音楽

2017年4月16日 (日)

きのこ帝国LIVE(名古屋)

本日、日本特殊陶業市民会館ヴィレッジ・ホール
きのこ帝国のライブを見に行ってきました。

きのこ帝国は佐藤千亜妃がヴォーカル・ギター&ソングライティング、
ギター(女性)+ベース(男性)+ドラム(男性)の4人のバンド。
私は映画『湯を沸かすほどの熱い愛』のエンディング曲である
愛のゆくえ』を痛く気に入りまして、俄かファンになりました。

ローソン・チケットでLIVE前日のギリギリにチケット購入。
会場に着くと前日に買っただけに後方の席ですが、ありがたいことに
通路際の席。これで途中におしっこに行きたくなっても大丈夫!(笑)
これはもう私にとって死活問題なんすよ。
しかも、隣の席も前の席も、誰も座ってなくて開放感あり。
やはりチケットは前日にとるに限る(アートストの顔は豆粒のように
見えるだけですが・・・)。

さてメンバーが登場すると、前の席から順に立ち上がる。
前に立たれると見えないので、勢いみんな立つことに。
そんなノリノリ、イエイイエイのバンドじゃないのに、座って聴けば
いいんでない?
実際みんな手を上げたり、イエイイエイな人もおらず、じゃあ座って
聴こうよみんな。

CDで聴いたときは、ふわ~っとした印象だった曲も、ライブの
轟音のギターとビカーッとした照明の中で聴くと、イメージが変わり
なかなかいい感じ。
私の好きな『東京』『クロノスタシス』なんかもセットリストに
入っていて、生で聴けてよかった。

ヴォーカルの佐藤さんは、すごく歌がうまい感じではなく(失礼)
そこがまたいいのですよ。

「うんそう、こういうのでいいんだよ」(井の頭五郎・孤独のグルメ)

魅力はソングライティングの上手さのほうですね。
女の子がでっかいギター抱えて、大観衆を前に健気に歌っているのは
なんか応援したくなりますね(齢かな?)。
MCは少なめで、ステージを動き回ったりとかのパフォーマンスも
ありませんので地味でしたが、その分じっくり曲を楽しめました。

まだ買ってないアルバムもあるので買おう!

2015年2月16日 (月)

最近買ったCD『ナマで踊ろう』

最近買ったCD。
坂本慎太郎ナマで踊ろう

最近買ったといっても、2014年5月の発売。その前のアルバム
幻とのつきあいかた』は聴いたのですが、コレが出てたのを
知りませんでした。
なかなか地味で暗くて、スチールギターが妙にふわ~んとした
気分にさせる傑作です。
本作は社会批判的なメッセージの濃い、早くも世紀末的な1枚。

その中の1曲『あなたもロボットになれる』がなかなか楽しいです。
みんなのうた」で流れそうな楽しげなアニメのPVは
アルバムVerと違い、かもめ児童合唱団の歌です。
画面に向かって、ぐんぐん迫ってくるヘタウマな絵が怖い!
どうぞ、ご覧ください。
YOUTUBEはこちら↓

https://www.youtube.com/watch?v=BFa0SA4pEKo

↓本じゃなくてアレなんですが、押してください。


本・書籍 ブログランキングへ

2015年1月10日 (土)

在日ファンクLIVEその2

在日ファンク笑うな』発売記念ツアー2014の1か所であった
名古屋公演が、台風のせいで中止になり、その振替公演が昨夜
ございました。クラブクワトロに行ったのは久しぶりですが、
7人編成のバンドにはやや小さいステージですね。

在日ファンクは「日本に在りながらファンクをやる」バンド。
中心は、星野源とバンド「SAKEROCK」を組んで
トロンボーンを吹いていた浜野謙太(Vo)。
ドラム、ベース、ギター、ホーンセクションの3名の大所帯。
今回は腰から下が赤の揃いのスーツで登場。
宇宙人トークのバンド名紹介のイントロに続き、テンポのいい
ナンバーの『百年』。続いて『ちっちゃい』。

浜野謙太の書く詞は、同じ言葉の繰り返しが多いです。
この『ちっちゃい』でも、

♪ちっちゃい  ちっちゃいちっちゃい

みたいな歌詞があります。これをステージと客が一体となり

ちっちゃい、ちっちゃい、ちっちゃい!

とコールする様は何か変です。
『ちっちゃい』に限らず、今回のアルバム『笑うな』には
ネガティブ・ワードの曲が多く、ライブのノリでは、
ボーカルのシャウトに続いて、客がレスポンスするのですが

♪断固すいまーーーーん! 
♪すいません♪
客「すいません!」
♪すいません
客「すいません!」

歌い手と客がステージを挟んで、謝りあうってどうなのか。
ノリノリで腕を突き上げて、すみません!と謝る(笑)。

♪根ーにもってまーーーーす
♪根に根に根に 根に根に根に 根にもってまーーーす

♪爆弾こわーい!
♪吹っ飛べ! やっぱ吹っ飛ぶな!
♪吹っ飛べ! やっぱ吹っ飛ぶな!

