アニメ・コミック

2019年5月24日 (金)

『幸せカナコの殺し屋生活』

幸せカナコの殺し屋生活』1巻
若林稔弥著 2019/05刊 お薦め度:★★★★★

ブラック企業でメンタルをやられたOL西野カナコが、
面接を(それと知らず)受けた会社が、殺し屋会社。
待遇面は、ホワイト企業。ただ、仕事内容は殺し。
意外にも天性の才能を開花させたカナコだったが・・・。

ブラック企業で高圧的な上司を前に萎縮していたカナコが、
おどおどしながらも、殺しの仕事を完遂していくところが
面白いです。あと、動物の名前を使ったダジャレ的なギャグも
くだらなくていいです。
無理無理無理無理カタツムリーッとか、そういうの(笑)。

この本が目に留まったのは、本の装丁のおかげと思います。
カナコの泣き笑いのような笑顔の周りに、ギャグで登場する
動物たちが取り巻いています。
なんか面白そー!というエネルギーを感じる、いいカバーだなあ、
と思います。

画はシンプルでイラストっぽい感じで、全ページカラーです。
お薦めですよ~。
0524

2019年1月 7日 (月)

彼方のアストラ

彼方のアストラ』1~5巻
篠原健太著 集英社ジャンプコミックス刊 お薦め度:★★★★★

「惑星キャンプ」に来た高校生ら9名が、目的の惑星に着くと
そこに現れた謎の光る球体に飲み込まれ、宇宙空間に放り出される。
宇宙服のおかげで命はとりとめ、漂流していた宇宙船に乗り込み
帰還を目指すが・・・。
0107

このマンガがすごい』少年編の第2位となった作品で、
SFミステリ、伏線回収がすばらしい、との評判に読んでみる
ことにしました。ジャンプコミックでちゃんと最初から最後まで
読んだのは『デス・ノート』『バクマン』以来でしょうか。

さて宇宙に漂流した彼らは、対立や友情を深めたりしながら
惑星から惑星とハシゴしながら故郷を目指すわけですが
自分たちはなぜこんな目にあっているのか、これを仕組んだ人間が
この中にいるのではないか、という疑惑を孕んだまま
物語は進んでいきます。
ところどころで9人の生い立ちや家庭環境が語られ、そこが
物語のキーになっています。

深刻な話ですが、全体にギャグっぽい明るいテイストだし
何よりリーダーのカナタ少年の前向きで一直線なキャラクターが
物語を楽しくしています。

少年コミックというと、キャラ設定がまずあって、敵キャラがいて
勝負して、負けて、修行して、勝負して、さらに強大な敵が現れて
・・・みたいなパターンが多い中、これは5巻ぶんきっちり
長編ストーリーになっており、第5巻ですべての謎が解けるように
なっています。
なかなか読み応えありました!5巻まとめてグイグイ読むことを
お薦めします。

2018年10月 4日 (木)

『響~小説家になる方法~』

響~小説家になる方法~
柳本光晴著 小学館コミックス お薦め度:★★★★★

鮎喰響(あくいひびき)と幼馴染(なのか?)の麟太郎は
新・高校1年生として、ある進学校に入学してくる。
クラスメートとも話さず、本ばかり読んでいる響は
部活として文芸部を選ぶが、文芸部は不良の2年生の
溜り場となっていた。響は不良たちを追い出してしまい、
デコボコのメンバーで文芸部がスタートするが・・・。

一方、低迷する文芸誌「木蓮」の編集部には、
新人賞の応募作として、響の手書き原稿が届いていた。
しかしデータ入稿ではないし、そもそも連絡先も書いていない。
それでもこの作品を大傑作と感じた女性編集者・花井は
なんとかこれを応募作にして、文芸界に新風を巻き起こそうと
画策するのだが・・・。

まだ1巻を読んだだけですが、なかなか面白い!
これまでマンガ家を主人公にしたものや、出版業界を舞台にした
マンガはありましたが、これは小説家(のタマゴ)が主人公。
そういうのは、奮闘記になりそうですが、最初から天才扱い。
ただ性格が純粋過ぎてか、常軌を逸しているので、いわゆる
キャラ立ちがしています。
1巻の段階ですが、画が少々こなれてない感じがします。
背景と人物のサイズ感が違和感あったりします。
そんな難点を差っ引いても面白いので、続けて読もう!
1003


映画が上映中ですが、これは未見。
欅坂46平手友梨奈が主演です。おじさんにとっては誰やねん
という感じで「不動のセンター」だそうですが、人気なのは
本人の人とナリが受けてるのかな?

