだが、お金はないけど
死を待つ人がただ寝ているだけ・・・みたいな感じなのかな?

実家のある市内の施設Aで、物件を斡旋してくれる会社の
コーディネーターさんと合流、入口で検温をしてから
施設の説明を受ける。

実家に近い、駅も近いので父もバスで行けそうなのが
「施設A」の魅力でしたが、難点は24時間看護師がいないことで
何かあったときに対応できない、病状が重篤になった場合
看護師が常駐する施設に移る必要がある、ということだった。
割と自由な雰囲気で、面会も自由とのこと。

次に紹介を受けた「施設B」は、OPEN間もない施設で
キレイなのだが、実家から離れている、駅近でもないので
父が単独で行くのは難しそう。

しかし24時間看護師常駐なのと立地が悪いせいか
値段がそのぶん安いところが魅力。
とはいえ、よっぽどのセレブなホームでもなければ
条件がよければ値段はこの際、二の次でいいだろう。
面会は感染症対策で予約制、15分程度とのこと。
う~ん、そこはちょっとね。

父がどの程度、面会に行くのかでも選択は変わりそう。

« NOシュヨウ日記 第5回 | トップページ | NOシュヨウ日記 第7回 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NOシュヨウ日記 第5回 | トップページ | NOシュヨウ日記 第7回 »