やあ、楽しかったなあ。
その後、公演が延期になったお詫び?なのか、サイン会と握手会が
あったのですが、ちょっと眺めてから帰りました。すいませーーーん!
楽器を持たないミュージシャンはふつうの人達でした。
ジェントル久保田さんは、ステージ上ではトロンボーンを振りながら
踊る怪人という感じですが、サイン中は実にジェントルマンでした。

それにしても、店の兄ちゃん、サーバーでビール(発泡酒だが)
注ぐのが下手過ぎる。サーバーの意味なし。もっと勉強せよ。

↓ランランランランキンキンキング・・・ボタボタボタンン・・・
 オシオシオシオシテネネネネ・・・・


本・書籍 ブログランキングへ

2015年1月 9日 (金)

在日ファンクLIVE その1

今日は在日ファンクの振替公演で、名古屋クラブ・クワトロ
行って来ました。

ワレワレワレワレハ・・・・・・ザイザイザイザイザイニチニチ・・・・・・
ファンファンファンファンファンク・・・・・・

例の宇宙人ふうのナレーションで始まったLIVE。
しかし!詳しくは次回の更新で!もう眠いの(笑)。

2014年8月23日 (土)

サンタラLIVEレポート

8/22(土)名古屋今池のライブハウス兼居酒屋「TOKUZO」で
サンタラLIVEがあり、会社帰りに行って来ました。
「え~、サンタナなら知っていますが、サンタラというのは初めて
聞きました」
「そお~ですか~。かめのてさん、サンタラとはどういう意味みみみ」
「はい、まあ、ヒンズー語でオレンジのことです」
サンタラは、ギター&ボーカルの男女ユニットで、知る人ぞ知る、
知らない人は多分知らない、私も知ったのは1、2年前でした。
カーラジオでたまたま聞いた「Money」が心の琴線に触れ、
(Moneyだけにキンセンに触れた?)、それから聞き始めました。
サウンドはカントリー・ウエスタン、アメリカン・トラディショナル
な感じです。
そのサンタラが最新アルバム『COLD・・・』なんか長い英語の
タイトルで出して(笑)、その全国ツアー中なのです。

さてTOKUZOさんに行きますと、既に席は半分ほど埋まっており
テーブル席中心で、どのテーブルにも1~2名の客がいます。
後方のテーブルに男性が一人でいたので「このパッとしないおっさんに
連れはいそうにないな」と思い「ここの席はいいですか」と断り、
5脚ほどある席のひとつに、ぱっとしない私は腰かけました。
ビールと豆腐サラダを注文すると、後からちょっといい感じの女性が
来て、このぱっとしないおっさんの隣に座るではないですか!
ぱっとしないおっさん、やるな!この期に及んで、ぱっとするとは
どういう了見だ!私のぱっとしない感が目立ってしまうじゃないか!

まだ空のステージを見ると、ドラムセットがない。まさか2人だけで
出てくるのかと思ったら、やっぱり2人だけで登場。
1曲目はニューアルバムのうちのインスト曲で、西部劇を思わせる
感じの曲。続けてアルバム1曲目の「非情の街」。この曲、CDでも
冒頭に西部劇の老ガンマンが語るような台詞があるのですが、これを
ライブでも再現。

ということで、新曲から古い代表曲もとりまぜて、演奏は続きます。
途中のMCでは、名古屋であんかけスパゲティを食べた話をしますが
名古屋人とても別にあんかけスパにはさして思い入れがないので、
客はスルーしながら聞くことに。
そもそも私はライブを聞きに行ったりするのはそう多くはないし、
特にドラムレスのライブは初めて。リズムセクションがないので、
ノリがよく分からないというのもあって、客の反応は淡々としたもの。
とはいえ、さすがは10年選手のプロだけあって、ギター1本、
ボーカル&ハープだけでフルバンドに負けないほどの迫力があります。
ボーカルのキョウコさんがハーモニカを吹く様は若干、エロい(笑)。

客の中にひとり、妙に目立つ人がいて、スキンヘッドに下駄ばき、
キセルでタバコを吸うという変なオジサンである。
ギョーカイの人か関係者なのか、はたまた店の常連なのか。
またぱっとしないおっさんと連れの落ち着いた感じの美人は
どういう関係にあるのか。謎が謎を呼ぶ(それほどでもないか)
客層の中、新曲「バックシート」が始まる。客もだいたいほぐれて
ようやく手拍子も始まり、私もちょっと口ずさんだりする。
こちらはそのPV↓
http://www.youtube.com/watch?v=keQtxDfEEec

いったん引っ込んだあと、アンコールでは、衣装をチェンジ。
このツアーのライブレポートをするというサイトがあるのですが、
別に全国を取材者が追いかけているわけではなく「皆さんから感想を
募集中です。月曜の10時まで」などと期限付きで要求される。
ラストの曲は、私の好きなあの曲でした。