欅坂46の歌、というか秋元康の歌詞は何だか青春の反抗ソング
みたいで、どうもおじさんには違和感があって気持ちが悪い・・・
一人で歌うとか、バンドのボーカルが歌うのならいいのですが
女の子のグループが揃いの衣装でダンスしながら声を合わせて、
というのがどうも歌詞の世界観としっくりこないからかなあ。
1度もちゃんと聴いたことないので文句を言う筋合いではないけど。

「欅坂46 歌詞が」とグーグルに打ち込んだら
「歌詞がいい」というのが候補にあがりました。
そうなのか・・・歌詞が嫌いって出るかと思った・・・。
すみません、世間からずれて私だけ嫌いとか言っていて、
もはや私はサイレント・マイノリティーでした(なんちて)。

2017年7月 7日 (金)

『将棋の渡辺くん』恐るべき棋士の生態

将棋の渡辺くん』1巻
伊奈めぐみ著 講談社コミックス2015/9刊 お勧め度:★★★★☆

にわか将棋ブームで、TVでこのマンガが紹介されていたと、
妻からの紹介。渡辺くん=渡辺明竜王の日常を妻が描写する
エッセイマンガですが、なぜが月刊少年マガジン連載。

プロの棋士という、あまり身近にはいない人が、どういう生活を送り
どういう思考をするのか、という部分も興味深いのですが、
なんといっても、渡辺くんの個性的なキャラクターが面白いです。
毎日将棋のことだけ考えてきた渡辺くんは、常識はずれの部分が多く
干支の十二支が言えないとか、蚊取り線香に火をつけられない、
なんてエピソードも出てきます。
それにぬいぐるみ好きというカワイイところも女子ウケしそうです。
下のマンガでも、おなかにぬいぐるみが乗っています。
0707_2
試し読みより転載

************

「7月6日は何の日か?」と妻にクイズを出されました。
「え?七夕イヴ?」
「違うよ、そもそもこのクイズはあんたが先日私に出したんだよ」
「え?そんなクイズ出した?」
「そうよ、朝の忙しいのに、新聞見ながら出したんだよ!」
そんなクイズ、覚えてないし、7月6日が何の日か知りません。

正解は分かりますか?

『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

これです。『サラダ記念日』が新聞のサンヤツ広告に載ってたのを見て、
私がクイズにして出したのでした。
全然覚えてないや!
妻が言うには
「サラダなんて野菜の味がするだけで、味がいいとかある?」
確かに、ポテサラでもない限り、結局ドレッシングの味ですわね。

2016年10月20日 (木)

『亀のジョンソン』亀飼育者の日常

『亀のジョンソン』
大島安希子著 講談社コミックス(BE LOVE)

アラサーの校閲ガール・はるかは、ある日迷い亀を家に持って帰って
きてしまう。ジョンソンと名づけられたクサガメ(成体・でかい)の
思わぬ生態に、ふりまわされる毎日であった・・・。

擬人化されたキャラとしてのカメが登場するマンガはありましたが
これは実際にカメを飼っている人の、あるある話。
エッセイマンガではなく、一応ストーリーもの。
ほかに登場人物は、カメを飼っている小学生と、カメ狂いの
イケメン獣医の2名。

普通は小亀から飼うものですが、これはいきなり成体のメスです。
うちのもクサガメですが、オスですので、ジョンソンよりも
でかくはなく、黒化と言ってオスは成体になると黒くなるので
まっ黒の体で、首筋の黄色い模様もありません。

1020

普通、カメの絵を描け、と人にいうと、横から見た図か、
上から見た図になると思うのですが、この表紙の構図はいいですね。
カメ飼育者目線で見ると、カメはよくこっちの顔を見上げて
ひざに上ってきたりするので「この感じ、わかるわ~」と
思いました(食べるとき以外、口は開けませんけどね)。

ジョンソン氏はもともと野生なので、ミミズからイチゴまで
食べるようですが、子ガメのときから配合飼料しかあげていない
うちのカメは、おやつのエビすら食べません。どうやら配合飼料
しか、食べ物と認識していないようです。
著者のブログを見ると、実際に何匹か飼っておられる模様。
なかなか楽しいマンガでした。

試し読みはこちら↓

http://sokuyomi.jp/product/kamenojons_001/CO/1/

2016年9月21日 (水)

『アキオ・・・』上質のドラマのような

アキオ・・・
村上たかし著 小学館BC2016/08刊 お勧め度:★★★★☆

アキオは、さえない50男のサラリーマンだが、若くて気立てのよい
美人の奥さんと娘に恵まれ、小さいながらもマイホームを持ち
幸せに暮らしていました。
ある日、仕事中に自宅に帰ることがあり、そこで間男と遭遇。
間男と奥さんから、別れて欲しいと切り出されるが・・・。
0921

・・・という、世間にありがちな熟年離婚(でも奥さんはまだ30代)
の話なのですが、昼ドラだと、ドロドロ方面に向かうところ、
このマンガはここで意外な展開(アキオが意外な決断をする)を
見せます。ドロドロに向かわないのは、奥さんも、そして間男も
基本的に悪い人ではないからです。

読んでいて「山田太一ドラマみたいだなあ~」と思いました。
山田太一ドラマも、ちょっと主人公が、ぶっとんだことをして
そこがドラマを生み出しますよね?そんな感じです。
1巻もので、ちょっと読んでみるには、いい作品ですよ。

ドラマ『重版出来』に出てきた『タンポポ鉄道』も、
断片的ながら、付録で読めますよ。

2016年5月31日 (火)

『イカちゃんクマちゃん』

『イカちゃんクマちゃん』
三木よう子著 角川書店2016/03刊 お勧め度:★★★★☆

ある日、クマが暮らしている家の冷凍庫にいたイカが、
寒くて出てくる(笑)
クマの家に居座るイカ(笑)
イカは会社勤めを始めたりする。クマを店を開店。ああ。

WEBで連載のコミックの書籍化です。

クマといっても、どうみてもぬいぐるみ的な感じです。
ちゃんと家に住んでいて、服も着ています。
イカは基本、裸で、通勤のときはネクタイ着用・・・
そんな情報、どうでもいいですか。

こちらで読めます↓

https://note.mu/ikachan/m/m773c6d17d811

*****

Windows10の強制アップグレードの噂を聞いていましたが、
Windows7を使っている私のPCにも、とうとう来ましたよ、
「アップグレードしちゃうよ、しちゃうよ!」というお知らせが。
怖い!とりえず、延期するボタンを押す。
延期といっても、猶予は1週間くらい。1週後に強制アップデートが
始まってしまうらしい。何なんだ、これは!
私はビデオ編集ソフトを使っているのですが、これの一部に不具合が
出るらしい。
会社のPCに詳しい人に聞いたら、回避する方法を書いたサイトを
教えてくれましたが、なんだか素人には難しそう。
とりあえず、延期をさらに延期して、先延ばし戦略。
でもうっかり期日を越えたら、アップデートされるので、早めに
回避の操作をしよう・・・。

2016年3月27日 (日)

『波よ聞いてくれ』①②超面白い!