さて、テーブルのひとつは、グッズ売場になっており、ここに
ステージを終えたお二人が座って、グッズやCDの手売りをする
ようです。客はちょっと会話などしてTシャツなんかを買ったり
しているわけで、この感じは小さいライブハウスならではでしょうか。
新しめのCDしか持っていないので、古いアルバムがないかと
横から覗いてみたら、ないのでそのまま店を出ました。

しかしその後、思わぬ事件が!!
店の前で数分、スマホなどをいじって他の飲み屋がないか、検索とか
していたら、ライブハウスから女性が駆け出して来て、私に声を
かけるではないですか!
とうとう私もぱっとしないおっさんから、冴えたナイスガイへの
道を歩み始める瞬間が来たのか、と胸を躍らせました。
「お客さん、お勘定まだです!」
そういえば、ライブ代は入店時に払ったのですが、飲み食いの代金が
まだだった。CDとかグッズを買おうか迷っているうちに、支払を
忘れていたのでした。さっさと駅に行ってしまわなくてよかったよ。
食い逃げするところでした!
0823tokuzo

帰りに撮影したTOKUZOさんのの入口。
店は階段を上った2階。

↓愛し合ってるか~い!イエー!
ランキングボタン、押しているか~い!イエーイ!


本・書籍 ブログランキングへ

2014年5月26日 (月)

ユニコーン神戸公演5/23レポート

ユニコーンツアー2014イーガジャケジョロ」の5/23神戸公演の
セットリストと、そのレポートです。
神戸国際会館のこくさいホールの3F席の一番前でした。
一番前なので大人しく座って見ていました。
これはラクでいい(足腰が・・・)のですが、やはり立って体を
動かさないといまいちノリがね・・・。
ステージには前回のようなセットらしきものはなく、奥に5枚の
スクリーンがあって映像が出るだけです。ただEBI登場の際に
2回出てきた「どこでもドア」ふうなものと、「俺のタクシー」では
タクシーの作り物が登場。運転手に扮した川西さんが、ハンドルを
握っていました。このとき後方のスクリーンに映るタクシーコントは
歌詞の内容を演じたもの。配役は阿部:客、飲み屋の店主:OT
(妙に似合っている)EBI:神主、テッシー:嫌な感じの客。
タクシー模型の後ろには小型のドラムセットがあり、11,12曲目は
川西さんがステージ全面で歌うという趣向。
14「ユトリdeath」は、CDで聴いたときはテッシーのVoと
思ったのですが、OTがメタル声で歌っていたのですね。
これはLiveで確認できました。
16「それだけのこと」はステージに一人になったテッシーこと
IT社長がエレピで弾き語り(弾けるのね)。アンコールで
調子に乗って「自転車泥棒」をグダグダに歌い始め、ほかの
メンバーによってキーボードを撤収されていました。
さてアンコール前のABEDONコーナー。ブルースリーの
黄色のトラックスーツで登場し、BGMはヒゲダンス。
メンバーも同じ衣装でヒゲダンスを踊りながら揃うと、
ボイスチェンジャーのマイクで喋る阿部。それによると、昨日
神戸の街でこの衣装を5人分買ったという。
ここでクイズがある、と言い「私のチン長、いや身長は何センチ
でしょうか?」というもの。「20・・・?」「チン長の方ではなく
身長!」というEBIとのやりとりがあり、結局クイズは
「ブルースリーの身長と私の身長は同じか」そうだと思う人は
「はい」その通りだと思う人は「YES」を選べ・・・という
わけでアンコール曲はセブンイレブン限定盤の「はいYES!」。
会場により毎回このクイズは違うらしいです。
アルバムもやや地味目でしたが、LIVEも趣向は少ない印象
でした。曲は新アルバム全曲をやって、近年の3枚のアルバム
からは「WAO!」と「オレンジジュース」だけでしたね。

セットリスト
1,夢見た男
2,KEEP ON ROCK'N ROLL
3,スターな男
4,あなたが太陽
5,あやかりたい'65
6,お前Baby
7,ハヴァナイスデー
8,WAO!
9,鳥の特急便
10,俺のタクシー
11,トキメキーノ
12,イーガジャケジョロ
13,We are All Right
14,ユトリDeath
15,新甘えん坊将軍
16,それだけのこと
17,早口カレー
18,大迷惑
19,オレンジジュース
20,Boys & Girls
21,Feel So Moon
22,はいYES!(アンコール)
23,すばらしい日々(アンコール)

↓この悲しみをどうすりゃいいの?誰がボタンを押してくれるの?


本・書籍 ブログランキングへ

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年注目のミステリ

  • ジョーダン・ハーパー: 拳銃使いの娘 (★★★★★)
  • 伊吹亜門: 傘と刀 (★★★★★)
  • 宮部みゆき: 昨日がなければ明日もない (★★★★★)
  • 今村昌弘: 魔眼の匣の殺人 (★★★★★)
  • 澤村伊智: 予言の島 (★★★★)