波よ聞いてくれ』①②
沙村広明著 講談社アフタヌーンKC お勧め度:★★★★★

北海道。スープカレーの店に勤める鼓田ミナレは、男にだまされて
酒場でクダを巻いていた。たまたま隣あったラジオのディレクター
麻藤に、男への恨みつらみをぶちまけ、半分記憶のないまま、
自宅で目覚める。翌日、勤め先のカレーハウスの店内に流れる
ラジオから聞こえてきたのは、昨夜の自分の声だった。
麻藤は「街角ロストラブ」という素人参加のコーナーの素材にと
彼女の声を録音していたのだ。麻藤は、彼女の表現力と、一度も
噛まないで喋り続ける能力に目をつけ、ミナレをラジオ業界に
誘ってくるのだが・・・・・・。

季刊誌『フリースタイル』の特集「このマンガを読め!2016」で
3位になっていたので、思い切って既刊の2巻とも購入。
さすがの3位、コレめちゃくちゃ面白い!
セリフを読まずに、パラパラとページをめくっただけでは
おそらくハードボイルドか、サスペンスのように思える、全体に
黒っぽいシリアスな絵ですが、これがコメディなんです。
この絵柄でコメディ・・・。
しかし、セリフがすごく面白いんですね、これが。この作者の
言葉選びのセンスがすごくいいので、コメディとして成立してます。
ギャグマンガだと、どうしても過剰な表現をしたり、登場人物が
ずっこけたり、急に2頭身になったりしますが、そういうのは
一切なし。このままTVドラマでも再現可能なリアルな表現のまま
それでいてコメディ。お勧めです。


これは、冒頭のディレクターにクダを巻くシーン。こんな絵です。
0327


2015年11月28日 (土)

『ランド』1巻・2巻

ランド』1巻・2巻
山下和美著 講談社モーニング・コミックス

四方を山に囲まれた村。東西南北の山の頂上には、巨大な神様の像
「四ツ神様」がそびえ、その山の向こうは神の領域であり
人は行き来することはできない。

村で生まれた双子は忌み嫌われ、双子のうち1人を「四ツ神様」に
生贄として差し出すことになっていた。
捨吉は我が娘のうち一人を生贄にするため山に置き去りにし、
その罪の意識から、両目を潰して盲目となる。
生き残ったほうの娘・杏は、好奇心旺盛な娘に育った。
なぜ山の向こうに行ってはいけないのか。
なぜ人は50歳で「知命」を向かえ、天主様に召されるのか。
「知命」と死ぬことは違うのか・・・。

設定だけは、流行の「異世界もの」のように思えますが、着ているものや
習俗などは江戸時代のものです。でも何時代かは明らかにされていません。

こちらから、内容を立ち読みできます↓

www.moae.jp/comic/land/1?_ga=1.139834801.34901493.1448693882

女流漫画家の繊細なタッチと、骨太な世界観のミスマッチで、
話がどう展開していくのか楽しみです。
最近2巻が出ましたので、1巻とあわせてどうぞ。
1128

**********

歯医者シリーズ
前回までのあらすじ。
歯のかぶせものの治療を終えたかめのて氏だったが、歯石がたまり、
歯周病の危険があると告げられ、その恐怖に慄くのだった。

歯ぐきになんかシビレ薬のようなものをかけられ、歯石をゴリゴリ
取られる。
返せ、おれの歯石!なんか前の歯の治療より怖い。
下の歯全体をやられて終わる。
水で口を漱ぐと、水が赤い。血ぃ出とるやないですか!

「さて、かめのてさん。歯石がとれました。
歯茎はこのように歯を支えていますが、これが痛んでくると
歯を支えられなくなって、やがて歯が抜けます」
ぎや~~ッ、歯が抜ける~~っ。
「今、あなたの歯と歯茎の間は、歯石が取れて、こんな感じに
スキマができた状態です」
す、すきまが、そんなに・・・??
「このスキマは1週間くらいで、閉じていきますが、そのときに
食べかすや歯周病菌が入るとですね」
どどど、どうなるんですか?
「ふふふ」
(笑ったような気がする)
「元も子もありません。そこでこれを使います」
何ですかそれは?!その見たこともない不気味なもので、私をどうしようと
言うのですか???
「この1列しか毛が植わっていない歯ブラシで、歯茎と歯を間を
このようにするんです。さあ、口を開けて・・・」
うわああああああっ。
「歯周病菌はね、空気に触れると死ぬんです。こうやって毛先を差し込んで
やるとですね・・・」
いやああああああっ。
「これを毎食後やるんです。食べたら必ず」
食べたら必ず・・・会社に行っているときもですか?
「そうです。当然です。コーヒーは好きですか?」
はい・・・中毒者です。
「コーヒーに入れるミルクや砂糖も、歯周病菌のエサですからね・・・
飲んだら磨いていただかないと!」
ええっ、コーヒーでも・・・コーヒーでも・・・。
「紅茶ならいいですよ」
コーヒーがっ、コーヒーが飲みたいんです!
「コーヒー飲んでもいいんですよ。でも磨いて下さいね。コレで」
いやあああああああっ。面倒くさいいいいいいっ。

ということで、なんか特殊歯ブラシによる歯磨き法を指示されました。
今週はコーヒーはブラックにして、昼飯はずっと抜いていました。
そんな面倒くさい歯磨き、会社や出先でやってられますか!
また次回の通院で上の歯をやられます。
もう1週、昼飯抜きです。やりたくもない歯医者ダイエットです。
みなさんも一度、お試し下さい。確実なカロリー制限ができます・・・。

2015年3月14日 (土)

目の話2 と『冷馬記』2巻

<前回までのあらすじ>
埃よけに伊達メガネJINS PCをかけて現場作業に勤しむ
かめのてさんは、過労死、過労死といいつつ、その実
眼科のナースに劣情をもよおしていた。
伊達メガネのまま、久々に事務所に出勤したかめのてさんは
自分を見つめる周囲の視線に気づくのであった。

*****

普段メガネをかけていないので、メガネをかけている姿は
周囲にとって新鮮らしい。

「お、なんや、かめのて君。とうとうアレか。始まったんか」
「始まったって何ですか。これは花粉よけでして」
「隠さんでもええて。そろそろ近くのものが見えんように
なってきたんやろ」

老眼ではありません。今のところ順調にただの近眼です。

敏腕美人秘書は「ん?」という表情を浮かべてスルー。

・・・しかしである。人によっては反応があった!

「おや、かめのてさん、イメチェンですか?」
「かめのてさん、なかなか知的に見えますね」
「印象ががらりと変わりましたよ」
「メガネ男子好きの女子には、ぐっときますよ」

・・・以上のコメントは全部、野郎のものですが、
まあ、何も無いよりはいいでしょう。

「以前に比べて、スゴイいい感じですよ。こう知的な感じで」

じゃあ、前はどうだというのか。アホ面だったとでも?

しかし、ふつうはメガネをとったら実は美少女だったとか、
メガネをとって、電話ボックスに入ってS字マークのシャツに
着替えたら、スーパーマンだった、とかそういうパターンはある。
逆にメガネをかけて、点数アップという例は少ない。

メガネ女子は、私は結構好きである。時東ぁみとか。
メガネで水着、とかムダにエロくて好きなのであります。

*****

エロ妄想といえば、

冷馬記
喜国雅彦×山上たつひこ著(小学館)

は、2巻にいたってますます面白いです。
1巻では方向性がよく分からなかったのですが、主人公の独太郎と
顔の曲がった義弟が、謎の女・則子をめぐって旅する、いわば
ロードムービー(映画じゃないけど)なんでしょうね、これは。

2巻の前半に登場する、前衛華道家の一家のエピソードなどは、
いかにも山上たつひこらしいシュールさ。
後半の、則子に心酔するスーパーの店員と、虫のような
農家の老人たちも面白い。
2巻の趣はギャグマンガ版『砂の女』と言ったら言い過ぎか?
0314


表紙画像をとろうと、検索したら、このブログが結構上位に
表示されて、ちょっとびっくり。誰もレビューしてない、
ということなんでしょうかね(笑)

↓ベスト眼鏡ドレッサー投票に、ひと押しお願いします。


本・書籍 ブログランキングへ

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)